景虎

DUFOUR 325

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナンディー観光ツアー

2011-10-18 03:06:33 | Weblog

Viseisei村レモンの木の前でガイドの説明に聞き入る。


大統領の家 高い床と屋根の梁の装飾は格式を表す。


大統領の家の前で集合写真


貫禄のある村のオバサン


昼食レストラン


Deranau Marina  奥に157フィートメガヨットが見える。

17日、ハーモニー、シーガル、景虎、3艇乗員11名でミニバスをチャーターしナンディー観光ツアーに出掛ける。ガイドは日本語が堪能なインド系フィジー人の男性で400年位前に最初にフィジーに移住してきた部落Viseisei村を見学。個人所有の土地は無く共同所有なのでパンやパパイヤ、マンゴ等は誰が食べても構わないそうだ。村共同所有の土地をインド人に貸した収入は酋長が50%取り残りを住民で分ける仕組みになっている。

大統領は各酋長が相談して決め首相は5年に一度選挙をして決めるそうで、Visseissei村の酋長は他の酋長より格上で格が上位で自宅床も高く、屋根から突き出た梁にも格に応じた装飾がしてある。村は観光地化していて土産物並べて展示しているおばさんが達が日本人と分かると「コンニチワ」と声を掛けて来る。

次にスリーピング・ジャイアント植物園(巨人が眠っている様に見える山の麓にある。)に行く。蘭の花が多く咲いていて静かで良い所だ。
此処の近くにサンペト泥温泉があり最近お笑いタレント井本が取材に来ていてその時ガイドを務めたのが本日のガイドで取材をサポートしたのが日本人会副会長、野田氏だそうだ。

野菜市場でバナナ、パパイヤ、トマト、キャベツを購入、一路ダウンタウンの土産物屋に行き、昼食はマグロステーキをレストランで頂く。
お疲れさん会は「一休」で行い今回のフィジーミーティングの感想、今後の長距離航海者への役立ちについて意見交換をする。

南太平洋航海中のヨットに呼びかけ、各艇のゲスト収集や、地元で活動する日本人とのコンタクト等、杉原氏の献身的な活動のお陰で非常に楽しい時間をフィジーで過ごせた事に心から感謝したい。
又、Atsushiさんが英会話スクール学生を沢山動員して来た事も、高倉さんの愉しいトークや雰囲気作りも、大いに場が盛り上がり楽しいフィジーミーティングになった。
改めてお礼を申し上げたい。有難う御座いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« フィジー ミーティング | トップ | Vuda Marina たこ焼きパーテ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤマ)
2011-10-18 17:43:19
先週の15日土曜日の夕方、NHKラジオで
世界各国を旅している人からのメールの中に
フィジーミーティングの話題が出されました。
シーガルのオーナーからで、4艇のヨットにゲストを迎えて交流するなどの内容でした。
一時帰国とのこと、会えるのを楽しみにしています。では
世界の旅人 (景虎)
2011-10-18 20:27:24
ヤマさん
シーガルの浦瀧さんからNHKの「世界の旅人」に毎週出ている事は聞いてました。
海外では中々NHKラジオ聴けなくて一度も聞いていませんが放送を聞いてヨットに興味を持ってくれる人が居れば私も嬉しいです。
詳細は舵誌12月号位に掲載されるでしょう。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事