景虎

DUFOUR 325

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

First Landing Beach Resort Villas

2011-10-30 10:07:46 | Weblog

First Landing Beach Resort Villa 入口通路の像


フィジー島に最初に上陸した地を記念して作られた人口の足跡島


ホテルの火輪ショー


ホテルの火輪ショー2


踊り子と


中国製 外洋航海艇 艇名 ICE 

29日、日本への飛行機便が週3便で31日出発迄ホテル泊が必要の為ハーモニーの皆さんとVuda Marina に隣接しているFirst Landing Beach Resort Villas に投宿。料金は二人部屋 2泊2万円位と安い。

VUDAは東ソロモンやヴァヌアツ方面から紀元前1500年前に最初にフィジー人がビチレブ島に上陸した地でありホテル名もそれにちなんだネーミングでホテル前の海岸には大きな巨人の足跡をかたどった人口の島が作られている。

隣のVuda Marina に行くとシーガルが係留していた。聞けば18日にDenarau Marinaで別れた後、セールの修理を依頼し色々業者とやりとりがあって、以来Vuda Marina に係留しているとの事。31日にマーシャル諸島目指して出港するとの事。

浦瀧さんも一緒にVuda Marina レストランで夕食、そこで午後7時からFirst Landing Beach Resort Villas で火輪ショーが有ると聞いて須藤さんと見学に行く。満腹であったが何かオーダーする必要がありムール貝料理を注文。美味しかった~
須藤さんは火輪ショーのゲスト踊りタイムに参加、おじいさんと踊っていた。

ハーモニー杉原さんと同室であったが何故か朝方のベッドには杉原さんの姿は無かった。どうやら一人でLautokaの町に遊びに行っていたらしい。

30日、足跡をかたどった人口の島を一人散策、朝食後ひと眠り。
このひと眠りが出来るのは自由人の特権だ! 実に嬉しい。
昼食後、浦瀧さんの紹介で中国製のクルージングボートを見学に行く。オーストラリア人オーナーDonさんは酒天童子、斉藤実さんの最初の船を面倒見た方で自らもアラウンド・アローンに出場し準優勝した根っからのシーマンだ。

艇名 ICE は鋼鉄製52フィートのパワボートに2本マストを立てて揺れ防止に特殊スタビライザー迄ありエンジンは150馬力の他に発電用エンジンも搭載していた。
船内はトップデッキ含め3階層になっていて米国人設計のプロダクションボートを改造したもので¥9000万円で購入したそうだが標準価格は¥6000万円と安い。世界周航には持って来いの船だと思う。
興味ある方は下記にアクセスを。
WWW.BLUETREASURE.ME
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« お世話になりましたAtsushiさん | トップ | 帰国 間一髪 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (南太平洋)
2011-11-01 04:22:12
足の形の島を作っちゃうフィジーの人、 ジョークがわかるおもしろい人ですね! あははは@@@
朝食後の一眠りをした景虎さんも優雅に暮らしていますね! しかし、普通一眠りは お昼ごはんの後ではないですか? 帆走中のくせで夜は熟睡できませんか?
お帰りなさい (高瀬 美紀)
2011-11-01 10:43:02
もう名古屋にお帰りになった頃でしょうか。お帰りなさい、そしてお疲れさまでした。しばらくはご家族とご一緒の時間をお過ごしになり、景虎もゆっくり冬眠?でしょうか。今日の北鎌倉は秋晴れの清々しい朝を迎えています。日本で過ごす時間を満喫されますように。
 
帰国 (景虎)
2011-11-01 17:15:07
<南太平洋さん>
はい! 自由人を満喫しています。
朝、昼、晩、関係なく眠くなったら寝る、ビールが飲みたくなったら飲む、思った事を直ぐ実行出来る処が自由人です。航海中は中々そうはいきませんが、、、。
南太平洋さんも自由を満喫して下さい!

<美紀さん>
北鎌倉、、、
響きがとても良いですね~
ブログも拝見してますが、優雅な暮らしぶりが羨ましいです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事