ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2016-325

2016年11月20日 06時57分40秒 | 千葉ロッテマリーンズ2016

デスパ強奪許さん!“急場”にロッテ球団幹部がキューバに乗り込む
 キューバの至宝、アルフレド・デスパイネ外野手(30)をめぐり、ロッテとソフトバンクが水面下で激しい“獲得競争”を展開していることが19日、分かった。デスパイネはロッテ残留を希望しているが、ソフトバンクが“交渉権”を持つキューバ政府と接触。今月いっぱいの保留権を持つロッテの球団幹部は残留を求め、21日にキューバに渡る。
 ロッテとソフトバンクがデスパイネをめぐり、激しい綱引きをしつつあることが分かった。ロッテは今季までデスパイネと2年5億円で契約。11月末まで保留権を持ち、契約更新に向け、新たに2年で6億円規模の条件を用意したとみられる。だが関係者によると、ソフトバンクが獲得に興味を示しているという。
 シーズン終了後、サンケイスポーツの単独取材にデスパイネは「来季もロッテでプレーしたい。それに偽
りはない」と応じたが、キューバの公務員という立場のため、交渉窓口は本人ではなくキューバ政府になる。報酬額に応じて最大約20%が“国庫”に入ることになっており、「日本ではデスパイネ以外に稼げない」(球団関係者)とする同政府の強気な姿勢はあからさま。デスパイネは「自分にできるのは、政府に希望を伝えることだけだ」と話し、先行きは不透明だ。
 デスパイネは今季、打率・280、24本塁打、92打点。在籍3年間で計54本塁打を放ち、長打力の乏しいロッテ打線には欠かせない戦力だ。その残留交渉へ、21日に球団幹部がキューバに緊急渡航する。山室球団社長は「マネーゲームに参加しないとはいっていない。相手とは相思相愛です」とし、最後まで誠意を尽くす構えだが、資金力が潤沢なソフトバンクも本腰を入れ、2年で8億円規模の条件を用意しているとみられている。
 ロッテは新外国人として、米大リーグのアストロズなどでプレーしたマット・ダフィー内野手(27)の獲得を発表。万が一デスパイネが退団した際に備え、今季マリナーズでプレーした李大浩(イ・デホ)らの獲得調査も進めているが、まずはデスパイネの残留が最優先課題となる。

★デスパイネは
 デスパイネは現在、キューバ国内リーグ(2期制の後期)に参戦中。プレーオフを含めると、来年2月上旬までプレーが続く。来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では「若手に道を譲りたい」としながら、ここでも希望は通らず(!?)キューバ代表に選出されることが確実。3月7日の1次ラウンド初戦(東京ドーム)では日本と対戦する。
(サンスポ)

**********************************************************************************

ロッテ益田 二刀流トレ 来季は守護神候補「西野を超えないと」
 ロッテ・益田が「二刀流トレ」を取り入れた。今季チーム最多の61試合に登板し、防御率1・83をマークした右腕は、千葉・鴨川秋季キャンプには参加せず、ノースローで練習。ボールの代わりにバットを握り、ティー打撃をこなした。
 「母指球(親指の付け根部分)で踏ん張って回転することで投球にも切れが出る。やらないと投球にも影響するので、オフも継続してやっていきたい」。体をひねるトルネード投法の益田にとって、打撃の「回転」が投球にもつながる。
 高校までは内野手だったこともあり、打撃は得意だ。今季からティー打撃を取り入れ、左右の両方で打ってバランスも意識している。練習を見守った小野2軍投手コーチは「ティーは下半身と上半身の連動で打球を飛ばすから、全身を鍛えられる。投手にとってもいい練習になると思う」と説明した。
 来季は守護神・西野が先発に転向するため、益田が抑え候補に挙がっている。2年目の13年には33セーブを挙げ、最多セーブに輝いた実績もあるだけに「特に投球を変えることはない」。今季、西野が右肘痛で2カ月間離脱したときも代役ストッパーを任され、14セーブを挙げた。史上5人目となる入団から5年連続50試合登板も続ける鉄腕は「いい成績を残した西野に代わって抑えをやるなら、西野を超えないといけない。自分の数字(33セーブ)も超えたい」と意気込んだ。 (渡辺 剛太)
(スポニチ)

**********************************************************************************

70歳ロッテ打撃投手が退団…池田重喜さん「天命」
 ロッテ池田重喜寮長兼打撃投手(70)が退団することが19日、分かった。今年5月に70歳を迎え、古希の球界最年長打撃投手と注目されたが、数日前に球団から契約終了を伝えられた。「この年までやれて、球団には感謝の言葉しかない。体は動くが、来年もやったら大ケガすることだってある。天命でしょう」と静かに話した。
 ロッテの草創期を知る。70年オフに大洋から移籍。球団事務所で、大毎時代からの名物オーナーだった永田オーナーにあいさつし「君、頼むよ」と言われたが、その翌日にオーナー交代が明らかに。「あれには驚いた」と懐かしむ。引退後は、トレーニングコーチなどを歴任。98年に球団を離れたが、人柄を買われ、翌99年秋に寮長に。時にコーチを兼任し、12年からは打撃投手も務めてきた。実に40年以上をロッテにささげたプロ野球人生だった。
 古希になって、なお制球力は健在。1日2万歩近く歩き、体幹トレーニングを欠かさなかったたまものだ。正月明けから11月いっぱいまで寮に住み込み、寮生と同じ暮らしを続けた。「寮長は嫌われていい。あいさつ。言葉遣い。朝食を食べろ。貯金はしろ。『また同じこと言ってるよ』と思われるぐらい言った」と孫のような若手に寄り添った。寮生からは親しみを込めて「池さん」と呼ばれた。
 今後については「(学生野球の)資格を回復したい。良い素材がいればシュートを教えたいね」と、自らの武器を伝授する日を描いた。穏やかな顔だった。

 ◆池田重喜(いけだ・しげき)1946年(昭21)5月1日生まれ。大分・臼杵市出身。津久見、日本鉱業佐賀関から67年ドラフト4位で大洋入り。71年からロッテ。77年で引退後はコーチや打撃投手を歴任。通算155試合13勝12敗、防御率3・53。楽天星野副会長やロッテOB有藤通世氏と同学年。現役時は178センチ、74キロ。右投げ右打ち。

球界最年長70歳打撃投手 ロッテ池田寮長が退団
 ロッテ池田重喜寮長兼打撃投手(70)が退団することが19日、分かった。今年5月に70歳を迎え、古希の球界最年長打撃投手と注目されたが、数日前に球団から契約終了を伝えられた。「この年までやれて、球団には感謝の言葉しかない。体は動くが、来年もやったら大ケガすることだってある。天命でしょう」と静かに話した。
 ロッテの草創期を知る。70年オフに大洋から移籍。球団事務所で、大毎時代からの名物オーナーだった永田オーナーにあいさつし「君、頼むよ」と言われたが、その翌日にオーナー交代が明らかに。「あれには驚いた」と懐かしむ。引退後は、トレーニングコーチなどを歴任。98年に球団を離れたが、人柄を買われ、翌99年秋に寮長に。時にコーチを兼任し、12年からは打撃投手も務めてきた。実に40年以上をロッテにささげたプロ野球人生だった。
(以上 日刊)

**********************************************************************************

ロッテ田中英「仕切り直しです」熱下がって練習再開
 ロッテ田中英祐投手(24)が19日、ロッテ浦和球場で練習を再開した。
 千葉・鴨川で秋季キャンプに参加していたが、4日に発熱、体調不良を訴え、宿舎で療養していた。回復に至らず、11日にチームを離れ、18日まで寮でも療養を続けていた。
 この日はキャッチボールなど軽めのメニューで終了。「仕切り直しですね。休んだ分、このオフは多めに動きたいと思います」と、3年目へ向けた決意を新たにしていた。
(日刊)

**********************************************************************************

ロッテ戦力外の伊藤が引退 巨人入団テストも不合格
 ロッテを戦力外となった伊藤義弘投手(34)が19日、現役引退を表明した。
12日のトライアウト出場後、前日まで巨人の秋季キャンプに参加。入団テストを受けたが、合格できなかった。今後は、中学・高校の教職を目指すという。「社会人でも3年やって、プロという華やかな世界も知った。僕が子供の頃、そんな経験をした先生がいたら刺激になったと思う。野球だけじゃない。僕の経験も教えたい」と話した。
 9年間のプロ生活。一番の思い出を聞かれ「日本シリーズでの胴上げ投手と、手術明けの初勝利です」と答えた。1年目の08年から4年連続50試合登板。中継ぎの一角として、10年の日本一に貢献した。だが、13年9月に右肘を手術。リハビリを経て、14年8月の復帰登板で勝利投手になった。栄光と苦労の両方を知る右腕らしい思い出が、先生として生きる日が来る。
(日刊)

巨人 元ロッテ伊藤獲得見送り 秋季Cで入団テスト
 巨人は19日、秋季キャンプに参加し、入団テストを受けていた元ロッテ・伊藤義弘投手(34)の獲得を見送ることを決めた。
 3日間の期間中には高橋監督ら首脳陣が見守る中で、ブルペンで41球を投げ込んだ伊藤は「緊張しました。トライアウトより緊張した」と話していた。入団から4年連続50試合登板を果たしたが、昨オフに右肘の手術を受け、今季は2軍で7試合のみの登板に終わっていた。巨人は現有戦力との比較を行い、判断した。
(スポニチ)

【巨人】入団テスト受験の前ロッテ・伊藤義弘に不合格通達
 巨人は、宮崎での秋季キャンプ中に入団テストを行った前ロッテの伊藤義弘投手(34)に対し、不合格を通達したことが19日、分かった。16日からチームに合流し、3日連続でブルペン入り。初日は老川オーナーの前で41球を投げた。
 17日には堤GMも訪れ、由伸監督や尾花投手コーチらと慎重に話し合い、総合的に判断したようだ。
(報知)
伊藤くんも荻忠くんも、チームのためにたくさん投げて無理させてしまってのケガだけに
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
伊藤くんの未来が明るいものとなりますようにo(;∇;)o


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2016-324 | トップ | 拾い読み★2016-325≪コラム記事≫ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテマリーンズ2016」カテゴリの最新記事