ひとり語り 劇車銀河鐵道 いちかわあつき

 ひとり語りの口演や、絵本の読み語りなどの活動をしています。
 何処へでも出前口演致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

多治見市笠原アザレアホール公演「恋する詩人☆新美南吉」終わりました。

2013-04-09 21:47:28 | Weblog
 公演にお越し頂きました観客の皆様、そして笠原公民館スタッフの皆様に、この場をお借りして、心より感謝申し上げます。
 
 今年は新美南吉生誕100年を迎える年です。
 ひとり語りとして18年、その初期から南吉作品「手袋を買いに」をずっと語らせてもらって来ました。南吉がその童話作品で紡いだ日本語の美しさは、他に比べようのないほど素晴らしいものです。

 語らせてもらってきた感謝を込めて、生誕100年記念作品「恋する詩人☆新美南吉」を、またどこかで演らせてもらえたら、嬉しいなと思っています。
 南吉の恋の話を暴いていくような内容ではありますが、新美南吉の人間臭さを知ってもらい、身近で親しい人物像を発見してもらえたらと思っています。

 さあ、再演はあるでしょうかね?
コメント (6)

ワタシのほんだな ⑥

2013-04-08 16:24:33 | Weblog
 新年度になって、この平成25年もいよいよ活発に、いろいろと動き出します。

 絵本を読み語る活動もそのひとつ。毎年その冒頭に、ワタシのおすすめの1冊を紹介するのですが、今年はガブリエル・バンサン「セレスティーヌ」~アーネストとの出会い~(ブックローン出版)を選びました。

 絵本といっても、ブックカバーに守られた、かなり分厚い本です。値段の方もワタシが所蔵する絵本の中では一段と高いものです。しかし、宝物のような1冊で、何時までも手元に置いて、今回のように久しぶりにまた手にとって読むと、はじめて読んだときと同じような感動が再び胸にあふれる1冊です。

 分厚いといっても、読むのにさほどの時間は要しません。それは言葉の書き込まれているページが少ないからです。が、繊細な言葉(セリフ)が的確に添えられ、登場するものたちのその微妙な言葉のニュアンスを、これまた繊細に読み添えていかなければなりません。
 ですから、おすすめの絵本ですが、子供に読み語る(読み聞かせる)となると、あまり適していなにのかもしれないなぁ~と、この記事を書きながら思っています。
 でも、ワタシは子供に読みましたけれど。そういうことでいえば、マンツーマンが適している本だと思います。

 1928年ベルギーはブリュッセルに生まれた、画家・絵本作家ガブリエル・バンサンは、絵本作家として活動を始めたのが54歳のときでした。
 その処女作にして代表作である捨て犬と少年との出会いの物語「アンジュール」(これは絵だけの絵本)という作品があります。そして「くまのアーネストおじさん」シリーズ。そのほかにもたくさんの素晴らしい作品を残しています。

「セレスティーヌ」は、「くまのアーネストおじさん」シリーズの原点とも言える作品で、くまのアーネストおじさんとねずみの女の子セレスティーヌの出会いを描いています。
 この作品は彼女が60歳のときのもので、今からもう25年も前の描かれた作品になります。

 2000年9月24日、ガブリエル・バンサンは惜しくも72歳で亡くなってしまいますが、彼女の作品はいつまでもワタシたちの手元にあって生きつづけ、また新しい出会いを生んでいきます。

 アーティストといわれる人たちの、本物の仕事というのは、永遠の命を紡ぎだすものなのですよねぇ。

 そう思いながら書棚の本たちを眺めていますと、また再び手に取られページを開かれて読まれ、再びの命の息吹の湧きいずることを待ちわびている本たちが、たくさんあるように思えてきます。
コメント

ワタシのほんだな ⑤

2013-04-03 17:44:59 | Weblog
 ワタシの家の本棚には、普通の家の本棚ではあまり見かけないだろう類の書物のコーナーがある。
 つまり演劇書の並ぶ棚である。といって、さほどに大量な冊数があるわけではないが、それでも書棚の3段くらいは占めている。

 演技論・演劇論といった専門的なものから、戯曲はもちろんのこと、著名な俳優の書いたエッセイ、演劇評論家の著作物、また劇作家の戯曲論に至るまで、まあまあ、あるにはある。

 しかし、欲しくても手に入らないままで、未だに入手できずに書棚に収められないものがいくつかあって、懐に余裕があり神田神保町あたりに出かけていく機会が訪れたなら、まず買いたいと思うのが、ベケットの作品集だ。
 それに、今更だけれどもスタニスラフスキー「俳優修業」。若い頃に読み果せなかった心残りがあるからで、ブレヒトだって、まともには読み切れていない。

 がしかし、ワタシのバイブル的演劇書は? と問われれば世阿弥の「風姿花伝」だと答える。
 殊に、ひとり語りとしての活動を始めて、その思いは強くなった。

「風姿花伝」は文庫本でしかもっていない。そういうことでいえば日本の古典芸能の類の本が極力少ない。
 演劇図書を少しづつでも増やしていくのは、ワタシの夢である。
コメント (2)

4月はじめての更新になります。

2013-04-02 14:01:19 | Weblog
 4月になって、テンプレートも遅まきながら春めいたものに変更しました。
  
 桜は、今を盛りと咲いていますね。そう、この辺りで3月中に開花して4月のはじめに満開を迎えるなんて、近頃ではなかったことではないでしょうか?
 
 何時でしたか、入学式に桜の開花が間に合わないというような、そんな年もあったのに、今年に限っては入学式の頃に散り始めたらどうしようという勢いです。
 どうか、激しい雨や風に曝されることのない様にと、祈るばかりです。

 さて、桜にはいろんな名所があって、花見客をたくさん集めたりするものもあれば、何々桜と名前を命名されて、見物人を多く集める一本桜もあります。
 かと思うと、花の咲くまでその所在すら気に掛けられず、開花してはじめて「ああ、あそこにも桜があったんだ」と気付かれるような名もない桜もあります。

 人知れず咲きながら、それでも見事な一本桜や山桜というものはあって、何か桜は人に似ているなぁ、と思うことがあります。

 名もなく、世間にあまり知られずとも、美しく見事に人生を行きおおせる人も世の中には多くいて、そういう人こそ尊敬に値する人ではないかと、思いを馳せてみたりします。

 居住まいをただした生き方というのは、単に道徳的で品行方正な、というのではなく何事にもポリシーを持った生き方、常識にさえ流されない生き方なのではないかと、思う今日このごろです。

 桜を観て思うことは、巡る春の重ねと共に少しづつかわり、そうやってまた今年の桜を眺めています。

 桜は毎年同じように咲きます。が、本当は厳密にいえば去年とは違っていて、樹齢を増し、枝ぶりも多少においてかわっているのかも知れず、人の目に同じに見えるに過ぎません。
 人もかわります。そこに止まってはいません。けれど、流されるのではなく積み重ねながら、自らの足の歩みのひとつひとつを刻みながら、それをしっかりと記憶して、歩みをつづけ、そうして桜のように美しい散り際を迎えられたら最高ですね。
 その為にはどうすればいいのか、やはり一歩一歩をどう歩くのかに掛かっているかと思います。

 
コメント

朝の庭に集う鳥の正体は?

2013-03-29 15:47:39 | Weblog
 庭の木々に集って、まだ若葉の芽吹きのない枝々を飛び交う3~4羽の小鳥たちは、いったい何という名前の鳥なのか?

 頬のところが白かったのでホオジロかと思いきや、ホオジロという鳥は頬のところが線上に白くて、円く白いわけではないので違うみたいです。

 むしろこの鳥は、シジュウカラの仲間なのではないかと思うのですが、確証がありません。なにしろ窓から肉眼で眺めただけなので、細かな色合いなどがはっきりしないのです。
 体長は15cmほどでスズメくらいでしたが、鳴き声までは聞き取れませんでした。

 裏の薮では、ウグイスも日増しに上手に鳴き出して、この辺りでもそろそろ桜が開花をはじめました。
 我が家の庭の梅の花は散りはじめ、その根本には八重のスイセンが花を開こうとしています。

 華やかな春の彩りに満ち始めた庭に来るその鳥の正体、明日の朝は双眼鏡で監察してみようと思います。
コメント

ワタシのほんだな ④

2013-03-25 21:39:05 | Weblog
 二十代の前半つまり独身時代、月に1万年前後を本代に充てていた頃がありました。
 今から思えばワタシにとってとても短い、本の大名買いの時代です。
 
 毎月刊行される梅原猛著作全集や、筑摩書房から刊行された宮口しづえ全集を買ったり、とにかくその頃は文庫本ではなく単行本をたくさん購入しています。

 その中でも、一際思い出深いのは向田邦子もの。「阿修羅のごとく」や「幸福」などのドラマのシナリオ本や、直木賞受賞作「思い出トランプ」。「隣りの女」や「あ・うん」といったドラマを小説化した作品など、かなりの量の本が単行本で蔵書されているのです。

 それはつまり、向田邦子があの痛ましい飛行機事故で、台湾上空に消えてしまった前後のことです。
 爆笑問題の太田光氏のごとく、ワタシも子供の頃からの熱烈な向田邦子ファンでした。
 年齢から言えば、ワタシの母親に匹敵する年代の人でしたが、あれは恋に近い感情ではなかったかと思えるくらいに、向田作品を愛していました。
 もちろん、それは文筆作品よりも以前に、そのドラマ作品からと言えるのですが・・・・・・。
 
 さすがに初期の頃の、「だいこんの花」や「時間ですよ」は彼女の作品という認識はなく好んで観ていたのですが、その後の「寺内貫太郎一家」などからは、向田作品ということを意識して観始めています。

 そのようにかなりの向田作品の単行本が蔵書されているといっても、何故か随筆(エッセイ)ものにいたっては、「霊長類人科動物図鑑」以外はみんな文庫本でしかなく、「父の詫び状」は文庫本で2冊もあるのです。
 おそらく、すでにあるにもかかわらず、また買ってしまったんでしょうが、古書店で向田邦子と著者名の入った本の背表紙を見ると、つい蔵書にあるけれども手が伸びるということもあって、複数冊書棚に存在するということが、もしかするとまだあるかもしれません。

 近年、好きな作品で文庫本しかないものを、古書店で単行本を見つけると、あえて買い足すということを故意にしています。
 
 新刊で購入することが出来なかった貧窮の頃(今は豊かになつたというわけじゃないですが)に、仕方なく図書館で借りて読み、数年後文庫化された時にやっと手に入れ、その時の悔しさを晴らすように古本の単行本を買い入れる。なんともいじましい行為ですが、ついついやってしまうのです。
コメント

4月7日(日)の公演案内。

2013-03-24 18:24:18 | Weblog
 来る4月7日の日曜日に、多治見市笠原中央公民館アザレアホールにて

 100人のプレミアムなセカイ VOL・25
 いちかわあつき/加藤純子 
 二人語り「恋する詩人☆新美南吉」~生誕100年に捧ぐ~

 公演いたします。
 加藤純子さんとは去年の秋につづいて二度目の共演をさせてもらいます。
 二人語りと題されていますが、さて、なんといえばいいのでしょう。
 リーディング劇? トーク風リーディング? 立体朗読劇?
 この二人だから、この二人にして出来上がる未体験なセカイで持って、新美南吉の作品 を、恋のエピソードをご紹介して行こうとただいま稽古中です。

 場所   多治見市笠原中央公民館アザレアホール
 
 時    2013年4月7日(日)13:30開場 14:00開演

 チケット 1000円 (全席自由)

 プレイガイド 多治見市笠原中央公民館 多治見市文化会館 まなびパークたじみ

 <主催> 多治見市笠原中央公民館 TEL 0572-43-5155
                  FAX 0572-43-651

 限定100人のプレミアムな舞台を、よろしくお願いします!
コメント (2)

春を、頂きました!

2013-03-21 21:02:06 | Weblog
 我が家の梅の花もようやく開花しました。
 
 そこで、スギ花粉やらなにやらの飛び交うのに、外での作業はまずいかなと、ややためらいながらも、やっぱり暖かくなって来れば畑作業に着手したくなってきます。

 槌を起こして肥料を入れて、いつでも植え付けできるように支度して、何やかやと片付け仕事をして、それでもう午前中が終わりかけてしまいました。

 溝に流れるまだまだ冷たい水で道具を荒い、ふと梅ノ木の根本を見れば、あちらに一つこちらに一つと、ふきのとうが顔を出しているではありませんか。

 これで今夜のご飯のメニューは決まりです。ふきのとうのてんぷらです。もちろんふきのとうだけというわけにはいかないので、他のてんぷらの種も買いに出かけましたが、やっぱりメインはふきのとう。

 けっこうな数が採れたので、明日はふき味噌を作ろうと思っています。
 まあ毎年の定番ですが、そういえばふき味噌に合う辛口の田舎味噌を切らしてました。
 どうしよかなぁ~、わざわざかいにいくのもなぁ~、ありもんですましておきましょうかねえ。

 まずは春の恵みを頂きました。次は土筆かな? 三つ葉かな? そのうちに野蒜なんてものも出てきますねえ。

 畑にはわずかですが、わけぎも芽を出し始めています。
コメント (2)

マスクをはめて歩く、春分の日の朝。

2013-03-20 13:40:05 | Weblog
 昨日は陽射しもあって暖かな1日でしたが、今日は朝から薄曇りで気温も少し低くかったのでしょうか?  
 私はしっかりマスクをはめて、町まで歩いて出かけました。

 介護の必要となった母親を家に引き取ってもう8ヶ月。町中で母親がひとり暮らしをしていた家にも時々出かけていって、様子を見ます。
 ことに今日20日は、水道の検針の人がメーターを量りに来る日なのです。

 そんなの勝手にやっていってもらえば? といわれるでしょうが、残念ながらむかしの町中の家で、メーターが外にはなくて家の玄関の中にあるので、施錠を開けておかなくてはなりません。
 それに今日はお彼岸のお中日(春分の日)ですから、まあ仏壇もそれなりにしておかないと・・・・・・。
 
 検針の人は必ず9時半から10時の間に来てくれます。ほんの少しだけお話をして「ご苦労様」と見送ります。
 待つ間の時間に書き物をしたり本を読んだりして、そうして見送って、仏壇を参って帰途に着きます。
 
 その町中の家は、私の生まれ育った家なのですが、そうしてその家も、もう住まなくなって、いずれは消えていく運命なのですが、今私には何の感慨も浮かんできません。
 確かにその空間には家族で暮らした時間があり、様々な思い出が詰まっているはずなのですが、そういったものものに浸る気にもなれない、何かがあって、マスクをはめて歩く、春分の日の今日の朝のように、私の心はどんよりとして静かです。

 その家にはまだ水槽に金魚が2匹だけ飼われてあり、そのためだけに電気は止められないまま、使われています。
 ああ、そういえば餌をやって来るのを忘れました。もう1度行って来なければならないみたいです。

 どっこいしょっと!!
コメント

思わず買ってしまった一冊。

2013-03-17 17:40:54 | Weblog
 先日仕事で出かける町へ、予定の時間より早く着くように出発いました。
 それはその町の古着屋さんで、ちょっと衣装を探そうかと思ったからです。
 ところが、その古着屋さんがもうなくなっていたんです。そして、その周辺の雰囲気もかなり変わっていて、いろんな新しいお店が建ち並んでいました。

 そのひとつにチェーン展開する大きな本屋さんがあって、時間に余裕があったので立ち寄ることにしました。
 玄関を入って割りとすぐの正面部分に児童書のコーナーがあって、そこに平積みされてある本を見つけてしまいました。

 それは、斉藤洋・作「ルドルフとスノーホワイト」―ルドルフとイッパイアッテナⅣ―
 実に、前回の「ルドルフといくねこくるねこ」より10年ぶりの4冊目の刊行です。

 1作目の「ルドルフとイッパイアッテナ」を子供に読んであげたのは、子供が保育園の年長さんの時で、つづいて「ルドルフともだちひとりだち」を小学校の低学年の時、そして最後に「いくねこくるねこ」を読んだのは中学生、つまり息子が14歳の時だったのですが、この作品だけは私に読んで欲しいということで、それが我が子への最後の読み聞かせとなりました。

「10年ぶりに新作出てたんで買っちゃったよ」と息子にいうと「まあ買うだろうね」と答えました。
 さすがに24歳の息子は読んでくれとはいいませんが、さてどうしたものか・・・・・・。

 まあ、私ひとりで読むのでしょうが、読んで聞かせるということでずっと読んできたので、誰かに読んであげたいですが・・・・・・残念です。
コメント (2)