N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

宗谷海峡 探訪寄稿

2019-09-17 05:47:28 | 動・植物・環境

ラペルーズ海峡を通るkitの上

 
観光ウィークリーコルサコフ

私は非常に幸せであり、何も後悔していないことをすぐに言わなければなりませんが、これまでのところ、この冒険を繰り返したいという大きな望みはありません。

プレスリリースでは、すべてが非常に簡潔で魅力的でした。ロシアから日本への初めてのkitの移行。ラペルーズ海峡沿いのサハリンのクリロン岬と北海道の宗谷岬の間の42キロメートル。日露チーム、8点安倍計画、関係の温暖化も、東部経済フォーラムと一致しています。すべてが素晴らしい!そして最も重要なこと-彼らは私たちをボートに乗せることに同意します。私の故郷をもう一度訪れる機会、3、まあ、最大4時間、海のボートで歩く-抵抗することは不可能でした。

私たちは水曜日の夕方にユジノサハリンスクに到着し、すぐにトゥナイチャ湖のkitにいる基地に行きました。そこで獲れたてのカムチャツカガニ、ヒラメのフライ、カイトサーファーの生活に関する興味深い話がありました。

4人-私たち2人と日本人2人がラペルーズ海峡に挑戦することを決めました。

午前中、物と機器でいっぱいの3台の車で(ドローン、ステディカム、その他のガジェットで武装したドキュメンタリーの映画クルーもいました)、コルサコフに向かいました。メインポートからではなく、ヨットクラブのあった湾から出航しました。現在、プライベートボート用の駐車場と絵のような錆びた船の墓地があります。

小さなボートに乗り込んで、翌朝まで上陸しないことがわかりました。内部は混雑し、燃料油の臭いがしました。子供の頃から、睡眠が乗り物酔いの最良の治療法であるというパガネル博士のアドバイスを思い出して、私はキャビンの一番上の棚に横たわりました。数時間後、コルサコフ港に入りました。国境警備隊が降りてきた-非常に好奇心and盛で細心の男。文書の検証には約1時間かかり、その結果、最初の損失を被りました。

「若い男、私たちと一緒に解放されますか?」-国境警備隊は15歳の少年になりました。キャプテンの孫はチームの上級司令官としてリストされていました。

驚いたことに、検査官は冗談を言うとは思わなかった。今、私は結婚や仕事に成功した未成年者が解放されたとみなされていることを知っています。そうでなければ、国境を越えるために両親の公証された同意が必要です。この場合の祖父は見知らぬ人です。一般的に、私たちはスタートアップなしで放置されました。少年はとても怒っていた-彼は日本に行ったことがなかったので、彼はスティーブン・ホーキングによる彼の本を忘れていた。国境警備隊は一番上まで行き、警察隊を召喚しました:法律によれば、少年はそのように釈放することはできません;彼らは両親の一人にそれを渡す義務があります。私たちの場合のこの形式は、私には思えますが、簡単に無視できたでしょう。

コルサコフから南に向かいました。ケープクリロンまで100キロメートルは約8時間かかりました。興奮はきちんとしていて、激しく揺れ、なんとなくランダムに揺れ、リズムに合わせることができませんでした。この間、私は古き良きパガネルを何度も思い出し、淡い顔をしている同僚の一人がデッキの上に絶えず走り出し、船外に吊るされているのを観察しました。

すでに真っ暗闇の中に停泊しました。ボートには5つの停泊地と9人の乗客しかいませんでした。私が就寝することにしたとき、すべての場所がすでに取られていることが判明しました。上の橋のベンチに落ち着かなければなりませんでした。

それはおそらく私の人生で最も忘れられない夜だった。触ってみると、私は寝袋をベンチに置いて、長い間稲妻をいじり、ついに背中に落ち着きました。明るい星が私を空から見つめ、船はあらゆる方向の波に揺れ、定期的に投げ上げられました。私から2メートル離れたところに、発電機が押し付けられていました。ベンチの滑らかな表面に固定しようとしました。ボートの次のジャンプの後、私は頭を横に押し付けられるか、危険なほど端に移動しました。そして風が始まりました。彼は、波のように、すべての側面から同時に、恥知らずに私の寝袋に破裂し、ぼろきれの風見鶏のようにそれを膨らませました。私は仰向けになって朝まで我慢できないことに気づいた。

腹を立てて、頭をかばんに包み、ベンチの横の風から身を隠そうとしました。まるで地面に倒れ、爆風から身を隠す男のように。私の上でハウリングとハミングをしていると、背中が風がバッグの表面の波を動かしたように感じました。位置の変更は無意味でした。時計を見るためにマントの端を開くことに決めたが、気の毒な風がすぐにこの隙間に侵入し、その後、不必要な動きを敢えてしなかった。夜になると、夜にアスリートを乗せた隣のボートが風によってanchorから吹き飛ばされ、船長は船を別の場所に再配置することを余儀なくされました。

午前5時はまだ暗かった。夜明けになってようやく、ケープクリヨンの急な岸が見えました。すぐに私は-長い間ではないが、それでもしっかりとした地面に足を踏み入れて、魂を刺激し、温めたという認識。

課題は、膨脹可能なボートでアスリートとボートに乗ってから、別のボートに着陸することでした。

「熊が来た場合の振る舞いを知っていますか?」-スキッパーのアンドレイは私たちに厳しい質問をしました。オペレーターと私はお互いを心配して見ました。-決して逃げたり、グループに迷い込んだり、手を振ったり、大きな音を立てたりしないでください。

クリヨン湾では、水から突き出た2つの頭が見え、好奇心を持ってボートを見ました。

「彼らはアザラシです」とアンドリューは元気よく説明しました。

岸辺は静かできれいでした。明るい緑色の藻で覆われたリブ付きの底。すぐにボートでボートが近づいた。

一般的に、会社全体で最もクールな人は、もちろんコンスタンチン・アクセノフです。超プロフェッショナル。8年前、彼はカイトでベーリング海峡を渡った世界で最初で唯一の人物でした。クリヨンで、彼はグループを岬の端に導きました-最もパージされた場所を探すために。ところで、樽は強いです。海に嵐がありました。同期を記録するために、私は彼を少し動かして岩の後ろに隠れるように説得しなければなりませんでした。そうでなければ、撮影は不可能です。

 

最初にウラジミール・ポポフ、次に日本人に行きました。私たちは護衛船に遅れずについていく必要があったので、コスティアがどのように始まったのかわかりませんでした。私たちが出航する前でさえ、トランシーバーはウラジミールが緊急に助けを必要としていたと報告しました。最初は波に何度か覆われ、カイトを再び持ち上げなければなりませんでした。彼は水を一口飲んだが、息を回復できなかった。

ラペルーズ海峡では、私たちのボートは最初に45度の角度で船尾を上げ、次に鼻で水に飛び込みました。

1時間後、最初の日本人を救う必要があることが明らかになりました。それから彼らは2番目のものも拾うことに決めました-彼はコースからあまりにも逸脱し始めました。同時に、海岸から最大5キロメートル移動しました。

 

 

しかし、コスタでは、私は一瞬疑いませんでした。彼はどこか遠くの風に逆らってタックを歩いた。旅行の4時間目に、彼は彼に水のボトルを準備するように頼みました。これは、いくつかの計画を近くで削除できた唯一の瞬間でした。だから私たちはルートの半分に行きました。私の携帯電話がついに活気づき、編集者からのメッセージがすぐにモスクワから届き、彼らは私たちに陰謀を期待していると伝えました。私はすべてが整っていると書いてすぐに、2時間後に私たちは日本に来るでしょう、突然:

「風がありません...」、ラジオは骨の声で叫びました、「私はほとんど立つことができません!」

15分後、Kostyaと彼の落としたdroppedを乗せるためのボートをすでに打ち上げました。

その後、私たちはワカナヤまで長い間歩いて、さらに登録をしました。年配の日本人税関職員から強い印象を受けました。コルサコフ国境警備隊の細心さに屈したくないかのように、彼は、同伴する日本人でさえ驚いたほどの騒ぎをした。だから私はアムステルダム空港から飛び立つときだけ物事を注意深くチェックしました(誰も麻薬を飲まないようにそれは一般的な習慣です)。祖父の目には、ヘルムスマンの応急処置キットから密封された注射器と鮮やかな緑色のバイアルを取り出したとき、興奮が燃え上がりました。

しかし、私は気にしませんでした。海で36時間過ごした後、私はただ一つのことを考えました。ホテルに着き、シャワーを浴びて、ついに普通のベッドに横になります。

ちなみに、コスティアは、最後の瞬間まで、彼が数日で他の人を説得して、このいまいましい海峡を反対方向に横断しようとすることを望んだ。しかし、ちょうど9月9日に稚内でハリケーンが始まり、沿岸警備隊は船が海に行くことを禁じました。

 

 

空中で、ラペルス海峡を征服することができなかったというプロットが示される可能性は低いことは明らかです(最終的には示されました-約編)。しかし、少なくともそれを入れるために収集しました youtubeこの投稿を最後まで読む忍耐がある場合は、レポートをもう少し見てください。いずれにせよ、男はヒーローであり、私たちの注目に値する、と私には思えます。

セルゲイ・ミンガジェフ。

 
 
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« ロシアと日本の学生は大きな... | トップ | 電動スクーターの貸し出しが... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

動・植物・環境」カテゴリの最新記事