N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

ロシアと日本の学生は大きなタンポポを育てました 国後島

2019-09-16 07:07:06 | 情報

ロシアと日本の小学生は「善の杯」を作り、巨大なタンポポを育てました

 
観光ニュース千島列島クリリスク

日本からのビザなしの子供たちのグループの訪問の初日、土曜日に、千島高校はゲストをホストしました。

主催者が概説したマスタークラスの前に、教育機関の見学と学校博物館の訪問が行われました。課外活動の副部長であるAlla Makarovaは、日本人の回廊と聴衆を指揮しました。他の場所よりも少し長く、グループは島の美しさを捉えた恒久的な写真展の近くにとどまりました。結局のところ、写真の作者のほとんどは学童です。

アナトリーシュルーバからの魅力的な講義が博物館でゲストを待っていました。アナトリー・グリゴリエビッチは、サハリン地域で認められた教師であるだけでなく、最も退屈な聞き手の間でも興味をそそるすばらしい語り手でもあります。

日本人は、博物館が11年前に開かれ、2つの部屋があり、その展示の大部分が学生とその両親によって収集されたものであることを知りました。展示品の一部は、博物館を訪れた日本からのビザなしのグループのメンバーを含むゲストによって寄付されました。

30分も経たないうちに、ゲストはIturupの完全な画像を手に入れました。それは、以前に島に住んでいた人々の文化、現在の生活、開発の見通しです。

博物館を訪れた後、学童は5つのセクションに分割され、それぞれに教室が割り当てられました。4人の仲間の聴衆の中で、ゴルニー、ゴリャチ・クリュチ、レイドフ、そしてもちろんアメリカの子供のための学校の子どもたちがクリルスクに到着しました。5番目の聴衆は、地元の伝承の都市博物館に与えられました。

ブレーヴェストニコフスキー中学校(ゴルノエ村)の生徒たちは、「友情の花」-鉄の足を持つ巨大なタンポポを集めるためにゲストを招待しました。その過程で、例外なくすべてを取り込めるように、テーブルを移動し、一種のコンベアを作りました。この行の最初の人は紙を切り、次にワークピースを彼の隣に座っている人に移し、特別な方法でそれを折り畳み、次の人は準備ができるまで足を固定しました。生徒たちを助けた教師たちは、髪を「球」に用意された穴に差し込むだけでした。

レイダーズがゲストを連れて行った別の聴衆で、子供たちは共同で「善の杯」を作りました。象徴的なボウルは、ホフロマの絵であることになった装飾の基本である、ワットマン紙の大きなシート上の絵です。しかし、日本人は借金にとどまっておらず、したがって、桜と竹の画像がより頻繁に現れました。

「ロシアの民俗伝統」-それで、ホットキーの人々はマスタークラスと呼ばれました。彼らは、ロシアの象徴の一つであるロシアの人形について日本人に話しました(例えば、あなたは古典的なロシアの人形の中に7つの人形があるべきだと知っていましたか?)そして、衣装を着て(ゲストも民族衣装を着ていました)、プレゼンテーションのダンスのリハーサルを始めました。主催者は、セクションの作業の最後にそれを行う予定でした。

博物館のワークショップでは、施設の研究者エレナグルゾビコバがゲストを迎え、子どもたちは砂場に隠されたアーティファクト-ボウルのコインと破片を見つけるように求められました。後者は、皿に戻すために粘土で接着することでした。物事は非常に迅速に発見され、復元プロセスが進みました。これは、魅力的ではありますが、かなり骨の折れる作業であることが判明しました。

そして最後に、ホスト校は最も美味しい料理のマスタークラスを準備しました。子供たちはペリメニ(dump子の名前は日本語のように聞こえます)とパンケーキを焼きました。これで、ゲストはどの比率でフィリングを作り、生地を正しく練り、ロールし、最後に、彫刻するときに製品を正しい形にするかを知っています。

Du子はすぐに調理され、味見され、パンケーキはプレゼンテーションのために残されました。ちなみに、学校訪問の最後の部分を開くことを許可されたのはシェフでした。彼らは彼らの業績について話す必要さえありませんでした-女の子は列を通り抜けてパンケーキを配りました。

聴衆が両頬のために料理を食べている間に、ステージで博物館のセクションの同僚が得た知識について話しました。彼らは民族衣装とスプーンを着た小学生に取って代わられました。観客の前での「友情の花」の出現は、焼cenのダンスも伴いました。そして結論として、拍手に彼らは「善のチケット」を引き出しました。ダンスはありませんでしたが、日本人とロシア人は誠実な歌を歌いました。

会議を記念して、彼らは学校のベランダで集合写真を撮りました。

日本からの子供のビザなしのグループのためのIturupでの滞在の2日目はスポーツでマークされました。レクリエーションセンターのジムでのイベントは、千島FOKのトレーナーによって準備および実施されました。

最初は、少林寺拳法連盟の日本人女性が全国武術の技術を披露しました。彼らの打撃のそれぞれは、彼らがすでに怖がっていたから、鋭い悲鳴を伴っていました。そして、着物姿の少女たちは、フーリガンから身を守る方法についてマスタークラスをロシアの仲間に与えました。

順番に、柔道の千島地域の青年柔道チームのメンバーは、アンドレイ・ヴォスコボイニコフスポーツのマスターが彼らに教えたことを示しました。日本からのゲストと地元住民の数の見物人は、レセプションだけでなく、異常な宙返りも見ました。

リレーは休日の最終段階になりました。4つのチームが参加し、全部で国際チームが参加しました。いつものように、そのような会議では友情が勝ちました。また、スポーツフェスティバルの参加者は、映画館とコンサートコンプレックスのロビーでの共同ティーパーティーでの成功を祝いました。

日本代表団のメンバーはまだクリルスクを散歩しておらず、夕方6時半に彼らの船は北海道に向けて出発します。

 
 
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« チェホフセンター コレクシ... | トップ | 宗谷海峡 探訪寄稿 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

情報」カテゴリの最新記事