自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

東洋大が先勝、東浜は初黒星=全打席詳細(東洋大vs.亜大1回戦)

2009年05月26日 20時06分34秒 | 野球(ライター時代の記事)
 東洋大が先勝! 勝ち点を取ったほうが優勝となる東都大学野球春季リーグ、東洋大vs.亜細亜大の1回戦は東洋大が3対2で勝利した。東洋大は亜大の怪物ルーキー・東浜の立ち上がりを攻め、瀧本の犠飛、鈴木の適時打で2点を先制。3回にも主砲・林崎の適時打で1点を追加した。投げては先発した乾からリリーフエースの鹿沼につなぎ、亜大の反撃を退けた。
 一方の亜大は、クリーンアップの3人が計11打数0安打、4三振と抑え込まれ仕事を果たせなかった。東浜はリーグ戦初黒星。
 東洋大は明日27日の2回戦に勝利すれば5期連続のリーグ優勝が決まる。予想される先発は、東洋大・乾、亜大・倉又。

東洋大  201000000=3
亜細亜大 001000010=2

東洋大:乾(勝)、鹿沼-佐藤貴
亜大:東浜(敗)大山、中村-下館、ブルーノ、 
本塁打:小野(亜)

■1回表(東洋大) 
亜大の先発はここまで4連続完投勝利の怪物ルーキー・東浜。

1番・小島 右中3 1-2からの4球目をはじき返す。センター・田中一が飛びつくも届かず、打球は右中間を抜ける。小島はゆうゆうと三塁へ。
2番・滝本 中犠飛 0-1からの2球目、鋭いスイングでセンターへの飛球。小島が生還。

東洋大が打者2人、わずか6球で先制。
東洋大 1-0 亜細亜大

3番・坂井:中安打 初球をセンター前に打ち返す。
4番・林崎:死球 1-2からの4球目、死球で出塁。

東洋大が東浜をさらに攻め無死一、二塁のチャンス。亜大は生田監督がマウンドに向かい、間合いを取る。

5番・鈴木 右安打 2-2からの5球目、ライトへライナー性の打球。中原が必死に捕りに行くが、あと一歩届かず。

坂井がかえり、東洋大に追加点が入る。
東洋大 2-0 亜細亜大

6番・鮫島 二併殺 1-1からの3球目を打つが、二塁ベース付近へのゴロとなり4-6-3のゲッツー。3アウトとなる。

東洋大が東浜の立ち上がりを捕らえ、2点を先制する。


■1回裏(亜大)
東洋大は昨春の最優秀投手・左腕の乾が先発のマウンドへ。

1番・小野 左飛 2-1からの4球目、打球は意外と伸びるも木村が追いつきレフトフライ。
2番・石井 左安 2-2からの6球目を流し打ち。打球は三遊間を抜け、亜大も初回から初ヒットが出る。
3番・中田 打撃妨害 2-1からの4球目を打ちに行った際、バットが捕手・佐藤貴のミットをかすめ打撃妨害となる。

先制された直後の亜大。流れを引き戻したい。

4番・中原 空三振 2-0と追い込まれ、インローのスライダーにバットが空を切る。

東洋大・高橋監督 「乾はスライダーが決まってきた」

5番・加嶋 途中終 初球、重盗を試みるが石井が三塁手前でタッチアウト。3アウトチェンジ。

亜大は積極策が裏目に出て、好機を生かせず。

■2回表(東洋大)
7番・木村 三ゴ 1-2からの4球目、平凡なサードゴロ。
8番・緒方 投安打 2-0からの3球目、サード前ライン際にボテボテの当たり。これが幸いし、内野安打に。
9番・佐藤貴 空三振 2-2からの6球目にバットが空を切り、空振り三振。
1番・小島 途中終 2死1塁でトップにかえり、第1打席で三塁打の小島がバッターボックス。しかし、4球目に緒方がスタート、盗塁失敗となり3アウト。

東洋大はラッキーなヒットが出るも、追加点ならず。

■2回裏(亜大)
5番・鹿嶋 見三振 2-0から1球ファウルをはさんだ4球目、外角いっぱいの直球に手が出ず。
6番・工藤 左安打 2-2からの3球目をレフト前にはじき返す。
7番・田中一 二飛 1死一塁。初球を積極的に打ちに行くが、力のないセカンドへの飛球。
8番・下館 見三振 2-3からの6球目を見逃し三振。

亜大、この会も走者を生かせず。

■3回表(東洋大)
1番・小島 四球 一度もバットを振ることなく、4球連続ボールで一塁へ。
2番・滝本 投犠打 初球をきっちり送りバント。ピッチャー前に勢いを殺して転がすお手本のような犠打を見せる。
3番・坂井 二ゴ 1死二塁。初球を打つが、一二塁間へのゴロに。セカンドの小野が回りこんでさばく。小島はこの間に三塁へ。
4番・林崎 中安 2死三塁。1-1からの3球目、スローカーブにタイミングを合わせ、センター前にはじき返す。小島が生還。

“目覚めた獅子”こと主砲・林崎の一打で東洋大に貴重な3点目が入る。
東洋大・林崎 「カーブを狙う意識はなかった。来た球に反応して打った」

5番・鈴木 途中終 4球目と5球目の間、林崎がけん制につり出され、タッチアウト。3アウトとなる。

東洋大、無死からもらった走者をきっちりかえし追加。

■3回裏(亜大)
9番・高田 二飛 初球、一塁ベース後方にフラフラと上がるフライ。
1番・小野 左線本 1ボールからストライクを取りに来たボールを振り切る。小野は打った瞬間ガッツポーズ。打球はレフトポール右のスタンドに吸い込まれ、亜大が1点を返す。

嫌な流れを断ち切りたい亜大。この一発が反撃ののろしになるか!?
東洋大 3-1 亜細亜大

2番・石井 空三振 2-0からスライダーを空振り。3球三振となる。
3番・中田 二ゴ 1-0からの2球目に手を出していくが、芯で捕らえられず、セカンドゴロ。3アウト。

■4回表(東洋大)
5番・鈴木 遊ゴ 初球を打っていくが、ショート正面のゴロ。
6番・鮫島 中安 2-1からの4球目、右中間へきれいにはじき返し、センター前ヒット。
7番・木村 投犠打 1-0からきっちり送り、走者をスコアリングポジションに。
8番・緒方 二ゴ 1-2から4球目を打つも、セカンドの守備範囲で走者を返せず。

■4回裏(亜大)
4番・中原 空三振 2-1からの4球目、ワンバウンドになるスライダーに空振り三振。
5番・加嶋 右飛 初球を積極的に打つが、ライトがほぼ定位置でキャッチ。
6番・工藤 空三 2-2からファウルをはさんだ6球目、当てることができず空振りの三振。

これが両チーム通じてはじめての初めての3者凡退。

■5回表(東洋大)
9番・佐藤貴 二飛 1-0からの2球目を打つも、タイミングを外される。
1番・小島 左線2 2-2からの5球目をうまく流し打ち、レフト線を破る二塁打。
2番・滝本 空三振 2-1からの4球目、空振り三振。
3番・坂井 遊安 0-2からの3球目、二遊間へのゴロをショート・石井が回りこんでつかむが、一塁には投げられず内野安打に。しかし、抜けたと判断したのか、小島が大きくオーバランしており三本間に挟まれタッチアウト。3アウトとなる。

東洋大、またも走塁ミスでチャンスを生かせず。

■5回裏(亜大)
7番・田中 二飛 2-1からの4球目を打ってセカンドフライ。
8番・下館 中飛 0-1からの2球目を打つも、平凡なセンターフライ。瀧本がなんなくつかむ。
9番・高田 二ゴ 初球をうってセカンドゴロ。

亜大、淡白な攻撃で2イニング続けての3者凡退に終わる。

■6回表(東洋大)
4番・林崎 中飛 0-2からの3球目を打っていくが、センターの守備範囲で1アウト。
5番・鈴木 遊安 1-1からの3球目、二遊間へのゴロをショートの石井つかむも、投げられず。
6番・鮫島 二ゴ 2球目、鈴木が盗塁に成功。1死二塁。2-3からの6球目を打ってセカンドゴロ。鈴木は三塁へ。
7番・木村 死球 2死三塁。0-2からの3球目が内角に逸れ、死球。
8番・緒方 四球 2-3から外角の直球を見極め、歩く。
9番・佐藤貴 二ゴ 2死満塁のチャンス。2-3から窮屈なバッティングを強いられセカンドゴロ。3者残塁となる。

東洋大、大きなチャンスを逸する。

■6回裏(亜大)
ピンチを脱した亜大、流れを引き寄せられるか。

1番・小野 空三振 先ほど本塁打の小野だったが、3球で空振り三振を喫する。
2番・石井 死球 2-3からの8球目、死球で出塁。
3番・中田 初球、乾が投じた直球が高めに大きく外れ、ワイルドピッチに。

ここで東洋大・高橋監督がマウンドへ。そしてブルペンへ向かって手招き。駆け寄ってきたのはリリーフエースの鹿沼。

3番・中田 中飛 1死二塁。0-1から打っていくもセンター・瀧本が前進してつかむフライで2アウト。
4番・中原 遊飛 初球、ショート後方にフラフラっと上がるフライを放つ。難しい打球だったが、ショートの林崎が下がりながら好捕し、3アウト。

東洋大は鹿沼が2球でピンチを脱する好救援。亜大はなかなか反撃のきっかけをつかめない。

■7回表(東洋大)
亜大はいまひとつピリッとしない東浜を諦め、左腕・大山をマウンドへ送る。

1番・小島 二ゴ 2-2からの5球目、平凡なセカンドゴロ。
2番・瀧本 二ゴ 1-2からの4球目を打ってセカンドゴロ。まるで小野の守備練習のようだ。
3番・坂井 四球 1-3から5球目を見て歩く。
4番・林崎 見三振 2-2からの6球目、インコースの直球に手が出ず。

■7回裏(亜大)
5番・加嶋 遊ゴ 2-1からの4球目を打つも、ショートほぼ正面。
6番・工藤 空三振 2-1からの4球目にバットが空を切る。
7番・田中一→小嶋 一ゴ 投手が右腕の鹿沼に代わり、左の小嶋が代打で登場。しかし、初球を打ってファーストゴロ。

亜大、鹿沼のテンポがいい投球の前に3人で攻撃終了。

■8回表(東洋大)
5番・鈴木 空三振 2-2からの5球目に空振り三振。
6番・鮫島 二ゴ 1-2、バッティングカウントから狙っていくが、セカンドゴロ。
7番・木村 四球 2-3から四球で歩く。
8番・緒方→都築 こちらも左腕・大山に右の代打・都築を送る。しかし、2-3からショートフライに倒れ、1者残塁。

■8回裏(亜大)
8番・下館→ブルーノ 左越2 なんとか反撃したい亜大は代打にブルーノを起用。これが功を奏し、ブルーノはレフトオーバーの二塁打を放つ。
9番・高田 補犠打 0-1からキャッチャー前に送りバント。

2点差の場面、亜大はまず1点差に詰め寄ることを優先させた模様。
東洋大は高橋監督がベンチを出て、鹿沼にアドバイス。

1番・小野 右犠飛 初球を高々と打ち上げ、ライトフライ。犠飛となる。ブルーノがタッチアップ。ライト・坂井はストライクの好返球で、本塁クロスプレーに。タイミングはアウトかと思われたが、捕手・佐藤貴のミットからボールがこぼれ、ブルーノが生還

ゲームの流れが落ち着いていた中盤に入らなかった“次の1点”は亜大が奪取。
東洋大 3-2 亜細亜大

2番・石井 死球 2-2から死球を受け、同点のランナーが一塁へ。
3番・中田 途中終 初球、石井がスタート。しかし、東洋大バッテリーがこれを完全に読みきり、ウエスト。石井は一二塁間に挟まれ、タッチアウト。

亜大、拙攻で傾きかけた流れを手放す結果に。

■9回表(東洋大)
亜大はこの回から右腕・中村、ブルーノのバッテリー。

9番・佐藤貴 死球 初球の直球がすっぽ抜け、死球となる。
1番・小島 右安 2-1からの4球目をきれいにライト前にはじき返す。この試合3本目のヒット。

小島はこの試合4打数3安打で打率3割7分8厘。亜大・中田が3打数0安打で3割6分8厘。青学大・篠塚は3割7分3厘。首位打者争いもし烈だ。

2番・瀧本 投ゴ 無死一、二塁。初球から送りバントの構え。1-2からの4球目をピッチャー前に転がすも、サードフォースアウトとなる。
3番・坂井 左飛 1死一、二塁。1-1から打つも、浅いレフトフライ。
4番・林崎 見三振 2-2からの5球目、外のストレートに手が出ず見逃し三振。

東洋大はほしかった追加点を奪えなかった。

■9回裏(亜大)
東洋大は鹿沼が続投。
亜大は中軸の3番・中田からの好打順。是が非でも追いつきたい。

3番・中田 遊飛 1-1からショート後方に飛球。林崎が追いつき1アウト。
4番・中原 中飛 1-1からセンター前への浅いフライ。瀧本が俊足を生かしてランニングキャッチ。
5番・加嶋 空三振 2-0からの4球目、バットが空を切り三振。

東洋大が接戦を制し、リーグ優勝に王手をかけた。

※本項は筆者独自の取材をもとに作成されています。東都大学野球連盟および所属チーム、各大学等の公式発表ではございませんので、ご注意ください。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の背中 | トップ | 東洋大、東都リーグ史上に輝... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東洋大VS亜大1回戦 (t-j)
2009-05-26 21:50:43
シンプルですが 非常に分かりやすい構成で素晴らしい観戦記ですね
試合後のコメントも入っているのには 驚きました
無題 (望美)
2009-05-28 21:18:08
そうだね
お久しぶりだね
1月生まれって覚えててすごいね!
記憶力イイね!

お元気そうで なによりです。

ライターの仕事をされているようですね。
わたしはまったくの素人ですが
文章力、表現力など すばらしいと思います。
素敵な才能をお持ちですね。

早くから
自分のやりたいことを見つけられ
それを仕事にしているあなたは
きっと幸せだね

今後のさらなる活躍を
こころから応援しています。
Unknown (憲人)
2009-05-30 03:15:32
>望美さん

ありがとうございます。
よかったら、一度ご連絡ください。
左上、プロフィール欄のアドレスまで。

よろしくです。

野球(ライター時代の記事)」カテゴリの最新記事