自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

用地取得のための議案可決=柏たなか駅周辺地区新設小学校の進捗状況(19年6月)

2019年06月28日 17時35分49秒 | 子育て・教育政策


・令和元年6月定例会にて用地の一部を取得するのための議案が提出され、可決されました。


つくばエクスプレス沿線の開発事業により、子育て世代が急増した柏たなか駅周辺の児童受け入れのため、小学校の新設が決定しました。これまでの議論のなかで、将来的な少子化や多額の費用、既存校とのバランス・市民の不公平感など慎重な意見も聞かれましたが、私はかけるべき費用だと思いますし、既存校と比べるのではなく、新しい学校にはより良い教育環境を整備する努力をしていくべきだと考えます。通学区域や学校名、施設の形状などは今後、地域や教育委員会で議論されます。私も議会を通じ、全力で取り組んでまいります。


柏たなか駅周辺地区 小学校新設計画まとめ(2019年6月28日現在)

■前提
現在、つくばエクスプレス柏たなか駅周辺の区画整理事業の影響で、人口が急増している。今後の人口増加を少なく見積もった場合でも田中小学校は2021年、田中北小は2023年に現施設での受け入れが不能となる。両小学校の施設の耐用年数、改修費用、学区内の人口推移などを総合的に勘案し、現在の田中小、田中北小両校の学区を当面の間、3校で運用する体制がベターと判断。

■建設予定地
船戸1丁目7-1、7-2。面積は2万6265平方メートル。市内の既存小学校は2.0ヘクタール前後が多く、平均と比べるとかなり広め。柏たなか駅からの距離は直線で約650メートル。

■開校までのスケジュール
2023年4月の開校に向け、2019年3月市議会定例会において審議される19年度当初予算案の中で、用地取得費用等約25億円が計上され、同年6月定例会にて1万5448平方メートル分をを取得するための議案が可決。今後、残りの用地を20年度に取得し、22年度までの4か年で学校建設を行う。また、19年度内に地域協議、通学区域審議会を行う予定。

■費用
・施設建設費(屋内運動場、プール、給食室等含む) 約29.4億円(概算)
・校舎リース 約3.2億円(概算)
・設計委託 約1.8億円(概算)
・工事監理 約0.6億円(概算)
・用地取得 42億8600万円
合計 約78.2億円

■行政、議会等の動き
・平成31年3月定例会 用地取得のための費用を含む予算案が可決
・令和元年6月定例会 用地の一部を取得するのための議案が提出され、可決


※上記は柏市および柏市教育委員会等の情報を柏市議会議員・円谷憲人がまとめたもの。柏市および柏市教育委員会等が公式に発表したデータではありません。今後の状況により変更になる可能性もありますのでご了承ください。

この記事についてブログを書く
« 【レイソル】サポーターとの... | トップ | 柏たなか駅カスミ前交差点の... »
最近の画像もっと見る

子育て・教育政策」カテゴリの最新記事