むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

3月15日 本八幡 ルート14

2018年03月31日 13時07分01秒 | りさいたるレポ
前回日記を書いた内容が2月17日の舞台の事。今回書こうとしてるのが3月15日の舞台の事。
「あれ?1ヶ月近く舞台に立ってなかったの?」と少々戸惑った。ひと月日数の3分の1〜4分の1は人前で唄う日々・・というようなペースでここ何年間もやってきてたから。
実は今年に入ってからわりとこのようなゆるりとした活動ペースを保っているのだが、しかしこれはこれで冷静に物事を考える時間があってよい。
そうしてそんな時間の中 新しい曲を作っては壊し 作っては壊してる。冷静になり過ぎると完成させる前に壊してしまう行動に出るようです。どうやらあたしは。

3月15日は今年初の本八幡だった。
お集まり下さいました皆さまどうもありがとう。
もうかれこれ長いお付き合いになるhironoさんや初めてご一緒させていただくREDS☆さんとの共演も楽しみだったし、ルート14で最鋭輝と一緒というのもなんだか新鮮でこの日を楽しみにしていた。

モッキーがこの3月に声帯ポリープの手術を受けたのだが、この日は手術前の舞台。
普段のキーを1音下げて唄ってはいたものの、想像していたよりも声に艶が残っていた。ハスキーな声質が加わった分、前とは違った色気が出ているように感じたのかもしれない。
流石だなぁ!!聴くものを心配させないよう 堂々とした姿勢で舞台に挑む。
やはり彼はどこまでも変わらぬムーディストだった。
そうだ。丁度1年前の3月。実はあたしも大腸のポリープを切除する手術を受けていて。
何やらポリープづいてる我々CAROなのですが。

この日、せっかく本八幡で2人が揃ったので。1曲 ロージー をご一緒させてもらった。

薔薇も飛んできて、失神した最鋭輝に激しいモッキーコール浴びせてやれてよかったです。

hironoさんは相変わらず唄う事の喜びを 声、ギター、立ち振る舞いすべてで表現するような舞台。聴いていて何とも清々しい気持ちになった。
REDS☆さんはやはり貫禄があり、うたにパワーが漲っていて現役ばりばりの魂こもった舞台という感じで 聴いていてシビれた。
お二方とも本当に素晴らしかった。

我々は、いつもどおり。

CAROの時に仕込んだタレサン外し、めんたまひんむいて唄いました。

1. えれじい
2. 泥濘
3. 桜吹雪
4. 堕落を憐れむ唄
5. 不眠症の羊
6. 希望の花
7. この世の果て


らいむらいと、当面ゆるりとしたペースで舞台に立つ予定ですが。
その空いた時間で 今年の秋に迎えるバンド結成15周年に向けての創作活動に入ろうかなぁと思っているわけです。
作っては壊す・・といった作業の行く末はいかに。
まぁ、焦らず頑張ります。
モッキーの術後の喉も心配なので、また少しあけて4月の中頃。
らいむらいととCAROで元気に舞台に戻ってこようと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月17日 下北沢 440 | トップ | 3月17日 五反田 ロッキー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。