むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

6月9日 渋谷 ラ・ママ

2018年06月30日 17時38分02秒 | りさいたるレポ
6月9日、La.mamaにてらいむらいとだった。
お会いした皆さんどうもありがとう。

昨年に続き、6月梅雨時期 JOKER主催イベントへの参加だったのですが。
前回出演させていただいた時に。唄い手TAROさんの舞台におけるパフォーマンス、詞世界。更にはバンド楽曲、照明や音響作りに至るまで ムードを大切にトータル的なアプローチなされてるところが自分自身とても共感を覚えたので、今回の参加 前々から非常に楽しみにしていた。
そう。前回のイベントで 闘牛士 をカバーされていたのを記憶している。
闘牛士ね、Charのデビュー時におけるシングル盤の中で あたし子供の時分 特に大好きな曲だったので。La.mamaの空間で聴けて嬉しかった。
それで、今回我々も 所謂あの時代のムード溢れる歌謡ヒット曲 ひとつ何か演奏したいなぁと思い。
この梅雨時期、好んでよく弾き語りしたりもするオフコースの 眠れぬ夜 を取り上げる事にした。
折しも、数日前に我らが昭和歌謡界の英雄 西城秀樹の訃報を目にし。
秀樹がカバーした 眠れぬ夜 もあたし、子供時分ほんとうに大好きだったので。
らいむらいと流アレンジで この日心込めて演奏しました。

1. 雨降り
2. 泥濘
3. 自己嫌悪
4. 眠れぬ夜
5. 夜明けのうた
6. 不眠症の羊
7. 希望の花


↑ この日の曲の並びなんですけど。
眠れぬ夜 も勿論そうなんですが。1曲目〜5曲目まで曲中 雨をモチーフとして取り入れてるんです。
JOKER見習って なんとか我々なりにトータル的アプローチ狙ってみたのだが。どうだったのだろう。
しかしらいむらいとの雨の曲、まだ他にもいくつかあって。
「おれ、実は雨の情景って 好きなのかな??」と、今回改めて気付かされたりして可笑しかった。
またこの先、色んな角度からアプローチ考えて舞台に立ちたいなぁ。
こういった・・ひとつの舞台の進行考える楽しさを JOKERのイベント通して我々教わったような気がします。
今年もお世話になりました。どうもありがとうございました!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月26日 高円寺 彦六 | トップ | 6月18日 池袋 手刀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。