瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瞑想合宿レポート12

2005年09月24日 | 瞑想合宿レポート
◆慈悲の波動
9日目のダンマトークが終わったあと、私の体は心地よいバイブレーションに包まれていた。心も深く静まっていた。それが、地橋先生のダンマトークから伝わってきたことは明らかだった。最初は、ダンマトークの内容が私の心に響いてきたのだと思ったが、後から振り返るとどうもそれだけではなさそうだった。ともあれ、この波動に包まれて瞑想をすれば、きっと素晴らしい瞑想になるに違いないと期待した。他の人々が去ったあと、私は一人、同じ部屋に残って座禅した。

10分、20分と過ぎた。心は静まっているし、体全体がバイブレーションに包まれていたが、何か物足りなかった。30分ほどで切り上げ、1階の部屋に移動した。そこでまた座禅をした。同じようにいい感じで心身が深く静まっていた。しかし、やはり「成果」はない。ここも30分ほどで切り上げた。再び2階に戻って座禅したが、また期待は裏切られた。「やはりダメか」と思った。

私はあきらめて3階に行き、歩行瞑想をはじめた。窓辺まで歩んで行ったとき、ふいに何かを感じた。あのダンマトーク全体を貫いて流れ、そして私にまで響いてきたものの性質が確実にわかった。それは「慈悲」の波動だった。地橋先生から、あるいは地橋先生を通して何ものかから伝わってくる「慈悲」の波動だった。それがふいに感じられた。その瞬間、眼から涙が流れ落ちていた。顔がくしゃくしゃになった。私は、あわてて1階に降りた。

それは、確かに地橋先生からくるのだが、同時に地橋先生を超えていた。生身の人間の我執によって汚されていない透明な波動のように感じた。そのようなものが確実な存在感をもって伝わってくるということに軽い驚きがあった。

ダンマトークのあと心地よいバイブレーションに包まれたとき、私は「これに包まれて座禅したら、今回の合宿の成果が得られるかもしれない」と期待した。「これを使って得るべきものを得てやる」と狙った。しかし、それはお門違いというものだった。伝わってくる波動の本質をまったく捉え損ねていたのだ。それは、自我の期待や狙いで利用すべきものではなかった。何度か座禅をして、期待や狙いが落ちていったときに、やっとその意味が心に響いてきたのだ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 瞑想合宿レポート11(後半訂正) | トップ | 頭痛 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
智慧と慈悲 (便造)
2005-09-25 00:22:08
Noboru様



広さと深さをかねた、実り多き合宿だったのですね。

素晴らしいです!



合宿終了直前は、「理解と情」さらに言えば、「智慧と慈悲」が表裏のごとく存在していらっっしゃったのでしょうね。
慈悲と瞑想 (Noboru)
2005-09-26 22:37:28
便造さん、いつもあたたかいコメントありがとうございます。



この合宿で得たものを生かすも殺すも、その後の私次第なのですが、今のことろ生かす方向で、すべてが好転しているように感じます。



今度の瞑想合宿レポートのタイトルは「慈悲と瞑想」にしようかなと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

瞑想合宿レポート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事