釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【食】コモンフグの刺身

2017-01-12 07:40:00 | 釣魚料理
1月6日の野毛屋さんでの初釣りはアカメフグ7匹にコモンフグ3匹の釣果。
アカメはじっくりと最低1週間は熟成させるとして、コモンはとっとといただいちゃいましょう。

先の釣行で身欠きに捌いてもらう時に、コモンは身がしっかりしてるけど刺身だとどのくらい寝かせたら良い?と健船長に聞いたら、

「コモンは唐揚げにしちゃうから、刺身で食べたことがないんだ。」

という回答で、ちょっと驚いた。
釣らせる側だから、そうそう食べる機会がないのかな。
3匹じゃ唐揚げには少いから、日を置いて刺身を食べ比べてみることにした。


(おチビのツーショット。)

釣行当日の晩は、一番小さなコモンとおチビのマダコを下ろす。


(コモン1匹分の刺身。)

コモンフグはショウサイフグに比べて身が灰色掛かっていて、しっかりしてる。アカメまでではないものの、刺身にして歯応えがある。
旨味はあるけど、身のコリコリ感の方が勝るから、初日で刺身はまだ早いかな。


(マダコはブツ切りに。)

マダコはほんのちょっと、味見程度の量しかない。それなりのを食べたいなー。タコ飯が恋しいなー。


(集合写真。)

晩酌セットくらいの量だったけど、暮れに買った大吟醸をチビチビやって満足、満足。


(連日刺身で。)

翌日にも1日寝かせたコモンを刺身でいただく。
初日より身がこなれて旨味も増してバランスが良くなった。コモンフグの刺身は1日以上寝かせるのが正解だな。

残りのコモンはそれなりの型が1匹。また明日楽しみましょう。

・コモンフグの刺身
・チビマダコのタコブツ


🐡
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【釣】アカメフグ 1/6(野毛... | トップ | 【食】コモンフグ入りおでん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣魚料理」カテゴリの最新記事