釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【食】アカメフグとワカメのしゃぶしゃぶ

2018-03-09 06:08:00 | 釣魚料理
2月24日の今季ラスト釣行で手にしたアカメは1週間の熟成で開封。
今季3回目のしゃぶしゃぶで堪能しますよ。


(良型1匹を下ろす。)

大学進学が決まってアイドリング中の長男は、友達と遊びに行ったついでで晩飯を済ませてくると、仕込み直前に連絡が入り、急遽1人前減らすことに。

ならば38cm1匹で良かろうと、ちょい厚めに下ろし、いつもの網目皿に盛る。


(えぼしワカメ再び。)

そこに一俊丸さんで買って塩蔵にしておいた「えぼしワカメ」も塩抜きして共演しますよ。


(W主演でどうでしょう。)

しかし、今だに野菜の高騰が続いてるのには参りますな。
白菜1/4サイズで200円とは驚きで、一瞬躊躇したものの鍋には外せないと買い物カゴに入れましたよ。


(準備段階。)

下ろしたアカメのと干して備蓄しておいた中骨で出汁取りし、頃を見て野菜を投入。
開始直前に水菜を乗せて準備完了。


(しゃぶ、)


(しゃぶ。)

熟成したアカメはしゃぶるとプリッとして旨味が増す。
毎度飽きない約束された美味。

ワカメはしゃぶると磯の香りが立って歯触りも良い。
塩蔵しても状態は生とそんなに変わらず旨い。
これは定番化決定だね。
教えてくれた花王迷人劇場さんに感謝です。


(ポン酢でいただくよ。)

アカメのしゃぶしゃぶは乗り合いを再開する秋までお預けになるから、しかと味わねば。
ワカメも加わっていつにも増して贅沢に感じるね。


(アテも忘れませんよ。)

ホクホク、プリプリのアカメの身を堪能し、定番の薄皮の湯引きを箸休めに摘まみつつ、ビールをいくと堪りませんよ。
毎度これを自宅で味わえる喜びを噛み締める。
アカメフグいいわー。


(これまた堪らん。)

〆は雑炊。
アカメの出汁とふんわり玉子の旨味が一体となった至福の一椀。

「雑炊ではフグが一番好きだなー。」

と度々、フグは飽きた発言をするかみさんも認める旨さ。

今季最後のアカメフグのしゃぶしゃぶ、しかと堪能しました。


・アカメフグのしゃぶしゃぶ
・アカメフグの薄皮の湯引き
・ワカメのしゃぶしゃぶ
・アカメフグ出汁の雑炊


🐡




『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【食】コモンフグの刺身・ム... | トップ | 【食】アカメフグの酢フグ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣魚料理」カテゴリの最新記事