釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【食】タチウオの炙り・唐揚げ・漬け

2018-09-28 06:03:00 | 釣魚料理
まだまだ続くタチウオの食卓。
4本指の最大サイズは一番の脂の乗りだろうから、炙り刺にする。


(醤油皿はワンコとパンダ。)

バーナーがないから皮目をコンロで炙り氷水で冷やすと、表面に脂が浮いてくる。

皮目の芳ばしさと、火を入れて活性化した旨味、ほど良い脂と身の爽やかさも堪能できる、一切れで何度も美味しい品だ。
旨すぎる~。


(山盛りだ。)

メインは唐揚げ。
外サク、中ふわ、これもイケる。
ビールも白飯も進んじゃうよ。


(集合写真。)

2日目はこれで大いに満足。

続く3日目は、朝から漬けを仕込んで、夕飯でいただく。
タレはいつもの、醤油:めんつゆ:胡麻油=2:1:1に下ろしニンニク、生姜、鷹の爪。
何にでも合う漬けダレだね。


(良い漬け具合だ。)

タチウオは身が薄いから半日漬けで丁度良いな。

それを一口サイズに切り分けて皿に盛る。
皮目が若干固いから飾り包丁で切れ目を入れておくと食べやすいよ。
漬けダレと適度な脂が良い仕事をしますぜ。


(堪らんよ。)

素を堪能したら、更に発展系で茶漬けに仕立てる。
熱が入ることで漬けの旨味がもう一段活性化して、思わず、旨~っ、と唸るよ。


(弾けてますな。)

1、2番の大きさのタチウオから立派な真子が取れたから、煮付けに。
タチウオはマゴチ同様に大型はメスなのか?

酒に浸けたままうっかり1日寝かせてしまい、ふやけると共に膜が破れて粒が出て来ちゃった。
結果、粒々の煮汁に浸る煮付けになったぞ。
でも、新鮮な真子のプチプチが堪りませんな。
プリン体が怖いけど。


(集合写真パート2。)

3日続けてタチウオづくしで、またもやかみさんから「飽きた」と言われ、残りの切り身は冷凍庫で眠って貰った。

そのうち忘れずに起こしてあげないとね。

・タチウオの炙り刺
・タチウオの唐揚げ
・タチウオの漬け
・タチウオの漬け茶漬け
・タチウオ真子の煮付け


🐡
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【食】タチウオの蒲焼き・ユッケ | トップ | 【釣】釣行前記 (2018/09/2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣魚料理」カテゴリの最新記事