釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【食】コモンフグの刺身・ムシガレイの唐揚げ

2018-03-05 06:03:00 | 釣魚料理
2月24日(土)の野毛屋さんへの今季ラストのアカメフグ釣行は、頭ゲットの上々な結果で11匹。

おチビ2匹はリリースしたんで持ち帰りは9匹だけど、良型が混ざってるから食いでがあるよ。

アカメは1週間は冷蔵庫で眠ってもらうから、まずはゲストのコモンフグとムシガレイに登場いただく。


(定番。)

ムシガレイは一も二もなく唐揚げに。
フワッとした身とパリパリのヒレ周りが旨いね。
ビールと良く合いますよ。


(こちらはコモン。)

コモンフグはアカメとショウサイの中間的な身質だから2日~3日寝かせてみた。


(こちらも定番。)

刺身と薄皮の湯引きで晩酌。

フグを食べ慣れた我が家の面々からは特段の感想もない。
確かにコモンにしては旨味が薄めであったものの、もう少し有り難みが伺えるリアクションはありませんかね?

あまりにフグがある食卓が当たり前になったということかね。


(湯振り。)

その翌日には余った半身を湯振りに。
身質からして炙りの方が正解だったかもしれないな。

3日に分けてゲストを堪能して、メインのアカメは1週間の熟成中。
楽しみだ。

・コモンフグの刺身
・コモンフグの湯振り
・ムシガレイの唐揚げ


🐡
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【釣】今季最後に金色を手に... | トップ | 【食】アカメフグとワカメの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣魚料理」カテゴリの最新記事