釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【感】ノープランからでも満足で終える (夫婦旅行・黒部・立山 2日目 最終回)

2018-07-13 06:06:00 | 日記
夫婦旅行の2日目。

黒部ダムとアルペンルートがメインイベントだったから、2日目の予定はノープラン。
ホテルで朝食後のコーヒーを飲みながらクグってアタリを付ける。

かみさんとそれぞれに行きたい場所を出して本日のコースを決めた。

まずは自分がプランした鷹狩山へ。


(緑が気持ち良い。)


(キャンプ場もあるそうだ。)

大町市の街から直ぐ近くで、アルプス連峰を望める展望台があるそうだ。

狭いワインディングロードをくねくねと上り、ホテルから30分で到着。
緑に囲まれて空気が清々しい。



(これが展望台。隣にはレストランが併設されてるよ。)

広い駐車場に停めて、3分ほど歩いて頂上に着いたけど、展望台脇に数台分の駐車スペースがあったよ。



(展望台からの風景。絶景ですな。)

展望台に昇ると遮るものがなく、ほぼ360度見渡せる。
お手軽に来れてこの眺望はお徳感が半端ないッス。



(下からはこんな景色。)

町から直ぐでこの景色、キャンプ場もあるようだし、自然に囲まれた暮らしって良いなと思うね。

ものの30分ほどで車に戻り、次はかみさん希望の場所へ向かう。



(広々した公園だ。)

安曇野ちひろ美術館。
安曇野ちひろ公園内にあって、いわさきちひろの作品が展示されている美術館だ。

いわさきちひろの母親の実家が松本で、戦時中疎開で訪れた縁から安曇野に建てられたようだ。



(こちらが美術館。)

美術館内は木をメインに使った温かみがあるお洒落な作りで、安曇野の環境にマッチしてる。

いわさきちひろは今年生誕100年だそうで、絵本は見たことがあったものの、原画やスケッチを見たのは初めてだ。



(トットちゃん広場。)

屋外のトットちゃん広場にはトモエ学園を模した電車車両の教室がある。
「窓際のトットちゃん」の挿絵はいわさきちひろだったからか。


(癒されますな。)

美術館に戻って喫茶コーナーでアルプスの山々を眺めながらコーヒーブレイク。
美術館でレンタルのスケッチセットを200円で借りて、ここで水彩スケッチをしてみましたよ。



(大王わさび園で。)

お昼は信州そばを食べたいし、お土産も買わないと、とその両方を充たせる前回来た時に訪れた大王わさび園へ。

やはり水の良さもあって、そばが旨い。
お土産に前回同様に板わさセットを買って、家でのお楽しみに。

帰り際に安曇野インター手前の産直販売のお店で買ったトマトとセロリも旨かったこと。

空気も、水も、そばも、野菜も、景色も、全てが旨い。
信州良いなー。また行きたい。
今度は夏に、かな。


🐡
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【感】絶景から安らぎと癒し... | トップ | 【釣】釣行前記 (2018/07/14... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事