優しいきもち

霜月

11月 霜月になりました。
大地に霜が降りる季節になったと言うことでしょう。
夕暮れも早くなり1日があっという間に過ぎていきます。
年末に向けて気忙しくなりますが
うっかりの私ですので
慌てず、急がず 確実に
歩みを進めようと思います。




柿の木の収穫後に
一個、二個・・数個の柿が残されてます。
子どもの頃、父になんで?って聞いたら
鳥さんにもあげるんだと言っていました。


「木守り」と言う風習があると知ったのは大人になってから。
今年の実りに感謝して
来年もたくさん実りますようにと願いを込めてひとつ、ふたつ残すのです。

先人たちの残してくれてる習わしを
守って、見習って行きたいとつくづく思う年頃になってきました。



週末です。
今日も良い日になりますように。









ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「日々の暮らし」カテゴリーもっと見る