おみよ残日録

気ままに書きたい時に書きたいことを綴ります。

8月30日(火)のつぶやき

2016-08-31 05:08:40 | 日記
コメント

8月29日(月)のつぶやき

2016-08-30 05:06:40 | 日記
コメント

8月27日(土)のつぶやき

2016-08-28 05:12:03 | 日記
コメント

「真田丸」第33回~その三

2016-08-27 11:00:00 | 大河ドラマ「真田丸」
NHK大河ドラマ「真田丸」第33回。

石田三成は豊臣秀吉の正室・寧からも文句を言われている。

正室の寧は豊臣家のカギを握る人物だ。

寧が大坂城から出なければ、歴史は変わっていたかも。


子の無かった秀吉と寧は、加藤清正など少年たちを幼い頃から手元においた。

親元から離れた子供たちによって、母のような存在だったと思われる。

男の子はお母さんの味方になる傾向がある。

血は繋がらなくても幼い日に母のように接してくれた方には、頭が上がらなそうだ。


それを解っていたのか、徳川家康は寧を豊臣家から引き離す作戦だったようにみえる。

家康と寧は仲良しだった。

が、もしかすると家康の芝居に寧が引っかかったのかも。

そして、以前観た展覧会では、寧を大坂に行かせないようにという家康の書状があった。


それにしても三成は寧に可愛がられていたのだろうか?

ドラマなどでも加藤清正、福島正則は寧になついているイメージだが、三成が仲良くしている場面は皆無のような気がする。

三成はお母さん世代にも人望なしか、、、


生前は人望なしでも、平成の世では歴女に絶大な人望だ。

これには草葉の陰でビックリだろうか(笑)
コメント

8月26日(金)のつぶやき

2016-08-27 05:10:26 | 日記
コメント