宮崎宏彰の必見歴史・考古学ニュース

宮崎宏彰が必見歴史・考古学ニュースをご紹介致します。宮崎宏彰は東京在住の20才、アマチュアバンドを結成しています。

宮崎宏彰の必見歴史・考古学ニュース【金井東裏遺跡:二つ目のよろいを発掘 大小20以上の足跡も/群馬】

2013年04月24日 | 日記
宮崎宏彰が選んだ本日の歴史・考古学ニュースです。

宮崎宏彰は、歴史・考古学ニュースを皆様にご紹介させていただきます。
宮崎宏彰は、歴史や考古学に興味を持っています。
宮崎宏彰は、新たな歴史的発見をご紹介させていただきます。
宮崎宏彰は、こうした発見にわくわくします。
宮崎宏彰は、歴史のロマンを感じました。
歴史・考古学ニュースをご紹介するのは、宮崎宏彰です。
筆者は、宮崎宏彰です。


【金井東裏遺跡:二つ目のよろいを発掘 大小20以上の足跡も--渋川 /群馬】

 県教委などは23日、古墳時代後期のよろいを着た人骨が全国で初めて見つかった渋川市の金井東裏遺跡で、二つ目のよろいを発掘したと発表した。いずれも6世紀初頭の火山灰の地層から見つかり、近くの榛名山二ツ岳の噴火で火砕流に巻き込まれたとみられる。また、人骨から約100メートル南にある同時期の地層からは、人の足跡が大小20以上見つかり、関連を調べる。

 県教委によると、二つ目のよろいは、人骨から約1メートルの距離で掘り出され、よろいと人骨の間には鉄製の矢じりが十数点落ちていた。よろいは二つとも、長方形の鉄板を革ひもでくみ上げた「小札甲(こざねよろい)」で、県内では支配者層の古墳から出土している。
 二つ目のよろいをCTスキャンすると、小さな鉄板をひもでとじた構造が確認されたほか、コンパクトに小さく丸まっていることが分かった。県教委は「人骨の主が、持って逃げようとした可能性もある」と推察している。
 よろいを着た人骨についても詳細に調べたところ、大腿(だいたい)骨の長さが約43センチと確認され、身長を約163センチと推定。当時の成人男性の身長としては、標準的という。人骨は膝を折った状態で見つかったが、両足はつま先立ちのような姿勢だったことも分かった。
 今月15日に見つかった足跡は、いずれも裸足で、足の指の形がくっきりと残され、大きいもので約23センチあった。榛名山二ツ岳の火山灰が降り積もった後の地層にあり、県教委は「噴火が始まってからも、周囲を人が歩いていたとみられ、興味深い」と話している。
 今後、よろいを着た人骨のCTスキャンや、近くで見つかった別の人骨の分析を進めるという。【奥山はるな】

4月24日朝刊
(転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000021-mailo-l10)


様々な発見を紐付けていくと、また新たな発見が生まれますね。非常に興味深いです。続報を待ち望みます。
宮崎宏彰でした。



[関連キーワード]
宮崎宏彰 歴史・考古学 宮崎宏彰ニュース 宮崎宏彰 歴史・考古学ニュース 宮崎宏彰 金井東裏遺跡 宮崎宏彰 発掘 宮崎宏彰 足跡 宮崎宏彰 群馬 宮崎宏彰 分析 宮崎宏彰 詳細 宮崎宏彰 古墳時代後期 
[注目ワード]
大宮hmv 吉沢亮 小芝風花 ここにしかない景色 清水崇 中村隼人 指定感染症 魔女の宅急便 実写化 角野栄子
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 4月23日(火)のつぶやき | トップ | 4月24日(水)のつぶやき »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-04-24 14:03:54
宮崎宏彰さんこんにちは。
私もこうした考古学のニュースを見ると、歴史のロマンを感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事