レトロの小部屋

紙物を中心に古物を集めています。

官製 通常はがきの歴史 4

2018年07月04日 10時24分20秒 |  通常はがきの歴史

明治32年(1899)1月、手紙3銭 はがき1銭5厘となりました。
明治39年(1906)7月5日発行のはがきです。

明治44年(1911)料額印面に七宝の一つである「分銅」をあしらって、後に分銅はがきと呼ばれました。

往復はがきです。
初期には発信用と表記されたものが、往信の表記に変わりました。

返信用は返信と変わりました。大正11年の日付です。

大正12年(1923)関東大震災、縮小されたはがきが11月15日発行されました。


往復はがきです。往信面。

返信面。

大正14年(1925)5月1日元のサイズの分銅はがきに戻りましたが、下段の逓信省発行、印刷局製造の文字は消えました。

次回から昭和に入ります。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 官製 通常はがきの歴史 3 ... | トップ | 官製 通常はがきの歴史 5 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

通常はがきの歴史」カテゴリの最新記事