レトロの小部屋

古いものと、植物が大すきです。

中国針山(唐子針山)

2017-05-19 09:10:32 | 裁縫箱周辺

デパートの中国物産展で買ったのは1970年(昭和45年)頃だったでしょうか。
辮髪で同じ顔した10人。

使うことも無くしまっていました。

2000年(平成12)頃、小さなお店で発見した12人の唐子。
価格は210円。消費税5%で10円は税。裏に価格シールを残しています。

10人のと比較すると布の光沢が少し落ちます。

わきの下をくすぐると「きゃ~」とくすぐったがってみんな落ちる、ということは無い。


ある日の縁日、露店で女店主が並べていました。
曰く、「私が中国のデパートで買ったのよ」と。昔のセレブっぽい風情が漂う人でした。
「へー、もしかして1ドル360円の時代?」「かもね、忘れたわ」ですって。

そして次に出会ったコレは、色が顔に移っていました。

足の開き方が少な目な感じがします。

誰かの手づくりらしい。誰かは中国の人?日本の人?少しお顔が雑ね。

 先日露店で5人のを見ましたが、日焼けして脱色していたのでパス。

今日2017-11-21発見。
一人のもの。

そして今日2018年2月4日、カボチャを囲む6人。

シェアーハウスなんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 編み針のかぎ針 | トップ | 女学校生徒の作品 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

裁縫箱周辺」カテゴリの最新記事