美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

映画・男女逆転<大奥>

2010年10月04日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

 

楽しみにしていた映画、見てきました~

今回も、初日鑑賞です

初日動員17万人!凄いコトですね~~~

 

徳川の時代―

謎の疫病によって、男の数が激減。

そして、男女逆転の世界が誕生する。

将軍は女。

仕えるは美しき男たち三千人。

 

隔月刊誌「メロディ(白泉社)」で連載中の、

よしながふみさんの作品「大奥」の映画化です。

09年の手塚治虫文化賞も受賞している人気漫画。

よしながふみの作品が大好きな、みゅうみゅう、コレは見逃せません!

今回、まず、驚いたのが映画とはいえ、ビックリの豪華俳優陣・・・!

主演は、「嵐」の二宮和也さんと柴咲コウさん。

そして、脇までずら~~~~~~~っと、主役級が並びます。

ちなみに、監督は、

「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀監督です。

 

男女の立場が逆転した江戸城の大奥を舞台に、

そこで繰り広げられる人間たちの、

野望や嫉妬、策略に愛憎、思惑や駆け引きが描かれています。

「男女逆転大奥」とゆ~コトで、色物映画を想像する方もいらっしゃるようですが、

そこは、さすがのよしながふみ。

しっかりとした時代考証に構築能力の高さです。

美しい男性だらけ~!を、ただ楽しむ映画にはなっていません。

ただ、ちょっと残念だったのが、

漫画で描かれている、その上にあるコミカルさ、が少なかったコト。

でも、かなりの濃密さで仕上がっていましたよ^^。

みゅうみゅうは、満足しました。

 

今回、一番艶かしかったのが、一番下の場面

玉木演じる松島と、蔵之介演じる藤波のカラミシーン。

ぞくっときちゃいました、みゅうみゅう^^。

そして、今回初めて気になった俳優として、

垣添を演じていた中村蒼。

可愛かったの~~~~~(笑)。

  

<大奥>

   オフィシャルサイト → http://ohoku.jp/

  YouTube     →  大奥 予告編

 

 

あらすじ。。。

男子だけを襲う謎の疫病が席巻した江戸、徳川の時代―。

8割の男が死に至り、全ての重要な仕事を女が占め、

男が体を売る男女逆転の浮世。

そんな世で最も贅沢を尽くした場所。

それは、1人の女将軍に、

三千人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥だった。

そして今、一人の若き侍が、その扉を開けようとしていた・・・。。。

 

 

女より美しく、男よりも強く。

男女逆転の江戸時代―。

誰もみたことのない大奥の扉が開く!

 

キャスト。。。

二宮和也 ( 水野祐之進

      ・・・器量と剣の腕で大奥での出世を遂げていく、貧乏旗本の子息。

      「ここは暗い・・・。

      輝くばかりの美貌や才能を持つ者たちがひしめいているというのに、

      みなの心が暗いのだ・・・。」 )

柴咲コウ ( 徳川吉宗/第八代将軍・・・策謀の果てに将軍の座を掴んだ女傑。

      「私は知りたいのだ。この国の民がどう生き、何を感じているのか。」 )

堀北真希 ( お信・・・叶わぬ恋に生きる大問屋の娘。

      「旦那なんかいなくたって生きていけます。

      男と違って女は強いですから・・・。」 )

佐々木蔵之介 ( 大奥総取締役の藤波

      ・・・その力を表の政にも及ぼそうと企む大奥最大の権力者。

      「我らを敵に回して

      表向きの政がうまくいったためしは一度たりともない・・・。」 )

和久井映見 ( 加納久通

      ・・・穏やかな表情に切れ者の一面を隠す、将軍吉宗の腹心。

      「噂以上に大奥とはすさまじき所でございますな。」 )

大蔵忠義 ( 大奥表使いの鶴岡・・・自他共に認める大奥最強の剣士。

      「この大奥で大切なのは、美しい顔と処世術よ!」 )

中村蒼 ( 大奥呉服の間の垣添・・・淡い恋心を抱く純真なお針子。

      「何も入りませぬ・・・。ただ、思い出を・・・。」 ) 

玉木宏 ( 大奥御中臈・・・美貌、聡明さに際立つ、大奥究極の美男。

      「この先、大奥にて見聞きする事、一切他言無用である。」 )

阿部サダヲ ( 大奥御三の間の杉下・・・生きるために大奥にあがった古参の男。

      「役にも立たぬ金魚鉢の中で、

      ただ飼われている事が我らの仕事なのだ。」 )

倍賞美津子 ・ 竹脇無我・細田よしひこ・菊川怜・金子ノブアキ・三上真史・・・etc。

 

 

続編あるかな~?あると、いいな~

だって、まだコレ、原作では第1章の「水野・吉宗編」だけですもんね。

現在6巻中の1巻のみですよ! 

と、ココで映画「大奥」の感想&あらすじ、終わります。

 


コメント (14)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« おくるみ【小次郎】 | トップ | クラシックの演奏会<東大フ... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (q)
2010-10-04 19:52:59
トラバありがとでーす
風の吹くまま気の向くままのqです
映画異様バカ好き愛しい両親と3猫達と犬のいるqでーす
さてさて「大奥」ですが
「大奥が宝塚で舞台化したらこんなの出来そう」とか思ったりもしましたけど
面白かった~~
そっちの世界に免疫がないとダメかもしれないけど・・・
「もしかしたらこんなんもアリかも」って思うと楽しい作品でした
当代のイケメン勢揃い(月9ドラマも無理よ) ゴージャス盛り
そして。愛しの阿部サダヲ様
んもぉぉぉっサダヲ様ったら決めたわ
と面白く観てました
イケメン達のコスプレ
イケメン達とBLフェイク
イケメン達があなたの周りに・・・
あぁ これぞ正しきイケメン並び映画
がはははははは
Unknown (kuni-92)
2010-10-05 12:29:31
”大奥”見に行く予定です。
娘たちと約束しているのですが、休みが合わずいつになることやら・・・ちょうど話していたときに、私が、みゅうみゅうさんのブログを開いたところだったので、見たさ全開になりました。たのしみ~!
詳しいですね (orive)
2010-10-05 14:15:21
こんにちは。コメントありがとうございます。私は原作を読んでないのですが、続きがあったら楽しみですね♪ブログのコメント読んでたら映画のシーンが甦りました~。確かに、あのカラミはドキっとしちゃいますね!!
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-10-05 14:28:27
qさん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれて嬉しいです。
  そうですね~~~^^
  本当に、驚くほどの豪華な俳優陣でしたね。
  ドラマじゃ叶わない組み合わせですね!
  色々なタイプのメンズ、勢ぞろい!
  きっと、たくさんの女性がになったコトでしょう~^^
  
おすすめです^^ (みゅうみゅう)
2010-10-05 14:33:39
kuni-92さん→よしながふみの漫画は読まれましたか?
  あの世界が、ココに!とゆ~感じです^^
  ちょっとHな場面も散らばっていますが、
  時代考証のしっかりしたストーリーで、
  素晴らしく仕上がっています。
  特に暴れん坊将軍・吉宗役の柴咲コウが、イメージぴったりでした。
  
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-10-05 14:36:24
oriveさん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれて、嬉しいです。
  とにかく豪華なキャスト。
  見応えありましたね~~~^^
  原作もいいですよ~。 
  今度、是非!^^!
  
はじめまして (憂鬱なゆい)
2010-10-08 10:47:40
みゅうみゅうさん、はじめまして。憂鬱なゆいと言います。TB投稿ありがとうございました。

映画よかったですよね…時代考証のとおり進む逆転劇…柴咲コウさんがはまり役でした♪

みゅうみゅうさんのブログ…自然やクラッシックや楽しいですね。

また遊びに参ります。
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-10-09 12:38:30
憂鬱なゆいさん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれて嬉しいです。
  ホント!
  芝咲コウさん、はまり役でしたね!^^!
  格好いい女性。
  みなさんのブログを回っていたら、
  ある男性の方が、抱かれてぇ~って言ってました^^

  私も、憂鬱なゆいさんのブログ、
  また遊びに参ります~~~!^^!
  よろしくお願いします。
Unknown (キーブー)
2010-10-09 20:40:05
トラックバックいただき、ありがとうございます(*^_^*)
私はマンガの方は読んでないんですが、どうやら続編も作れそうですね。楽しみです♪
Unknown (ふじき78)
2010-10-10 02:25:10
うわあ、男だから男同士はこっぱずかしいだあよ。

大奥総取締役の佐々木蔵之介の美男の定義がマッチョとか毛モジャとか変な好みじゃなくって良かったと思います(でも美男揃いだったとは思わんけど)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>」カテゴリの最新記事