美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

映画<借りぐらしのアリエッティ>

2010年07月18日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

 

早速見て来ましたよ~

ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>

 

ぼくは、あの年の夏、

母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。

そこでぼくは、

母の言っていた小人の少女に出会った――。

人間に見られてはいけない。

それが床下の小人たちの掟だった。

 

イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、

古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。

日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行されています。

この映画のポイントは、

舞台を、1950年代のイギリスから、現代の日本に移したコト、

そして、ジブリアニメならではの、描写の細やかさ、

ストーリー性はないものの(消化不良的)

今の社会や地球環境へのメッセージが強く描かれているコト、でしょうか。

 

みゅうみゅうは、中でも、「歌」「小人の生活描写」「水」に目がいきました

 

まずは、セシル・コルベルとゆ~女性の、素晴らしい「歌」。

コレなしでは、この作品は成り立ちませんね~!^^!

心の奥底まで響いてくるような、古き欧州的な音楽と、

強さと、透明感のある歌声。

何度でも聴きたくなります。。。 

 

「小人の生活」は、見ていてわくわくしますね。

例えば、ボタンや切手が、絵皿や絵のように使われていたり、

鉛筆キャップが、一輪挿しになっていたり、

両面テープが、壁のぼりに使われていたりするトコ。

いいですね~~~!^^!

 

そして「水」の描写の綺麗さ。

小人から見た水の分子って、こんな感じ?

とにかく綺麗なんです!^^!

葉っぱの上の水滴、お茶を入れる時の水の動き。

さすが、ジブリ!って思いました。

 

この作品は、絵と音に注目!ですね!!!

 

<借りぐらしのアリエッティ>

   オフィシャルサイト → http://www.karigurashi.jp/index.html

  YouTube     → http://www.youtube.com/watch?v=Ak_ogRodsdw

 

 

あらすじ。。。

古い家の台所の下に住み、

暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる、

”借りぐらし”の小人たち。

そんな小人一家の14歳、アリエッティは、

好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。

魔法を使えるわけでもない、妖精でもない、

人間に見られないよう、目立たないよう、

慎ましく、用心深く営まれる、小人たちの生活。

そんなアリエッティと人間の少年が出会い・・・。

 

 

I'm 14 years old. I'm pretty 

元気な 小さい Lady 

床下に ずっと 借りぐらししてたの 

 

声優。。。

アリエッティ:志田未来

  ・・・小人の少女。14歳。本作の主人公。

  好奇心旺盛で、すごく真っ直ぐな女の子。

翔:神木隆之介

  ・・・人間の少年。12歳。心臓が悪い。病気療養のため、やってきた。

  体の弱さに希望をなくしているも、芯の強い男の子。

ホミリー:大竹しのぶ
  
  ・・・アリエッティの母親。借り物を工夫して、家庭を切り盛りしている。

  おっちょこちょいで、少し心配性。

ポッド:三浦友和

  ・・・アリエッティの父親。毎日、危険な”借り”に出かけている。

  昔の、日本の頑固一徹のオッサンみたい。

貞子:竹下景子

  ・・・翔の祖母の妹で、いわゆる大叔母にあたる。古い屋敷の家主。

  穏やかで、上品な、おばあさま。

ハル:樹木希林

  ・・・貞子の家政婦。何十年も住み込みで働いている。

  おっせかいで、パワーのあるオバサン。

スピラー:藤原竜也

  ・・・小人の少年。弓を持ち歩き、一人で野生的に暮らしている。

  芯が強い男の子だが、少し悲しそうな表情を持つ。


コメント (22)   この記事についてブログを書く
« 畑日記 7/11日号 vol.1  | トップ | 畑日記 7/11日号 vol.2  »
最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ゴーダイ)
2010-07-19 13:16:12
アリエッティの記事ではないのにTBありがとうございます。
私はジブリ作品は苦手なのですが、この映画は面白いみたいですね。
しかし、やはりストーリー性は薄いですか・・・でも練りに練ったストーリーを見せてくれるピクサー映画と対極的でいいのかもしれませんね。
向島鳩居堂 (はじめまして)
2010-07-19 17:48:01
TBありがとうございます
私はとても気持ち好く観ました

仰るように絵と音楽の素晴らしさは、世界にも誇れる秀逸さではないでしょうか
夏~1週間過ごした♪ (ニワチャン)
2010-07-20 10:32:18
にゃにゃにゃ。。。
こんなのやっているのですかっ♪
そそられますなあ~観たみたい。。。夏にヒットしますよね、こういうのこの暑さの日々で是非観たいですなぁ。

あの夏に、1週間過ごした場所での出来事・・・
夏に似合う~^^ドストライクがイッパイ詰まっているような作品ですなぁ~
いいですなぁ~
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-07-20 12:13:14
ゴーダイさん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれてうれしいです。
  ゴーダイさんの文章は、読んでいて面白く、
  納得するような話ばかり。
  ストーリーのピクサー、
  メッセージのジブリ、とゆ~感じなのでしょうか?
  展開は穏やかながら、あちこちに、
  今の人間社会に対するメッセージが織り込まれた作品に仕上がっていました。
  綺麗な画像に釘付けの、みゅうみゅうでしたよ^^
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-07-20 12:15:34
向島鳩居堂さん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれて嬉しいです。
  綺麗な画像と歌~♪
  引き込まれましたね。
  一気にバン!と魅せる作品とゆ~よりは、
  繰り返し見たい!と思う作品でした。
  私は、こ~ゆ~の好きです!^^!
綺麗でした~~~^^ (みゅうみゅう)
2010-07-20 12:19:00
ニワチャン→ファンタジー小説が基になっています。
  植物もたくさん描かれています。
  初夏~秋口までのものが一気に!
  不思議な感じですが、また、それも綺麗です。
  ホチキスの針が、梯子になっていたり、
  細かな絵にも引き込まれます。
  お時間があったら、ぜひ!^^!
コメントありがとうございます (ゴーダイ)
2010-07-20 14:03:31
ジブリはとにかく画力が半端無いですよね。あれをサブカルチャーのアニメでやられてしまったら、芸術家は太刀打ちできないですよw。

私はジブリ映画では「紅の豚」と「魔女の宅急便」「となりのトトロ」あたりは夢があって好きです。
もちろん宮崎監督の映画初監督作「カリオストロの城」は100回近く見ています!

また気軽にコメントください。
セシル・コルベルさんの歌がすてき! (akichi)
2010-07-20 14:32:19
こんにちは(^o^)v
TBありがとうございます。
確かに、音楽が画像とよくマッチして、
ステキな雰囲気がありましたよね。
絵の繊細さと歌の透明感が心地良かったです~
ですね^^ (みゅうみゅう)
2010-07-21 12:57:42
ゴーダイさん→他のアニメと比べると段違いのような気がします。
  他のアニメでも、世界から比べると、
  凄いですけどね^^;
  私もトトロ好きです。
  そして耳をすませば、なんかも好きですね^^
あっとゆ~間 (みゅうみゅう)
2010-07-21 12:59:23
akichiさん→絵と音と、
  引き込まれてる内に、あっとゆ~間に終わってしまった気がします。
  凄かったですね~~~。
  また見たいな~って思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>」カテゴリの最新記事