Capriccioso 街角の本屋 +++ miyu's room+++

「ひとりごと」を言うのではなく書こう☆という感じの日記です。
我がまま、気ままに、そこはかとなく…

the bridge

2013-02-27 | Weblog

イベントの打ち合わせに【the brige】さんにお邪魔しました

このSHOP そもそも
「青木カレンと丈青のX'masイベントがある
とお誘い頂いていたのですが、予定が合わず断念
その時初めてこんな素敵なSHOPがあるんだと知りました。
丈青さんの音楽、生で聴きたかったな


倉庫をそのままお洒落に利用したSHOP

写真が中途半端でごめんなさい
広々してるから気にならなかったけど
とっても沢山の人がいて、写真にはいらないように
するとこんな写し方になっちゃいました

ギャラリースペースが2つ

多目的なオルタナティブスペース

BOOKカフェが併設されていました

随時、様々なイベントが行われているようです

中には参加無料のものもあるようですので
ぜひチェックしてみてください

ちなみにコーヒーは湯布院と別府のコーヒー屋さんからの取寄せで、
私は大好きな別府の【KAME COFFEE ROASTERS】のにしました


↓↓おまけ画像♪

こーんなお野菜も何故かレジ近くで販売
楽しいお店です


【the bridge】
大分市中央町3-3-19
097-532-6656
イベントにより貸切りだったり
営業時間が異なってきます。
直接お店にお問い合わせ下さい。
コメント (4)

映画『きいろいゾウ』

2013-02-25 | Cinema
映画『きいろいゾウ』を観に行ってきました


原作はかなり前に読んでいて、西加奈子さんの
作品の中では一番好きな小説です
そういう作品は映像化されちゃうと、
観るのは避けるタイプの私です。
よくある自分が作り上げちゃったイメージと
ズレるのが怖いってやつですね

でも友人に長崎ランタンフェスティバル行きのバスの中で
「すっごいよかったよぉ」と勧められ、
チェックしてみたら既に一日一回上映に
せっかく観るならDVDでなく大きなスクリーンでと
慌てて行ってきました

でね、結論から言うと「すっごいよかった
宮崎あおいさんがツマ”のイメージ通り、イメージ以上
天真爛漫だけど不安定要素たっぷりで、って
私が勝手に作りあげたイメージだけど

ネタバレになるかな… 気をつけて書きます。

海へ行くシーンがあるのですが、この時のツマの気持ち、
ここを丁寧に表現してくれてほんと嬉しい
男性には解りづらい感情かな?と思うので、
監督がここを大事に表現してくれてほんと嬉しかった

この小説で好きな部分って訳じゃないけど、
グジャグジャで本人も持て余すような、でも
疎かにされると「違う、違う、違ーうっ!」っていう感情

ちゃんと説明しようとしてもグチャグチャで、
(ここはグシャじゃなくグチャね)
怒ってるとか思われがちだけど、それはちょっと違ってて
うまく表現できない位悲しくて

私はよく「もういい…」って黙ってしまったり
メールも「うん」一言しか書けなかったりするんだけど
ここでのムコさんは無理に説明求めず
気持ちにちゃんと寄り添ってくれる
あーいいなって思ってたシーンなので、映画の表現も嬉しかったです。

と書きながら我ながら文章力ないな…
ごめんなさい、わかりにくいよね
えーっとあの、原作読むか映画観てください
きっと共感できる部分あると思います。申し訳ないっす


西加奈子さんは直木賞にもノミネート、
本屋大賞にもノミネートされ、大注目作家ですよね

ほんわかしてるようで、作品の中にはグロいものもあり、
人によってはちょっと苦手という意見もなくはないですし、
私も小説によっては読み飛ばす部分もあるのですが(ごめんなさいっ)
この小説を読んでない方には是非読んで欲しいなと思います。

いい映画を観ました
オススメしてくれた、うん、名前出しちゃえ
美樹ちゃん、ありがとぉ
あー、また映画熱があがりそう

とりあえずコレは観る予定です。

まだわかんないけど。
またフラっと他の映画観に行っちゃうかもだけど
コメント (7)

長崎ランタンフェスティバル

2013-02-23 | Weblog
長崎の冬の一大風物詩『ランタンフェスティバル』が
20周年記念イベントと聞き、お邪魔してきました

今回は初のバスツアー利用
一緒に行く友人がいろいろ調べてくれたのですが
ツアーで行く方が断然安いんですよね
バスツアー自体にも興味があり、コチラで参加に決定。
友人と予定を合わせ申込みました
いえ、正直言うと友人が申込みから払込み
オプションの検討…すべてしてくれました ありがとー



前日まで雨が降っていましたがこの日は快晴
いつも書きますが私は晴れ女そして一緒に行った友人も晴れ女
ちなみにこの翌日からまた雨が続いたんですよ

当日は20周年記念のいつもと違うイベントがある日で
大人気だったようで、バス3台で出発
他の旅行会社も多かったみたいですよ

途中、反対車線で観光バスの事故が
バスの前方が恐ろしいことになってました
幸い死亡者はいなかったようですが、やはり怖いですね。

有難いことに順調に長崎に到着。
でもここがバスツアー 
すんなり目的地へ連れてってくれません


まずバスの中でおやつと称し『カステラ』を食べさせられ
カステラ工場見学です


でもまあ、こんな機会もなければ
カステラ工場なんて見る機会ないしな
2,3年前、工場見学って流行ったし

でね、でね、なんと焼きたてほっかほかの
カステラを食べさせてくれたの
これが写真撮れなかったんだけどふわっふわで、
カメラ構えられないくらい
ほっかほかで、まじに「美味しい
卵の味がね、優しいけどしっかり主張していて、
『ぐりとぐら』になった気分
絵本の中でみんなが焼きたてカステラを「おいしい」と
言っていたのは嘘じゃないんだ!と実感しました

思いがけす絵本好きの気持ちまで満足してしまい
バスツアーってすごくいいと思えてくる単純な私
次バスが向かったのは『園田真珠』 


ここではしっかり『長崎ちゃんぽん』と『長崎皿うどん』を食べました
『酢豚』と『春雨スープ』『杏仁豆腐』と『ご飯』もセットです。
ってこれ全部一人で食べたんじゃないからね
これは6人分です


そんなこんなでやっと中華街に到着
ここから夜の集合時間までフリーです

アチコチに『福』が逆さにぶらさがってます。
一緒に行った友人に教えてもらったのですが
『福』が逃げないように逆さにして吊るすんだって


見て、見て、豚まんがこーんなに可愛い

角煮もこーんなに可愛い


中華街のアーケードを通り抜けると【新地中華街会場】です。
広場には屋台が多数出店してます
中華街も賑わってたし、お昼食べないまま来ても
充分お腹いっぱい食べれそうです


賑やかなおめでたいお飾りお正月だもんね


そしてあの有名なお供え コレじゃわかりにくいので、
あまり気持ちはよくないけど拡大・・・
↓↓↓

勿論本物です作りものじゃないよ〜

 
オブジェは暗くなって灯りが入ると
また違った雰囲気になるんだそう
男女ペアのオブジェは『金童玉女』
新作で中国吉祥図柄より製作したんだそうです。
子供の善男善女のベストカップル。
どこのお飾りでも二人でいました。
金童は富をもたらし、玉女は玉のように
美しい女性のことで幸せを招くんだって

そのまま山の方へ進み『唐人屋敷会場』へ
ここでは『ロウソク祈願四堂巡り』が行われていました


 
土神堂→福健会館→観音堂→天后堂
ちゃんと順路を分かりやすく表示してくれてます
途中普通のお店も店先で販売してたり、屋台も多数あり


昨年から新たに始まった『桃色ランタン』
夜は銅座川一帯が桃色に染まるそう 楽しみです

『浜んまち会場』へ向かっていたら、
賑やかな音楽が聞こえてきました
そして音が動く感じもなかったので
何かイベントかなぁと思っていたら・・・

婚礼パレードが信号待ちしてたのでした

【長崎ランタンフェスティバル】が20周年ということで
今年は『中華大婚礼』が行われるとのこと

公募で選ばれた新郎新婦

写真取り終わった瞬間にコチラを向いてくれた新婦
きれいな方でしたよ

『浜んまち会場』でお土産を買い、しばし休憩
カフェでまったりコーヒータイムです
バスからずーっとおしゃべりしぱなっしな私たち
あっという間に時間は過ぎ、外が暗くなってきました


ランタン祭りは夜も楽しみさぁ忙しくなるよっ

『崇福寺』は17:00以降入場無料になります

長崎はご存知の通り坂の町
ちょっと高台に出ればとてもきれいな眺めです


『中島川公園会場』
写真ちっちゃいですが眼鏡橋です。
夜になって人が更に多くなってきました

黄色とピンクのランタンがっても可愛いの


『中央公園会場』
 
沢山の大きなオブジェがあり、シマウマやパンダなど動物もありました

ステージでは音楽や芸能などがあり、屋台で食べ物を買って
楽しんでる方が多かったです


 
やっぱ灯りが入るときれいです



私たちも屋台でお買い物

私はお初で楽しみにしてた『ハトシ』
海老のすり身などを食パンで挟み、油で揚げたものです。
料亭で卓袱(しっぽく)料理の一品となりその後、
一般家庭料理になったそうです。美味しい


『クジラカツ』揚げたてを歩きながら食べちゃった
尚更美味しい長崎の夜の屋台


集合時間ギリギリだけどどうしても見たかった
桃色ランタン一色の銅座川

写真のセンスと技術がなくてごめんなさい
昼間とうって変わりほんとに桃色一色
川にも桃色が映っていて、とっても幻想的なの
あーやっぱデジカメ勉強したーい
noちゃーん、百崎せんせーい

そんなこんなで集合時間ピッタリでバスに戻った私たち。
とんでもない人混みに絶対迷って人もいるはず…と思いきや
私たちが一番最後 みんな5分前集合だったみたい
ひゃーごめんなさいっ

でもね、長崎ランタンフェスティバル
思う存分楽しみました
これもお仕事の合間をぬって問い合わせや予約
支払いまで済ませてくれた友人、
梶川美樹ちゃんのおかげです

あとね、ブログで知り合った長崎のくーこさん
そしてくーこさんのブログで私のコメを見て
アドバイスをくださったhanamomoさん
全く知識もないままだったので、
ほんとにほんとに助かりました
おかげさまで限られた時間を十二分に使う事ができました
ありがとうございました

沢山の感謝をこめて
コメント (8)

February of 大神ファーム

2013-02-20 | Weblog
立春も雨水も過ぎ、暦の上ではすでに春
でも新暦と旧暦の違いもあるから
まだまだ、今日なんてかなり寒いです

雨水の前に、例年よりちょっと早めに
大神ファームに行ってきました
毎年、大神ファームのミモザが咲くと
「もう春だよぉ」って感じで、
ミモザが咲くのをとっても楽しみにしてるんです

ミモザはまだまだなのですが、1月の地方新聞に
大神ファームの写真が掲載されてて
この時期でもお花が楽しめると知り、
暖かい日をねらってお邪魔しました


早咲き菜の花に間に合いました 満開


この日はほんと暖かくて、お花も気持ちよさそう


エリカも咲いてましたよ


海のキラキラを撮りたかったんだけど
写真、ちょっと勉強したいな


菜の花は散るという印象が強くて、私はあまり
花瓶差しにはしないのですが、素敵なアレンジですよね
真似したくなりました

↑桜のロウソクと一緒にお花のアレンジ

↑可愛いですよね

↓そしてお店の中にはこんな春も

おひなさまってやっぱりいいよね
何だか幸せになる〜 今年はひいな祭を見にいくかなぁ
でも古い人形って少し怖いかも


SHOPには桜などのお花のモチーフが多かった気がします。
やっぱ「春」はお花ですよね

暖かい日差しの中、春を待つ大神ファームでした


春の訪れを告げるミモザも蕾をたっくさんつけて
スタンバイ 春はもうすぐですね
コメント (2)

HIBINO Bakery+Cafe

2013-02-15 | Weblog
国産小麦と天然酵母のパン工房HIBINOさんが
期間限定でSHOPをOPENされていると聞き、行ってみました


イベントスペースとして色々な方々に
場所を提供されているPUNTO PRECOGさん

コチラでHIBINOさんが2月と3月の日曜と月曜のみ
パン&カフェ屋さんをOPEN

HIBINOさんのパンと言えば『おくど市』などの
イベント時でしか手にいれたことがありません
工房にお願いすれば、予約販売してくださるとは
聞いているのですが…

↓ありました。少しわかりにくい場所かな
西方寺通りにありますよ。

12:00頃にはお店に伺ったのですが、すでに
「フォカッチャ」など売り切れてるものも多数
まだ1時間しか経ってないのにさすがHIBINOさん

大好きな「チョコと木の実と種のパン」が残ってて
よかった「ベーグル」もまだありましたよ

バレンタイン限定で二日間のみの販売の
「プルーンスコーン」発見
二日間のみって書いてあって、コレは購入せねばと
すでに手にとっていたチョコスコーンを戻しお会計



↑丁度出来上がってたランチメニューの写真を撮らせて頂きました。 
時間をかけ発酵させたHIBINOパンに旬のお野菜。
スープも丁寧に作られていてとっても美味しそう
お店の2Fで食べられるようになってます


ランチにプラス¥200でお願いできるコーヒーはなんと
『KAME COFFEE ROASTERS』さんのもの
うわぁ、お休みの日にゆっくりきたいなぁ

期間限定ショップ【HIBINO Bakery+Cafe】
HIBINOさんのパンは、予約すれば工房へ
買いにも行けるみたいだけど、自分や家族分だけの
少量って何だか予約しにくいなぁ・・・と思ってたので
このショップはとっても嬉しいです
OPEN期間中、また寄りたいと思います


【HIBINO×PUNTO PRECOG Bakery+Cafe】

別府市元町3-5 PUNTO PRECOG
090-2075-1006
期間限定 2月と3月の日曜と月曜OPEN
11:00〜16:00 パンが売切れ次第終了

詳細はHIBINOさんのHPをチェックされてください。
http://hibinopan.com
コメント (2)

沖縄旅行 2

2013-02-12 | Weblog
一夜明けて沖縄の朝

↑写真は沖縄の夜←おいっ


市場で散歩でもしようかなと思っていましたが
前夜ウロウロしたし、沖縄時間なのか
ホテル内の時間も気のせいかゆったり
日常のバタバタを忘れ、ゆっくりとした朝を過ごしました

チェックアウトしてフライト時間まで観光です


まず首里城 ここも首里城跡として世界遺産ですね
約500年にわたって琉球王国の城であり続けた首里城
復元された建物ですが、やはり厳粛な雰囲気です。

毎朝、御開門式(うけーじょー)という儀式で開門するそう


『首里森御嶽』
神が築いた聖地とされてる首里城公園内では
一番格式が高い拝所なんだそうです。


『書院』・・・写真失敗してる



お庭の向こうには『鎖之間』という控え所
『鎖之間』は懇談する施設だったらしく、実際に
さんぴん茶と琉球菓子を食べられるようになってました
きれいな琉球衣装をまとったお姉さんに呼び込まれたけど
ここでお腹いっぱいになるとこれからが楽しめないのでやめました


正殿内は朱色も艶やかな格調高い空間
上の写真は国王が2階から1階にある玉座に
出御する為の階段 『おちょくい』と呼ばれるそうです


↑『御差床』玉座 
龍は国王の象徴とされ、正殿のあちこちに
装飾されていました。ガイドブックによると
沖縄の龍は中国皇帝への配慮から、
爪の数が1本少ない4本になってるんだって


国王はこの椅子から何を想い眺めたのかな


首里城公園にはレストランや売店もあるのですが
沖縄定番のアイスショップ『ブルーシール』では
紅芋やサトウキビなどのフレーバーがあり人気

そしてなんと一番人気は首里城限定のこれ↓

私の本名をご存知の方は吹き出すはず
いえ食べませんでしたよ


まだまだ整備途中の首里城
国王が日常をすごした『黄金御殿』などこれから整備されるそうで
また訪れたいなと思っています。


そんな首里城を後にして向かったのは『斎場御嶽』

こちらは世界文化遺産 琉球王国最高の聖地なんだって

朝、シャワーも浴びたし、丁度よく断食状態
実は、私の実家には仏壇もない、どちらかというと神様系の我が家です。

宗教的な事は全然知識ないのですが、こういうパワースポットって
かなり神聖な場所なんじゃないかと思うんです。
なんかね、パワーももらえるけど、紙一重で違う怖さも感じます。

とか言いつつ・・・断食も偶然だし、シャワーもお清めというより
眠気覚ましで、難しいことは何にも考えてなかったんですけどね


『御門口(うじょうぐち)』をのぼり
『大庫理(うふぐーい)』『寄満(ゆいんち)』
『シキヨダユルとアマダユルの壷』へ


途中、お供えものをしてお参りしている方々に遭遇
しかも二組。沖縄の方には今も多くの方に
崇拝されているというのはほんとなんですね。


そして『三庫理(さんぐーい)』これらの名前は
さっき行った首里城内にある部屋と同じ名前なんだそう。
やはり国家と信仰は切っても切れないものなのかな。


そんな神聖な場所でバシャバシャと写真撮ったりして
いいのかなと不安になりながら(いや、撮ってるし
幸せの架け橋がある南条と知念岬公園へ



知念岬公園ではパラグライダーを楽しむ方々が

私は高いところが苦手なので駄目ですが、気持ちよさそうでした


その後はちょっと遅くなったけどブランチがてらの昼食です

道順的によさそうな『カフェくるくま』をチョイス
目の前に広がる海と空がすごく素敵な
そして何故かタイ人が作る本場カレーが有名らしいお店です

昼食時間は過ぎていたのに、かなりの順番待ち
でもその間に薬草園やショップなどで時間をつぶせます

順番が近づいたらちゃんと携帯鳴らしてくれるの
貝殻などを使ったランプ作り体験もできます


↑そして私たちが食べたのは『くるくまスペシャル』と


↑『クンオップウンセン』  
わけっこして食べましたよ


で、『ニライ橋』と『カナイ橋』からの絶景を楽しみながら
空港方面を目指します。 でもまだ時間的に余裕があったので
『沖縄アウトレットあしびなー』に寄り道

なぜ沖縄まで来てアウトレット(笑)という感じですが
春向けのコートとかブラウスとか買っちゃいました

シークヮーサーのジェラートも食べちゃった
すっきりさっぱり味
これを外で食べても全然寒くないんだもんなぁ

レンタカーを返却し、空港まで送ってもらい
空港内でお土産探しや試食を楽しんで、飛行機に

帰り着いた福岡空港は、ちゃんと空調も効かせてるだろうに
やっぱりさむーい
すぐにジャケットを着こみましたそれでも寒い

さぁやっとおしまいです
たった一泊の旅でしたが、とっても楽しんじゃいました
沖縄 観光客だらけでしたが、地元の方もあたたかいし
すっごく楽しいです 

本来の目的の他に観光も満喫できたし、
スーザンに再会したり、山崎拓巳さんにご紹介頂いた
お店の方とも仲良くなれて、使ったお金以上のものをもらった気がします


出会った方々、もの、すべてに感謝です
そしてこんな長いものを読んでくださった方にも感謝です
沖縄はもうハイビスカスが咲いていましたよ
ありがとうございました
コメント (8)

沖縄旅行 1

2013-02-09 | Weblog
先日、沖縄に行ってきました
用事があっての沖縄だったのですが、なにせ初めての沖縄。
しっかり観光もしてきました
いつも通り?用事の部分は諸事情により
割愛させて頂き、観光だけUPします

このブログは私はともかく、まわりの方に配慮がいる時は
影響ない範囲で書いています
佐賀とか熊本行きなどがそうですよね。
「で、何しに行ったの?」という感じで終わってしまいますが
どうぞお許しください



早朝の便で福岡から沖縄入りです。
大分から福岡より、時間的には早いんですよね
あっという間に到着です

出発時からそんなに寒くはなかったのですが
さすが沖縄。 あったかーい
コートやジャケットは必要ないです。
早速レンタカーに乗り込み、お初な沖縄をドライブです

あっという間に着いちゃったし、そんなに沖縄感を感じてなかったのですが
やっぱり沖縄。 道の駅も全然違う

まわりは観光客、『わ』ナンバーばかりです
 
↑下の黄色と青の子の覗き方が可愛い~


アグーのバーガーはアメリカンサイズ


沖縄気分が盛り上がってきたとこで、最初の観光地に到着

『今帰仁城跡』世界遺産です
 
でね、でね、ここでのお楽しみはね『桜祭り』

桜ですよ、桜 この季節に咲いちゃうんですね
沖縄の桜は寒緋桜 桜前線も北から南下していくんですって

そう、私はブログを見てくださってる方から
「いつも大神ファームに花を見に行ってません?」と
言われる位、お花見るのが好きなんです
なので寒緋桜が見れてとっても満足←おいおい世界遺産はどーした

↑上の写真、暗くてわかりにくいけど沖縄の猫ちゃん
観光客慣れしすぎ〜


サトウキビの収穫時期だったせいか、目の前で実演
体験もできるようでしたよ。 
ここのはフルーツサトウキビという品種だそうです


気分上々でそーいえば入場券売り場前でフリマやってたなぁと
覗いたらとーっても私好みの絵を発見

思わず吸い込まれるように近づいたら…
スーザンでした

(注)スーザン
TV『あいのり』に出演後、写真集なども出版し、
出版社さんと全国キャラバンなどをされていた画家さん
私の勤務先でも数店舗でサイン会をさせて頂きました



もう何年も会ってなくて、作風も少し変わっていたのですが
やっぱ私、スーザンの絵が好きなんですね 再認識しました
嬉しい再会にますます気分が上がる私
用事はこれからなのに大丈夫か、私


今帰仁城を後にして、お昼ごはんです
やっぱ沖縄にきたら沖縄名物を食べなきゃってことで
ナビを『山原そば』さんにセット


評判通り待ちます、並びます
並ぶ用のベンチも長いのが用意されてます(笑)

けど予定外のスーザンとの再会で、
お昼の時間がかなりさがっていたので、許容範囲の待ち時間

『ソーキそば』です
私のは小サイズなのでソーキが少な目。
えぇ、これで少な目です。普通のはもっと沢山のってますよ
となりの小皿は骨入れね

30年つぎ足して作ってるというスープは
独特の麺にぴたっとくる味わいで
とっても食べやすい美味しさ
ソーキの他にも三枚肉そばもあったから
次回はそっちも食べてみたいなぁ(って次回があるんかい
 

お腹も満足で次に向かうは『ワルミ大橋~古宇利大橋 古宇利島』です

ワルミ大橋は残念ながら塗装がハゲハゲ
海辺だからしょがないかぁ

そして古宇利大橋、古宇利島 当たり前だけどやっぱり海がきれい 
雲の多い、私に優しい(笑)天気だったのに
それでもきれいな色が見れるんだ


ここはお土産も充実してて、沖縄らしいもの沢山見ました

南国フルーツ 食べたことないものたくさん



↑パイナップルに見えるでしょ。でも普通のパインじゃないんです
『ピーチパイン』なんだって

↑見た目はふつーのパイナップル でもほんとにピーチ味でした

↑サトウキビ さっき今帰仁城で見て気になってたせいもあり購入。
ここのはこれが2本位入って¥100だったの
甘い、これはさすがに甘い
でもコレをかじりながら歩いた砂浜は忘れられないなぁ

海ぶどうは天然ものを試食させてくれました。
これ、ここのポン酢も美味しいです。

雲が思ったより多かったので、安心して海辺をしばし散策

しっかり『海ソフトあずきバージョン』まで食べて観光客気分満喫
快晴だったらこんなにゆっくり遊べなかったので
ほんとお天気に感謝です

この後は用事を済ますべく、那覇へ戻りました。
そしてその後、山崎拓巳さんのご紹介でとっても楽しいお店へ。。。
(注)山崎拓巳さん
22歳で「有限会社たく」を設立し、現在は3社を運営。
現在までに18冊、累計100 万部のベストセラー作家。
パリと日本を中心に世界を飛び回る毎日


一見さんお断りのお店で、看板に灯りもはいってなく
お店の前には「本日は終了しました」看板まで。
突然行っても入れませんよ

有名人が数多くいらしてるので、一般客を入れると
大混乱になるのでしょうね
(ガッキーや山P、プロスポーツ選手の方などが常連さん)

お料理も美味しくて、ここで沖縄名物は食べつくした感じです。
手づくりのジーマーミ豆腐にゴーヤ、テビチ、ちまき…
私たちの好みやお昼に何食べた?とか
すごく気遣ってくれる優しいお父さんとお母さん
(あえてお名前はふせます)
とってもよい時間を過ごせました。
拓巳さんに大感謝です

やっぱり長くなりました。  続きまーす
コメント (4)

キャンパスベーカリー

2013-02-04 | Weblog
前々から「美味しいよ」とお噂だけ聞いていて
自宅から近くはないのでなかなか行けてなかったパン屋さん
【キャンパスベーカリー】に行ってみました


お店の形が特徴的でわかりやすいです



思ったよりたくさんの種類のパンがありワクワク(笑)


菓子パン


調理パン


ハード系のパン


「どれにしよう」と悩みます。
お店の方はとっても親切で、お尋ねすると
色々教えてくれますよ

 
このチョコもおいしそうだし、チーズも惹かれます


悩みに悩んでこのシナモンスティックにしました
これがもう絶品 もう1本買ってもよかったかも


そしてこの数日後、同じ職場のパン好きな方に
食べて欲しくて(勿論私も食べたくて
買いに行ったのですが、残念ながら売り切れ
シナモンパンは割とすぐになくなってしまうそうです

この時は他のパンを数個購入したのですが
やっぱり美味しい
まだハード系しか買ったことないので、次回は
調理パンにも挑戦してみようかな


【キャンパスベーカリー】

大分市東大道1丁目6-1
097-545-8858
7:00〜18:00
 あり
定休日 日曜日

オープン時はすべてのパンが揃ってるわけではないです。
(当たり前ですね)
私の好きなハード系が出揃うのは10:00頃との事
しかも11:00にはかなり売り切れてるという
ルヴァンという生地種を発酵させてるそうで
あまり沢山は焼けないんだそう
でも種類はとーっても沢山ありますよ
コメント (11)