こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

2017年12月18日 | サ行
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
---JACKIE---
2016年(アメリカ/チリ/フランス)

監督: パブロ・ラライン  
出演: ナタリー・ポートマン、 ピーター・サースガード、 グレタ・ガーウィグ 、ビリー・クラダップ  、ジョン・ハート

「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンがジャッキーことジョン・F・ケネディ大統領夫人、ジャクリーン・ケネディを演じた伝記ドラマ。
大統領暗殺から葬儀までの4日間に焦点を当て、悲しみと混乱の中で気丈に振る舞い、自ら国葬を取り仕切るジャッキーの思いと執念を描き出していく。
共演はピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ジョン・ハート。
監督は「NO」のパブロ・ラライン。


1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスでのパレード中に狙撃され、命を落とす。
悲しみに暮れるファーストレディ、ジャッキー(ナタリー・ポートマン)を待っていたのは、新大統領に就任するジョンソン副大統領への引き継ぎや葬儀の準備、さらには幼い子どもたちに事実を説明するといったやらなければならないことの数々。
そんな中、夫が後々まで決して忘れ去られることのない、厳かで立派な国葬を執り行うと心に誓うジャッキーだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


アメリカ本国では「ケネディが暗殺されたとき、あなたはどこにいました?」という言葉が今は、「911のテロの時あなたはどこにいました?」という言葉に変わっていると聞いたことがあります。
まさに、「あの時あなたは何処で何をしてました?」
生まれてなかった、、という方が多い事と思うのですが。。。
私は小学生でした。
アメリカとの衛星放送の実験放送、本来ならケネディ大統領の挨拶が送られてくるはずだったと記憶しています。
でも、伝えられたのは大統領の暗殺でした。NHKアーカイブ
 
子供心にも大変な事が起きた!というショックを感じたことを思い出します。
なのでケネディ関係の映画は興味があります。
そんな興味でこの映画もレンタルしました。
 
ケネディ家は弟ロバートの暗殺、ジョンJrの飛行機事故と悲劇が続きましたが、キャロライン女史が駐日米大使としていらしたのは明るいニュースでした。
今後は、キャロラインの長男さんの活躍が世界の注目というところでしょうか。
 
映画は、ナタリー・ポートマン の演技はさすがですね。
きっと、ジャッキーはこの映画そのものだったのでは?っと思ってしまいます。
 
 
         
 
 


 


 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイスガイズ!  | トップ | リベンジ・リスト »

コメントを投稿