こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

世界にひとつのプレイブック

2013年02月28日 | サ行

『世界にひとつのプレイブック』
---SILVER LININGS PLAYBOOK---
2012年(アメリカ)

監督: デヴィッド・O・ラッセル 
出演: ブラッドリー・クーパー、 ジェニファー・ローレンス 、 ロバート・デ・ニーロ 、 ジャッキー・ウィーヴァー、 クリス・タッカー

 

それぞれに最愛の人を失って心のバランスを崩したエキセントリックな男女が出会い、互いの目的のために協力し合う中で次第に希望を見出していくさまを、シリアスな状況の中にもユーモアを織り交ぜ感動的に描き出したヒューマン・ラブ・コメディ。
主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス、共演にロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー。
アカデミー賞のノミネーション発表では、この4人が4つの演技部門すべてで候補となる快挙で話題となった。
監督は「スリー・キングス」「ザ・ファイター」のデヴィッド・O・ラッセル。

妻の浮気が原因で怒りをコントロールできなくなり、精神病院入りを余儀なくされたパット(ブラッドリー・クーパー)。
ようやく退院したものの、妻ばかりか仕事も家も失ってしまい、実家に戻って社会復帰を図ることに。
心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻ともやり直せると思い込んでいるパットだったが、あいかわらず突然キレてはトラブルを引き起こすこともしばしば。
そんなある日、友人に誘われたディナーで近所に住む若い女性ティファニー( ジェニファー・ローレンス )と出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くして以来、心に問題を抱えており、パットはそんな彼女のエキセントリックな言動に振り回されるハメに。
ところがティファニーはパットの妻とも知り合いで、パットがよりを戻せるよう手助けしてあげると提案。
その交換条件として、ダンス・コンテストにパートナーとなって出場することを迫られるパットだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


「ウィンターズ・ボーン」で強烈な印象を残してくれたジェニファー・ローレンス。
いつかはオスカー女優になると思っていましたが、早かったデス。。。
 
この映画も彼女の魅力満載でした。
台詞の切れ、早い動きも動かない彼女も素敵でした。
ブラッドリー・クーパーも輝いてたと思います。
若いキラキラの二人に負けてなかったデ・ニーロもさすがでした。
主演者4人がオスカーにノミネートというのも頷ける作品でした。
 
ジェニファーのダンスも楽しめました。
 
パットが妻にこだわり過ぎなのがちょっと腹立たしかったですが、最後の手紙でウルル。っていうより、そう来なくちゃ~でした(笑)。
 
 
ジェニファーが若くして主演女優賞を得るのは素晴らしいですが、この先順調に大きな女優になってくれることを願っています。
色々な役に挑戦してほしいデス。
 
 

        

       

      

      



 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« プロメテウス | トップ | テルマエ・ロマエ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう一度~ (cyaz)
2013-03-01 12:32:15
小米花さん、こんにちは^^

ジェニファー、ホントオスカーへの道、早かったですね!
でも、それに見合う演技だったと思いました。
それにデ・ニーロやジャッキー・ウィーヴァーの脇が、
甘くならずしっかりと締めていました。
せっかくオスカーに輝いたのだから、
もう一度ジェニファーに会いに行こうかなぁなんて
思っているところです(笑)
本当 (miyu)
2013-03-02 16:27:41
4人とも良かったですよね。
だからこそ作品としても良かったんでしょうし、
ジェニファーは良かったけども、
彼女1人の力ではなくブラッドリーやロバデニの
素晴らしい演技があったからこそ
だったのかもなぁーと思いましたね♪
cyazさんへ! (小米花)
2013-03-02 22:51:07
コメントありがとうございます。
確かにオスカーにふさわしい演技でした!

ただ、若くしてオスカーを手にした方は、
伸び悩みに苦しんでしまうようなので、
そうなって欲しくないな~と思ってます。
もっともっと大きな女優になれる人だと思ってますので。

もう一度の鑑賞、楽しまれて下さい~。
miyuさんへ! (小米花)
2013-03-02 22:54:47
コメントありがとうございます。

確かにジェニファーだけでなく、キャスト4名全部素晴らしかったですね。
あのデ・ニーロに負けてなかったですもの。

ラブコメとは違う路線で魅せてくれました。
ほんと・・・ (ひろちゃん)
2013-03-05 02:28:05
まさかのジェニファーの受賞でした(@_@)
ヴァルツさんといい、リー監督といい、ジェニファーといい
意外とも思える方たちが受賞して驚きました。

ジェニファー上手かったよね~。私も結構好きな女優さんだったんですが、生意気だって聞いて、ちょっと好き度が
ダウンしてしまいました(^^ゞ
若くしてオスカー獲ったことで天狗にならなければいいのですが・・・
確かオードリーへプバーンは、24才で獲ったような・・・
それより若いんですもんね・・・
いい女優さんになってほしいです(^^ゞ

作品は観ていて楽しくてホロリとして後味も良くて
私好みの作品でした\(^o^)/
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2013-03-05 21:13:55
こちらへもコメントありがとう~~。

今回のオスカーは、意外な人へと嫁いでいきましたね(笑)。

演技が上手くて期待したリンジー・ローハンがあんなになっちゃってるでしょ。
若い子が生意気なのは結構いいと思う私ですが、
ジェニファーはリンジーのようにはならないで~って思ってます。
いろいろな役の彼女を見たいですものね!

いよいよロバートの映画、4月公開ですね~。 
ひろちゃんにも会いたいデス。
こんばんは♪ (yukarin)
2013-09-18 23:33:21
8周年へのコメントありがとうございました!

ジェニファーの演技は良かったですね。
今後も良い作品に恵まれていい女優さんになってほしいです。
yukarinさんへ! (小米花)
2013-09-19 10:40:05
これからもブログを通して宜しくお願い致します。

ジェニファー、オスカーにつぶされないで
色々な役を見せてほしいと思っています。

コメントを投稿