こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

複製された男

2014年08月30日 | ハ行
『複製された男 』
---ENEMY---
2013年(カナダ/スペイン)

監督: ドゥニ・ルヌーヴ
出演:ジェイク・ギレンホール、 メラニー・ロラン、 サラ・ガドン  、 イザベラ・ロッセリーニ  
 
 
「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」でタッグを組んだジェイク・ギレンホールを 再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。
ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしま い、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。
共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ。
 

ある日、大学の歴史講師アダム(ジェイク・ギレンホール )は、同僚から薦められた映画を鑑賞していたとき、端役の中に自分と瓜二つの俳優を発見する。
あまりに似すぎていることに驚愕 し、取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始めるアダム。
やがてアンソニー(ジェイク・ギレンホール )という名前を突き止め、ついに2人は対面する。
彼らは、後天的に出来た傷跡を 含め、服装以外のすべてが一緒だった。
まったく同じもう一人の自分の存在に気づいてしまったアダムとアンソニー。
彼らの運命は、互いの恋人と妻をも巻き込 み、思いも寄らぬ方向へと向かっていくが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
--------------------------------------------------------------------


映画の冒頭の奇妙なシーンがラストに結びつく展開、というパターンは私の好み。
しかし、、、この作品は好みとは違う結末。
冒頭の何とも理解しにくいシーン。ま、これは後に繋がるのかも、、、と思って見てたんですが・・・。

ジェイクが演じる一人二役。
その展開は、興味津々で引き込まれます。
ジェイクがアクの強いアンソニーも上手くこなしてると思います。
話は進んでいよいよラスト。

え?
何これ?? 

確かに冒頭にも蜘蛛が現れたけど・・・。

ダメだ私。こういう展開には弱い。

つまり現実と空想の世界がごちゃごちゃだった、、って事なの?
面白かったんですが、、、ラストで踏みつぶされちゃった感じ、、、。



    

    

    

 




 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アナと雪の女王 | トップ | 少女は自転車にのって »

コメントを投稿