こんな映画見ました~

ゆっくりですがブログ更新を始めました。
新コロナウィルスの終息を祈っています。
テンプレート変えてみました~☆

コンテイジョン

2011年11月25日 | カ行

『コンテイジョン』
---CONTAGION---
2011年(アメリカ)

監督:スティーヴン・ソダーバーグ 
出演:マリオン・コティヤール、 マット・デイモン、 ローレンス・フィッシュバーン 、ジュード・ロウ 、 グウィネス・パルトロー、 ケイト・ウィンスレット 
 

未知の致死性ウイルスが猛烈な勢いで世界中に拡散していく中、各国関係当局の懸命の対策もむなしく、恐怖と混乱が人々を支配していくさまを、科学的な考証とシミュレーションをベースとした圧倒的なリアリズムによる緊迫感溢れるドキュメンタリー・タッチの筆致で描き出していく。

ある日、香港の出張から帰国するや体調不良を訴えていたベス(グウィネス・パルトロー)が、その2日後に突然はげしい痙攣を起こして意識不明に陥り、そのまま死亡してしまう。
同じような事例が世界各地で相次ぎ、世界保健機関(WHO)が動き出す。
さらには、アトランタの疾病予防管理センター(CDC)や各国の衛生当局も未知のウイルスの特定とワクチン開発に乗り出すとともに、感染者の隔離と感染ルートの解明に奔走していく。
そんな中、いち早く伝染病の警鐘を鳴らしたフリー・ジャーナリスト、アラン(ジュード・ロウ)のブログには情報を求める人々が殺到してくるが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------


感染パニック・サスペンスという部類の映画です。
この部類の映画は好きではないのですが、マット・デイモン出演とあれば、行かねば~、デス。
それにこの豪華なキャストですものね。
 
思っていたより不気味な映像が少なくて、ほっとしました。
でも、べスの解剖は、、、顔を写さなくても状況はわかるのにぃ~っ。
 
今回のマットくんは、タフガイではなく普通のお父さんでした。
バイオテロではなく、本当に偶然からおこった感染パニックということで、あり得るかもしれないという怖さがあります。
その時は私たち、一体どうなるのだろう、、、と考えてしまいます。
でも、人間は必ず解決方法を見つけ出す、という事なんですね。
 
日本、国家予算を研究に削ると、困ったことになるかも。。。
すべてアメリカ、ヨーロッパに負んぶに抱っこじゃあ困るんですけど。。。
 
豪華なキャストが贅沢に使われてました。
あ、ジュードもブログで活躍、Twitterではないとこが親近感を感じます(笑)。
(私、Twitter、facebook、に乗り切れてませんし。。。) 
 

    

    

  








コメント (6)   この記事についてブログを書く
« SOMEWHERE | トップ | ラスト・ターゲット »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-11-26 00:04:01
昨年末に新型インフルのパンデミックを我々は経験してますからね、観ていて至極納得というか、身近すぎるぐらい身近に感じましたよ。
内容的には少々シミュレーションチックに過ぎたかと私は思っていますが、ただどんな内容だったにせよ、映画好きならこのキャスティングで観ない訳にはいかないですよね(笑)
KLYさんへ! (小米花)
2011-11-26 21:04:04
そうなんですよ、私は新インフルの広がりが、
結構真面目に怖いんですよぉ。
なので、この映画が身近でしたネ。

シミュレーションチックって言えば、災難に遭遇したとき、シュミレーションって実際に役に立つのかな~って思ってしまうんです。
でも、シュミレーションで対策を考えるのが現実ですね。

おっしゃるように、このキャストの豪華さ、
見てみて気が付きましたが、ビックリです。
ソダバーグ監督 (mezzotint)
2011-11-26 21:56:40
今晩は☆彡
この方の作品、えぇ~!っていうのもある
んですが、、、、。
凄く気に入ってる作品も多い(笑)何だか
変なコメントですみません!

豪華群像劇ではありましたが、よくまとめられたなあと感心しました。
題材も今の世相に反映しておりう~ん凄いですよね。長々と支離滅裂ぽいコメントですが。
mezzotintさんへ! (小米花)
2011-11-26 22:54:04
コメントありがとうございます!

ソダバーグ監督作品、私はあまり合わないカナ、なのです。
多くを見てる訳でもないのですが、ピタッときたのは「エリン・ブロコビッチ」位でしょうか。
評判のいい映画ほど合わないのです(汗)。

この映画は楽しめましたネ。
こんにちは^^ (みすず)
2011-11-28 12:00:35
訪問が遅くなり申し訳ありません!

豪華なキャストに惹かれて見に行ってきました♪
面白かったですが、いつでも起こりうるって感じで恐ろしかったです。
わたしもネットの情報に踊らされそう^^;

マットはついついワイルド系を期待してしまうんですが、普通のお父さんでしたね^^

これからもよろしくお願いします^^
みすずさんへ! (小米花)
2011-11-28 22:16:42
ご訪問ありがとうございます。

この映画、本当にキャストが魅力的でした。
私もネットに振り回されるタイプかもしれない、と
自分で自分が怖いデス。。。

こちらこそ、こう太くんとともに、仲良くしてくださいませ。

コメントを投稿