和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

シャンハイ

2011年09月23日 | こんな映画見ました~(洋画)
『シャンハイ』
---SHANGHAI---
2010年(アメリカ)

監督:ミカエル・ハフストローム
出演:ジョン・キューザック、 コン・リー、チョウ・ユンファ 、ジェフリー・ディーン・モーガン 、 菊地凛子 、 デヴィッド・モース、 渡辺謙


1941年、太平洋戦争開戦前夜の上海。
そこは、列強各国が互いに睨み合う複雑な均衡の上に築かれた妖しくも危険な“魔都”。
米国諜報員のポール・ソームズ(ジョン・キューザック)は、親友でもある同僚コナー(ジェフリー・ディーン・モーガン)の死に直面する。
上官から彼が裏社会の大物、アンソニー・ランティンの動向を探っていたことを告げられ、新聞記者の身分を使ってコナーの死の謎を追うよう命じられる。
さっそくランティン(チョウ・ユンファ)に近づくソームズ。
やがて捜査線上には、ランティンの妻で謎めいた美女アンナ(コン・リー)、日本軍情報部のトップを務める大佐タナカ(渡辺謙)、コナーの愛人で忽然と姿を消した女スミコ(菊地凛子)ら、事件のカギを握ると思われる男女が浮上してくる。
そんな中、アンナの秘密を知ったソームズは、次第に彼女の魅力に強く惹かれていくのだが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


ブロガーさんの感想では乗り切れなかった的な感想が多かったように感じましたが、キャストに惹かれ最終日に行ってきました。
 
 
え、、? 
んっ? 
アレ・・・?
 
私、とても面白かったんですけど・・・。
 
スパイアクションもの、社会派っぽいものを想像してたら愛の物語だったんですね。そのあたりが不評だったのか、不評というのは私の勘違いだったのか。。。
 
真珠湾攻撃がアメリカにとって非常に衝撃だったことが根底にあるのでしょうけど、その重大さが見る側のポイントだったのかなって思います。
 
ジョン・キューザックは、久しぶりの、好みで大きな役でした。
私の中で「2012」での負のイメージが相殺されて嬉しかったナ。
諜報員という迫力はイマイチだったかもしれませんが、強面だけが諜報員という訳ではないと考えます。
謙さんは迫力ありましたが、私はこの俳優それほど好きではないので・・・。<(_ _)>
 
「上海」という響きには異国情緒という印象があるのは、この映画の舞台になったような背景があるからなんですね。。。
見に行って良かったという感想です。

    

    



コメント (6)   この記事についてブログを書く
«  メッセージ そして、愛が残る | トップ | エクスペリメント »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございました (風子)
2011-09-23 15:29:49
予想していたのと、ジャンルが違ったと思いました。
サスペンスと言うには、予告編でネタバレしていたので、緊迫感が薄れました。
Unknown (KLY)
2011-09-23 22:21:46
風子さんと同じかなぁ。試写会で観たのでネタバレは大丈夫でしたけど、後で観て「おいおい、それ言っちゃっていいの?」って思いましたよ。まあ結果として中身は恋愛劇だったんで言っちゃっても良かったんですけど^^;
こんばんは♪ (yukarin)
2011-09-24 22:40:16
あら面白かったんですか!
確かにキャストはとってもいいんです。
私も風子さんとKLYさんと同じかなー。
風子さんへ! (小米花)
2011-09-24 23:16:27
予告を改めて見ると、見せ過ぎですね~。
私、予告ちゃんと見てなかったのです。。。

だから楽しめたのかしら(笑)。
KLYさんへ! (小米花)
2011-09-24 23:19:19
試写会見た方の記事は不評でしたよね~。
なのて、これは私はスルーって思ってて
予告ってちゃんと見たことがなかったように思います。

なんでしょう、、、映像に惹かれたんですよねぇぇ。。。
yukarinさんへ! (小米花)
2011-09-24 23:22:03
そうなの、、、なぜか面白かったんですよン。

皆さんの記事読んでて、私って、変~(笑)。
映像が魅力的だったのネ。
うん、良かったのよ。。。

コメントを投稿