こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

グラン・トリノ

2009年05月19日 | カ行
『グラン・トリノ』
---GRAN TORINO---
2008年(アメリカ)

監督:クリント・イーストウッド
出演: クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー 、クリストファー・カーリー


長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド )。
いまや、彼の暮らす住宅街に昔馴染みは一人もおらず、朝鮮戦争帰還兵の彼が嫌ってやまないアジア人をはじめ外国人であふれる通りを目にしては苦虫をかみつぶし、亡き妻に頼まれたと、しつこく懺悔を勧めてくる若造神父にも悪態をついては追い返す日々。
自宅をきれいに手入れしながら、愛犬デイジーと72年製フォード車グラン・トリノを心の友に、お迎えが来るのをただじっと待つ退屈な余生を送っていた。
そんなある日、彼が大切にする自慢の庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオ(ビー・ヴァン)と不良少年グループがもみ合っているのを目撃したウォルト。
彼らを追い払おうとライフルを手にするが、結果的にタオを助けることに。
タオの母親と姉がこれに感謝し、以来何かとお節介を焼き始める。最初は迷惑がるものの、次第に父親のいないタオのことを気に掛けるようになるウォルトだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



イーストウッドに泣かされた映画です。
う~ん、胸に突き刺す作品です。

戦争で負った心の傷を癒すことが出来ずに老いる自分への苛立ちが、周りの人たちとの壁を作ってきたウォルト。
その偏屈老人を演ずるクリント・イーストウッド。
素敵、素敵過ぎです!

ふとしたことから隣人のアジア人の男の子タオとかかわり、心を寄せていくという展開の見事さは、本当に素晴らしいです。
余命幾ばくもないことを知るウォルトは、戦争で負った心の傷をえぐるかのように、立ち向かう姿には心から酔わせてもらいました。
涙、涙で席を立った私。
俳優イーストウッドとのお別れでした。
でも、本当にスクリーンでは会えないの?
彼の作品を、彼以上に演じることが出来る俳優が出てくることを期待しています。

 


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スラムドッグ$ミリオネア | トップ | ぼくの神さま »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当 (miyu)
2009-05-20 07:21:03
突き刺さる映画でしたね~。
ガンコなオヤジの生きざまがとっても素敵でしたね。
クリント・イーストウッドは毎回
酔わせてくれますね~。
miyuさんへ! (小米花)
2009-05-20 16:41:48
これがイーストウッドの見納めか~なんて
考えてたら、自然に涙がぁ~~って感じでした。

俳優最後のシーンは自分で選んでいたんでしょうね~。
今度は、どんな風に私たちを酔わせてくれるのか楽しみです。。。
ガルル~ガルル~!(笑) (moondreams)
2009-05-20 20:06:29
泣けました,感動に震えました。

西部劇のガンマンが、戸棚に自分の拳をぶつけ怒りを表し、イザ復讐の対決へ!
その前に、床屋に行くのもいいね。このノリを 楽しんでアクトしてるイーストウッド!!。僕ら観てる観客楽しませる展開が 映画的カタルシスを感じさせてくれて最高だ。

***(以下ネタバレ)****
何でポンチョの下に鉄板を入れなかったのか?
なぜ、起き上がってこないのだ!(泣&笑)

あんな頑固ジジイに僕もなりつつあります。(笑)
moondreamsさんへ! (小米花)
2009-05-21 20:24:14
そう、まさに感動に震えましたね。
こういう映画に出会うために、いくつもいくつも映画を見ているのよ~って思える映画でした。

ネタバレにありましたように、一瞬防弾チョッキってよぎりましたヨ。
そして、背中を突き抜ける銃弾を見たとき、
アッ、アア~~って・・・。
そこから震えました。
イーストウッド! (メル)
2009-10-03 13:13:10
凄い人ですね~!
感激と感動と、ちょっとしたユーモアと
本当に素晴らしい映画を撮ってくれたもんだと感心しきりです。
彼のメッセージがしっかり伝わり、それを
しっかり受け止めなくっちゃ・・と思いました。
”グラン・トリノ”、古くさくて年代物の車だけど、輝きを失わず、素晴らしい車、そしてウォルトもそうなんですよね。
こういう頑固爺もいなくては、ですよね。

イーストウッドには、監督としては
当然だけど、俳優としてもまだまだ出てもらいたいなぁとつくづく思いました。
メルさんへ! (小米花)
2009-10-06 15:52:57
本当に、イーストウッドの凄さ、強さ、
映画への意気込みと愛情をヒシヒシ感じた作品でしたっ。

あとは、彼の映画のメッセージを誰が
俳優として伝えてくれるかってことですね。
イーストウッドの作品からますます目が
離せませんね!
本当に最後なのかなぁ? (oguogu)
2010-07-18 22:52:51
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ~。
本当に最後なんでしょうか?すごく残念です。
でも彼も年ですし・・・
今後はどんな映画の監督をしてくれるか楽しみですね。
oguoguさんへ! (小米花)
2010-07-19 22:46:39
トラコメありがとうございます。
この映画、イーストウッドとスクリーンでのお別れかと思うと、本当に涙が止まりませんでした。

監督作品を沢山、沢山楽しみたいですね。
でも、イーストウッドの言いたいことを上手く演じてくれる
彼以上の俳優がいるでしょうかね。。。
Unknown (ライムグリーン)
2014-09-13 13:36:39
コメント、TB、それに読者登録ありがとうございます!!

その後の映画って、もしかして『人生の特等席』ですか?
こっちもとっても良いですよね!!
イーストウッドもそうですが、
ジャスティン・ティンバーレイクもカッコよかったです!!
ティンバーレイクの『Tie&Suit』っていう曲、カッコいいですよ!!
ライムグリーンさんへ! (小米花)
2014-09-14 15:48:01
その後の作品は『人生の特等席』です。
じわ~と来る感動ですね。
グラン・トリノとは違う涙です。

こちらはエンディングロールが涙で立てないほどの感激でした。
そういう映画ってなかなかめぐり会えませんね。

コメントを投稿