こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

小さいおうち

2014年02月01日 | タ行

『小さいおうち』
2013年(日本)

監督: 山田洋次 
出演:松たか子、 黒木華 、 片岡孝太郎、 吉岡秀隆 、 妻夫木聡、 倍賞千恵子、
 橋爪功 、吉行和子 

中島京子の第143回直木賞受賞作を「男はつらいよ」シリーズ、「東京家族」の名匠・山田洋次監督が映画化した感動ドラマ。
日本が泥沼の戦争へと向かっていく昭和初期の東京を舞台に、赤い三角屋根のモダンで小さな家に女中奉公することになった若い娘タキによって語られる庶民の暮らしぶりと美しい女主人・時子の秘めたる禁断の恋の行方を、リアルな時代風俗描写とともにミステリアスに綴る。
出演は時子役に松たか子、女中タキ役に黒木華、現代のタキ役に倍賞千恵子。
その他の共演に片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡。

大学生の健史( 妻夫木聡 )は、亡くなった大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)から彼女が遺した自叙伝を託される。
そこには、健史が知らない戦前の人々の暮らしと若かりしタキ(黒木華)が女中として働いた家族の小さな秘密が綴られていた――。

昭和初期、山形から東京へと女中奉公に出たタキは、小説家の屋敷に1年仕えた後、東京郊外の平井家に奉公することに。
その家は、赤い三角屋根が目を引く小さくもモダンな文化住宅。
そこに、玩具会社の重役・雅樹(片岡孝太郎)とその若い妻・時子(松たか子)、そして幼い一人息子の恭一が暮らしていた。
3人ともタキに良くしてくれ、タキはそんな平井家のためにと女中仕事に精を出し、とりわけ美しくお洒落な時子に尽くすことに喜びを感じていく。
ある年の正月。平井家に集った雅樹の部下たちの中に、周囲から浮いた存在の青年・板倉正治(吉岡秀隆)がいた。
美術学校出身の心優しい板倉に恭一がすぐに懐き、時子も妙にウマが合って急速に距離を縮めていくが…。
(allcinemaより)

 

--------------------------------------------------------------------



 
 
タキが生きたのは私の親の世代であろうかと思います。
私の実家母に、見たいと誘われて一緒に見てきました。
映画館は私と母の間の世代と思われる方たちで満員でした。
 
山田監督の戦争の戦うシーンを描かずに戦争を描きたかったとのコメントをTVで見ていましたので、もっと暗いトーンかな、、、と思ってたのです。
 
現代のシーンが割合大きかったのも意外でした。
健史の台詞が過去を引き出して語る形で、時代説明が明快で私向き。
これを少々うるさく感じた人もあるかな、、、と思いますが。
 
 
大戦前の昭和の豊かな暮らしぶりが垣間見られ、日本が実は何をしてたか、、を健史の台詞で説明してるなぁ、、、と思いました。
世界大戦が始まるまでは、日本は戦争景気で活気づいていた、と母は言いました。
板倉にも召集令状が来るということで、日本が窮地に立たされていくことがわかります。
死を覚悟で戦争に行くということで、人の心の動きが平常でなくなっていく。
そういう切迫感というより、自分らしく生きられなくなっていく切迫感が時子にはあったのだと思うのです。
現代年取った時子の息子(米倉斉加年)が「不倫」という言葉を使ったのは、ちょっとこの映画の台詞には合わないような気がしました。
 
つかえた家族を守るためにタキがついた嘘。
そのために一生自分を責めたタキ。そのあたりがクライマックスで明かされます。
そのあたりは、涙も出ました。
戦争ものだから重いトーンでなくてはならない訳ではないのですが、私にはピントがいまいち合いませんでした。何でだろう・・・。
 
5月25日の空襲で焼け落ちた小さいおうち。
私の身近でも、そういう経験を持った人がいます。
 
赤い屋根の小さいおうちは、昨年秋スケッチした田園調布駅の復元駅によく似ていましたヨ。
 
 
 
    
 
 
  

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コレクター | トップ | 偽りの人生 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小米花さん へ (iina)
2014-02-26 10:17:50
女中を演じた黒木華が、素朴でとてもよかったです。
そのように思っていたら、ベルリン映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)に輝きました。

小さな家でもった小さな秘密は、女中さんにとってはとても重い秘密だったのですね。

映画を見る本数が増えないということですが、iinaは映画を3ヶ月見放題で見まくってますよ。(^^ゞ

ところで、ハンドルネームの「小米花」をどのように読むのでしょうか。「ショウヨネハナ」or「さめか」・・・?
iinaさんへ! (小米花)
2014-02-26 23:36:03
確かに黒木華は好演していましたね~。
私は邦画はあまり見ないので、最近の俳優さんを知らないのです。

見たい映画の順位をつけると邦画はどんどんリストから外れてしまうのですね。

小米花は「こごめばな」と読みます。
雪柳の別名で、花は小さくて地味だけどまとめて咲くと綺麗で、春を告げてくれます。
私のイメージとは程遠いデスけど・・・。
会うようになったブロガーさんが、舌したをかみそうで
申し訳ないです(笑)。

コメントを投稿