こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカ,家族のいる風景

2006年10月14日 | ア行

『アメリカ,家族のいる風景 』
---DON'T COME KNOCKING---
2005年(アメリカ)

監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:サム・シェパード 、ジェシカ・ラング 、ティム・ロス、 エヴァ・マリー・セイント

かつての西部劇スター、ハワード・スペンス(サム・シェパード)は、突然撮影に嫌気がさし、そのまま現場から抜け出した。
30年もの間帰ってなかった母親を訪ねる。そこには年老いてはいるものの、息子を優しく迎えてくれた母(エヴァ・マリー・セイント )がいた。
その母から20年ほど前に、ハワードの子を身ごもったという女性が訪ねてきたという。まだ見ぬ自分の子に会いに、ハワードは昔の女ドリーン(ジェシカ・ラング)を訪ねて行った。


---------------------------------------------------------------------



サム・シェパード とジェシカ・ラング というベテランの会話がなかなか良かったです。
特にジェシカ・ラング の演技が上手かったですね。
20年余り経ってから自分の子供に会いにきた嘗てのスター。
そのときの女性の気持ちを、本当に上手く表現しています。
静かだけど、強く気持ちを伝えることの上手な女優だと思います。
和やかな邦題とはちょっと違う感じの映画です。
オリジナルタイトルをズバリ言える日本語ないかな~。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« トゥー・フォー・ザ・マネー | トップ | ロード・オブ・ウォー »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに・・・ (メル)
2007-02-07 01:29:57
この邦題は、原題とかなりかけ離れてますよね~。
難しくって、上手い邦題を考えられませんが(^^;;)
もうちょっとスッキリしたないようにピッタリのであれば・・と思います。

そうそう、女性の気持ちをよ~く表してる
会話が良かったです♪

TB&コメント、どうもありがとうございましたm(_ _)m
こちらからもTBさせていただきました♪

それにいろいろご心配頂いて、本当にありがとうございました♪
涙が出るくらい嬉しかったです。
あちらの方にも書いたので詳しくはここには書きませんが(^^ゞ何とか無事に過ごしています(息子も私も^^)
お互い体が一番ってことで、頑張り過ぎないよう
できることをそれなりに頑張ってやりましょうね~^^
メルさんへ! (小米花)
2007-02-08 22:49:54
「アメリカ,家族のいる風景」なんてのどかな感じのタイトルですよね~~。
見てみたら違うトーンでびっくりでした。
ジェシカ・ラングの「今更、何よ!」っていうのが、タイトルの意図なのかしら・・・。

家族って、社会の最小単位で、温かく、切なく、厄介で、なくてならないっていうのが伝わってきました。
描き方が上手いとは思いました!

TBありがとうございました!

息子さん、頑張っておられてるようで本当に良かったです!!
どんなに自分の世界が広く、楽しくても、心のコアにある大切なものがひっかかると辛いですから・・・。

コメントを投稿