こんな映画見ました~

今年も宜しくお願い致します。

ハクソー・リッジ

2017年07月10日 | こんな映画見ました~(洋画)
 『ハクソー・リッジ』
---HACKSAW RIDGE---
2016年(オーストラリア/アメリカ )

監督: メル・ギブソン  
出演: アンドリュー・ガーフィールド、 サム・ワーシントン、   テリーサ・パーマー 、 ヒューゴ・ウィーヴィング
 

「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。
武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で75人もの命を救い、終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めての名誉勲章を授与された実在の衛生兵デズモンド・ドスの不屈の人生を、臨場感あふれる迫力の戦闘シーンとともに描き出す。
主演は「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールド、共演にサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング。

アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドス( アンドリュー・ガーフィールド)は、看護師のドロシー・シュッテ(テリーサ・パーマー)と恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。
しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。
それでも決して信念を曲げないデズモンド。
とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。
こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


鑑賞前の予備知識は予告を見たのみでした。
戦場で衛生兵として、数多くの人命を救った勇気をたたえた物語、、、だという・・・。
 
見てて驚いたのは、事実を語った戦場とは沖縄戦のことだったのですね。
ええっ、その地名って予告にはなかったわよね、、、?
でもネット情報にはしっかり書いてあったのですね、、、知りませんでした・・・。
 
沖縄は太平洋戦争において、現地の人々を巻き込んでの地上戦の戦場になった地で、本当に多くの人々が犠牲になっているところです。
映画を見てて、戦地が沖縄、相手は日本軍、、、ということで私の中でエンタメムードが一転しちゃいそうでした。
 
映画は丁寧に作られてると感じました。
展開もデズモンド・ドスの背景がしっかり描かれ、彼の信念が生まれる土台も分かります。
父との確執、反面親の愛の深さも伝わります。
 
訓練で銃に触れることを拒絶した兵士が現実にあったことも驚きです。
そのデズモンドが75名もの人命を救った事実も驚きです。
 
事実を描きながら、映画としても楽しめる作品だと思います。
メル・ギブソンの力を再び見せてもらえた映画でした。
 
デズモンド・ドスという人物をネット検索してみました。
映画で描かれてないですが、戦後は、戦時中に受けた傷で苦しんだり、フラッシュ・バックで苦しんだりとかなり辛い思いで生きてこられたようです。
 
 アンドリュー・ガーフィールド、 サム・ワーシントンが良かったですね。
 
 
 
 
 
       
 
        
 
  
     

 


 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ブリジット・ジョーンズの日... | トップ | 砂上の法廷  »

コメントを投稿