こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

フェイシズ

2013年01月06日 | ハ行

『フェイシズ』
---FACES IN THE CROWD---
2011年(アメリカ/フランス/カナダ )

監督: ジュリアン・マニャ 
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ、 ジュリアン・マクマホン、 サラ・ウェイン・キャリーズ 、 
 マイケル・シャンクス
 

人の顔や表情を識別できない“相貌失認”という障害に陥ったヒロインを主人公に描くサスペンス・スリラー。
主演は「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。
監督は「ブラッディ・マロリー」のジュリアン・マニャ。

 恋人のブライス(マイケル・シャンクス)との結婚を控え、順風満帆な日々を送っていた女性教師、アンナ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。
ある日、ニューヨーク中を震撼させていた殺人鬼“涙のジャック”による殺人現場を目撃してしまう。
犯人に気付かれ、襲われるも一命を取り留める。
しかし昏睡から目覚めたとき、彼女は相貌失認となってしまい、恋人や親友どころか、鏡に映る自分の顔さえも認識できなくなってしまっていた。唯一の目撃者として捜査に協力するものの、犯人の顔を思い出すことが出来ないアンナ。
しかも、自分を抹殺しに来るかも知れない犯人に気付くことも出来ない恐怖で次第に平静を保てなくなってしまうのだが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


サスペンスものとして、まあ面白かったカナ。
ミラ・ジョヴォヴィッチ、良かったと思います。
犯人の設定にもう一工夫欲しい気もしました。
 
 
サスペンスものの感想は、面白いか、そうでないか、なんですね。
 
特にオススメではありませんが、お時間があればどーぞ!
 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« レベッカ | トップ | 私のカレンダー »

コメントを投稿