こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ステイ

2006年10月19日 | サ行

『ステイ』
---STAY---
2003年(アメリカ)

監督:マーク・フォースター
出演: ユアン・マクレガー,ナオミ・ワッツ,ライアン・ゴズリング

ヘンリー(ライアン・ゴズリング)は、いままでの精神科の医師からのサム(ユアン・マクレガー)の診察を受けるようになった。
そのヘンリーが3日後の誕生日に自殺を図るとサム(ユアン・マクレガー)に告げる。
サムはヘンリーを助けようと、彼を知るべく知人を訪ね歩くが、現実の事実がどんどんゆがめられてゆく矛盾を感じていくのだった。



---------------------------------------------------------------------



患者を知るために身辺調査をしていくと、どんどん現実がゆがめられていく、という不思議な感覚・・・。
そして、どれが真実で何が虚像か次第に区別がつかなくなっていくサム。
そして、見てる側も現実と虚像が混乱していく、よく分からない映画でした。
う~ん、精神病の世界は理解しがたいです・・・。
ラストのシーンが現実って事で理解しましたが。。。


 

コメント   この記事についてブログを書く
« ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップ | ヒトラー ~最期の12日間~ »

コメントを投稿