こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レヴェナント:蘇えりし者

2016年06月05日 | ラ行
 
『レヴェナント:蘇えりし者』
---THE REVENANT---
2015年(アメリカ )

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 
出演: レオナルド・ディカプリオ 、 トム・ハーディ 、 ドーナル・グリーソン 、 ウィル・ポールター 、 フォレスト・グッドラッグ 
 

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に迎え、過酷な大自然の中で繰り広げられるひとりの男の壮絶な復讐劇を壮大なスケールで描いたサバイバル・アクション・アドベンチャー。
共演はトム・ハーディ。
第88回アカデミー賞では監督賞、撮影賞に加え、極寒の大自然を相手に体当たりの熱演を披露したレオナルド・ディカプリオが、みごと悲願の主演男優賞を初受賞した。

1823年、アメリカ北西部。
狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。
ヘンリー隊長( ドーナル・グリーソン)をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)とその息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)、グラスを慕う若者ジム・ブリジャー(ウィル・ポールター )や反対にグラスに敵意を抱く荒くれハンターのジョン・フィッツジェラルド( トム・ハーディ)などが一緒に旅をしていた。
ある時、一行は先住民の襲撃を受け、多くの犠牲者を出す事態に。
混乱の中、グラスたち生き残った者たちは船を捨て陸路で逃走することに。
そんな中、グラスがハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。
ヘンリー隊長は旅の負担になるとグラスを諦め、ブリジャーとフィッツジェラルドに彼の最期を看取り丁重に埋葬するよう命じるのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


旅行中の機内で鑑賞。
 
デカプリオの意気込みがすごく伝わってくる作品です。
キャスト、スタッフの並々ならぬ努力のたまものですね。
だた、あまりの凄さに楽しい、、、とは言えない映画でした。
 
予告のシーンに圧倒されて、映画館鑑賞はしないつもりだったので、公開と同じタイミングで見られたのはラッキーでした、、、。
でも、言えるのはそれだけかも。。。スミマセン。
 
デカプリオのオスカーは納得です。
今まで逃してきたので、この作品で掴んで良かったですね。
 
 
 
 
         

 
 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« コンテンダー | トップ | ハウルの動く城 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オスカー (NAO)
2016-06-07 22:15:20
後味悪いし、うぇ~~っってくるようなシーンも
かなりあったので、もう1回観たいとは思わない作品でしたが
やはり、ディカプリオの演技は秀逸でした。

映像は、水墨の感じがして印象に残りました♪
Unknown (風子)
2016-06-07 22:53:38
機内鑑賞で死したか。
面白い映画ではないけれど、
この映像はスクリーンで見てほしかったですぅ。
NAOさんへ! (小米花)
2016-06-08 22:16:55
話の展開も意外に単純だったんですね。
だけど、あのデカプリオの熱演は息が苦しくなるほど、
凄かったです。

雪のシーンが多かったので、水墨のような感じが出たのでしょう!
小さな画面では、そこまで感じられなかったのは残念でした・・・。
風子さんへ! (小米花)
2016-06-08 22:21:05
そうですね、大きなスクリーンで見るとインパクトが違いますからね。
そういう意味では作品の重さの感じ方が違ったかもしれません。
正直、その迫力に恐れをなして映画館鑑賞を遠慮したい気持ちもあったのですヨ。

コメントを投稿