こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2010年01月15日 | マ行
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
---THIS IS IT---
2009年(アメリカ)

監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン

2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。
本作は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリー。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



私自身はマイケル・ジャクソンは、ホント興味がなかったのです。
映画ブログでは、3回見た、4回見た、・・・という記事がどんどん上げられていても、まだ迷っていました。
犬仲間でも、映画にちょっと興味のある方は、皆さん見に行かれています。
それでも、どうしようかな~なんて思っていました。

今年になって近くの映画館でアンコール上映されてたので、やっと見てきました。

日本ではスキャンダルの報道が先走り、なかなかマイケルの音楽への真摯な姿が報道されてなかったとの話も聞いています。
映画を見て、なるほど・・・と思いました。
細かいところまで、出演者とともに舞台を作り上げていく姿は素晴らしかったです。
あの、舞台をともにするはずだったスタッフは、心底哀しかった事でしょうネ。


でも、私はマイケルの歌をほとんど知らなかった・・・。(^_^;)

世界中のファンのために製作した映画ですね。




 

 


 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« オーロラの彼方へ | トップ | パリは燃えているか »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も~ (ノルウェーまだ~む)
2010-01-16 00:17:34
小米花さん、こんにちは☆
私も実は、それほどマイケルのファンではなかったのですが、この映画をみて、すっかり魅了されちゃった一人です。
噂話で奇行ばかりが取り上げられていましたが、こういう音楽に対する真摯な姿勢は、この映画を観るまで、知らされていなかったですものね。
ノルウェーまだ~むさんへ! (小米花)
2010-01-16 20:52:03
音楽に対しての熱意は、自然と音楽にでているものなのかもしれませんね。
マイケルの音楽に興味がなかったので、
もちろんそんな熱意も感じたことなかったし・・・。

世界中が魅了されたってことが、やっと分かりました。
こんばんは! (アイマック)
2010-01-16 23:38:52
小米花さん、みてくれたんだねー。喜
マイケルの晩年はキング・オブ・ゴシップで現役感がなくなっていた。
でも彼はもう一度ステージに戻ろうとしていた。
その現場をみたことで、映画にしてくれたことを感謝します。最後まで輝いてたよ。
世界を魅了した理由が、作品にすべてつまってたね。
アイマックさんへ! (小米花)
2010-01-17 22:39:15
見ました~!
アイマックさんのマイケルへの思いも
ずっと読んでました!

キング・オブ・ゴシップのマイケルしか
知らなかった私も、彼の真摯な姿を
見られて本当に良かった、と思いました。

ダンスはすごいですね。
まいけるー (シャーロット)
2010-01-30 23:24:43
こんばんは☆
映画でもバックステージものの作品は結構好きだったりする方なので、こういう作品には理屈抜きで感動しちゃうほど単純な私なんですが、ファンではない人でも魅了してしまう何かがあるというか、、、マイケルったらやっぱり偉大だったんですねえ・・・
歌手としてもダンサーとしても素晴らしい才能をお持ちだと思います。
亡くなってから評価される、亡くなったから日の目に出た映像…なんて。なんか皮肉です。。。
シャーロットさんへ! (小米花)
2010-01-31 12:07:47
この映画、シャーロットさんお好きだろうな~って思ってました。
やっぱり記事アップされてたですものね。

ダンスはホント素晴らしかったですね。
厳しいオーディションで通ったバックダンサーも
かなりのキャリアがあるのだと思うのですが
マイケルの踊りは一際キレが違うのが、私でも分かります。
しかも彼の年を考えると、偉大なダンサーであると誰もが認めるのが、
やっと分かりました。

コメントを投稿