こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Black & White/ブラック & ホワイト

2012年05月18日 | 英数字
『Black & White/ブラック & ホワイト』
---THIS MEANS WAR---
2012年(アメリカ)

監督:マックG
出演:リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、 トム・ハーディ 、アンジェラ・バセット


2人のCIAトップ・エージェントがひとりの女性を巡って壮絶な恋のバトルを繰り広げるリース・ウィザースプーン主演作。
 
CIAの凄腕エージェント・コンビ、FDR(クリス・パイン )とタック(トム・ハーディ )は、図らずも同じ女性ローレン(リース・ウィザースプーン )と恋に落ちてしまう。
公私において固い絆で結ばれてきた2人だったが、ローレンだけはどうしても譲れない。
彼女のハートを射止めようと、ついにはCIAの立場をも利用してしまう。
そして、自分が有利になるよう、互いにあの手この手の諜報テクニックを駆使して相手のデートを妨害し始めるのだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


さて、なんと感想を書こう・・・。
 
設定はかなり面白いはずだと思ったのですが、ワクワク感はなかったです。
リース・ウィザースプーンが主演という映画ということですが、見ものは男性二人のバトルでしょ。
その、かなり究極なバトルのはずなのに、何だかドタバタと終わってしまいました。
かっこいい~と思えず、かといって可笑しい~と笑えず、、、でした。
 
ラブコメとはちょっと違うし、アクションとも言えないのでね。。。
中途半端な感じがダメだったのかな~。
 
ファンの方、ご免なさい。
 
 
 
 

    

 

    



コメント   この記事についてブログを書く
« 幸せの教室 | トップ | 幸せの行方... »

コメントを投稿