こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

イングロリアス・バスターズ

2009年11月26日 | ア行
『イングロリアス・バスターズ』
---INGLOURIOUS BASTERDS---
2009年(アメリカ)

監督:クエンティン・タランティーノ
出演: ブラッド・ピット 、ダイアン・クルーガー 、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン



1944年、ナチス占領下のフランス。
かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナ(メラニー・ロラン)は、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。
同じ頃、アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”がナチスを次々と虐殺、その残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせていた。
そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画「国民の誇り」のプレミア上映が決まり、ヒトラーはじめナチス高官が一同に集結することに。
この千載一遇のチャンスを逃すまいと、ショシャナ、バスターズそれぞれが行動を開始するが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



「もし面白くなければ返金します」というコピーで宣伝されてます。
タランティーノにかかるとナチもこう描かれるのね、って感じの映画でした。

確かに返金していただく必要はありません。面白かったですよ。
でも、ちょっと私のツボにぴったりとはいきませんでした。(^_^;)

映画はナチス占領下のフランスという背景で展開するのですが、もう少し違う背景が見られるのかと思っていました。
ナチを残忍な手法で虐殺していく役をブラピが演じています。
凄みより、コメディが入ってしまうのは、監督の意図?ブラピの演技のせい?
彼はこういうキャラクターで、最近定着してるのかしら。。。
その辺りのブラピに、私は少々戸惑ってしまいます(笑)。

ナチを滅ぼしたいイングロリアス・バスターズと、ナチに復習したい若い女性ショシャナが、同じ目的で事を計画するのですが、この二者は別々に話が進み、最後で一つになるという展開は見事でした!

 



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴をなくした天使 | トップ | ダイヤモンド・ラッシュ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんだよね~ (miyu)
2009-11-26 22:14:38
返金して欲しいと思うような映画ってめったにないのですが、
まぁこれもそこまでの映画じゃなく、
それなりに結構面白かったですよね~。
でも、なんつ~か手放しで大絶賛まではいかなかったですねぇ。
決して面白くないワケじゃないですし、
どちらかと言えば、面白いし、あたしはツボでもあるのですが、
ってなんか煮え切らない感じですね(´▽`*)アハハ
miyuさんへ! (小米花)
2009-11-26 23:05:35
早速のコメントありがとうございま~す!

>でも、なんつ~か手放しで大絶賛まではいかなかったですねぇ。
miyuさんも~!!
つぼにはまれなかったのは私だけかと焦りましたよ(笑)。

話の筋はいいところ掴んでいたと思うのですが、
なぜか肩透かしっぽかったのです。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-11-27 00:24:55
小米花さんは、イマイチの感想ですか?
私はこの監督の作品初めての鑑賞だったのですが、意外と面白く鑑賞できました^^
もちろん、大絶賛までは行きませんが(^^ゞ

コメディが入ってしまうのは、監督とブラピの両方のせいかも?(笑)

予告編では、ショシャナとバスターズが組むかと思ったのですが、別々の暗殺計画でした(^^ゞ
それが最後にひとつになる展開は見事でした
よね(^_-)-☆
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2009-11-27 13:37:34
TB&コメントありがとうございます!
コメディが入っちゃうブラピに慣れてないというか・・・。
でも、最近そういう役やっているのですけどね!

そう、2者が別々に進んで行くのが面白かったですね。
いつ繋がるの~?って見ていましたが、
結局目的だけ一緒で、繋がりはありませんでしたものね。
こんばんは。 (オリーブリー)
2009-11-28 00:22:50
小米花さん、TBありがとうございました。

作品は絶賛します(笑)
ジャンルを問わず、上手くまとめたと思いました。
で、ランダ大佐のクリストフ・ヴァルツには大絶賛します(爆)
彼のお陰で楽しめたトコが多々あるので…
でも内容は好みが分かれそうですね。
オリーブリーさんへ! (小米花)
2009-11-28 23:24:56
コメントありがとうございます!!

クリストフ・ヴァルツは好演していましたね。
ブラピが食われてる感じさえしましたもの。

好みは分かれそうですが、タランティーノの実力を見せてくれてました。
ただ、タランティーノ監督作品、私は合わないことが多いのです。。。(-_-;)
こんにちは! (アイマック)
2009-11-29 12:09:29
ナチスをこういう視点で描いたことがポイントですかね。
ブラピはこういうの、気にいってるみたいだね。
スマスマに出たときは若いし、かわいかった。笑
最後があっさりだけど、クリストフ・ヴァルツはほんとうまかった!
タランティーノは俳優の使い方がうまいね。
アイマックさんへ! (小米花)
2009-11-30 23:43:32
最近スマスマ見てないので、残念~。
以前はハリウッドスター出演は
必ず見ていたんですが。。。
やはり見るべきだったです・・・。(^_^;)

タランティーノだから、俳優を集められるのでしょうね。

タランティーノ作品、私は少々苦手なのに
それでも必ず見るのですよね~。

コメントを投稿