こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

ワンダーストラック

2018年09月30日 | ワ行
『ワンダーストラック』
---WONDERSTRUCK---
2017年(アメリカ  )

監督: トッド・ヘインズ 
出演: オークス・フェグリー、 ミリセント・シモンズ、 ジュリアン・ムーア、 ミシェル・ウィリアムズ 、 ジェイデン・マイケル  
 

 「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「エデンより彼方に」「キャロル」のトッド・ヘインズ監督が映画化した感動ストーリー。
孤独な少年と少女が、大切な人を探すために向かったニューヨークで50年の時を超えて織りなす奇跡の物語を、2つの時代を交互に描きながら綴っていく。
主演は「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリーとオーディションで選ばれた新人、ミリセント・シモンズ。
ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、トム・ヌーナンらが脇を固める。


1977年、ミネソタ州ガンフリント。
母を突然の事故で亡くし、伯母の家に身を寄せる12歳の少年ベン(オークス・フェグリー )。
ある夜、母の遺品の中から名前すら知らない父の手がかりを見つける。

その後、落雷に撃たれ耳が聞こえなくなったベンだったが、父を探し出すべくニューヨークへと旅立つ。
1927年、ニュージャージー州ホーボーケン。生まれつき耳の聞こえない孤独な少女ローズ(ミリセント・シモンズ)。
支配的な父に対して心を閉ざす一方、人気女優のリリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)に特別な思いを抱いていた。
ある日リリアンが舞台に立つと知り、彼女に会うべくニューヨークへ向かうローズだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


見終わった後、ほっこり幸せな気持ちにさせてくれました。
 
二つの物語が交互に展開されていきます。
しかも時代が違う二つの物語。
これって、異次元を飛んて結ばれるという話かな?
そういうファンタジィは実はあまり好みではない私。
う~ん、ちょっと心配。。。
 
ところが意外にも現実に繋がる面白い展開でした。
 
そうかぁ、、そうくるのか・・。
 
キャストにもいろいろ工夫があり、時代設定にもいろいろ伏線が敷かれ、なかなか興味深いです。
 
楽しい映画でした。
 
 
      
 
 
 

 


 

 

 


 


コメント   この記事についてブログを書く
« gifted/ギフテッド  | トップ | ご無沙汰しています・・・ »

コメントを投稿