こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナイト ミュージアム2

2010年08月27日 | ナ行

『ナイト ミュージアム2 』
---NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN---
2009年(アメリカ)

監督:ショーン・レヴィ
出演: ベン・スティラー、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン 、 ハンク・アザリア、スティーヴ・クーガン、ジェイク・チェリー


ベン・スティラー扮する博物館の夜警ラリーが次々と動き出す展示物に翻弄されるさまを描き大ヒットしたファンタジー・コメディの続編。


ニューヨークの自然史博物館で起きた展示物たちの大騒動から数年後、元警備員のラリー( ベン・スティラー)は息子ニック(ジェイク・チェリー)との絆も取り戻し多忙な日々を送っていた。
一方、自然史博物館の展示物たちも“魔法の石版”の効力で毎晩自由に動き回り、優雅に過ごしている。
そんなある日、自然史博物館の改装により、展示物たちはワシントンのスミソニアン博物館へ移送されることに。
すると間もなくして、ラリーのもとにミニチュアのカウボーイ、ジェデダイアから助けを求める電話が掛かってくる。移送の際、自然史博物館に残されるはずだった石版が一緒に運ばれ、スミソニアンの展示物も甦らせてしまったのだ。
急ぎワシントンへ飛んだラリーだったが、そんな彼の前に、石版の魔法を悪用して世界征服を企む古代エジプトの王カームンラーがたちはだかるのだった。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



敬遠していた「ナイト ミュージアム」をDVD鑑賞したら、面白かったので続編を見ました。
公開当時、スミソニアン博物館での始めてのロケということで評判でしたね。
素晴らしい館内を見られただけでも楽しめました。

魔法使いの弟子でも子役として出ていた、ニック役のジェイク・チェリー。
今度はしっかり見ましたっ。
ベン・スティラー、少々苦手なのですがこのシリーズは役にはまってて良かったです。

楽しい映画でした。






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 魔法使いの弟子 | トップ | 特攻野郎Aチーム THE MOVIE »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2010-08-29 17:10:23
コメトラありがとうございました^^
間違えたTBは削除しましたので、安心して
下さいね(^_-)-☆

実は私この作品途中から寝てしまってσ(^◇^;)
よっぽど疲れている時に観たせいもあると思うのですが、1のほうが好きでした^^

男の子は、確認できましたか?
この時より、魔法使い~の時の方が、ちょっと大人っぽくなってますよね^^

Aチーム、なぜか急に観る気がなくなって
しまったのですが(^^;小米花さんの感想読んだら、ちょっと観たくなりました^^
観れたら、またお邪魔させて頂き
ますね(^_-)-☆
いつもお世話になってます (ひらりん)
2010-08-30 02:39:11
このシリーズはベン・スティラーの唯一??の日本ヒットシリーズなので、温かく見守りたいです。あのアホアホぶりが日本では中々受け入れられないベンですが、ひらりん的には毎回ツボなのですよ。
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2010-08-30 13:40:52
TBではお手数おかけしました。<(_ _)>

今度は男の子、しっかりチェックしました~。
魔法使いの~、の方がオーラがありました。
年々成長してるってことでしょうか。

Aチームは、ど派手な演出で、ちょっと期待通りって訳には行かなかったです。
Aチームの説明的な映画だったカナ。。。
キャストは文句ナシでしたよ。
ひらりんさんへ! (小米花)
2010-08-30 13:43:57
こちらこそ、お世話になってます~。

ベン・ステラー、私は少々苦手としています。。。

日本人の感覚に合い難いのでしょうか~。
好みが分かれる俳優ってことは、
それだけ個性的ってことですね。

コメントを投稿