こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モディリアーニ 真実の愛

2006年02月27日 | マ行


『モディリアーニ 真実の愛 』
---Modigliani---
2004年(アメリカ/ドイツ/フランス/イタリア/ルーマニア/イギリス)

監督:ミック・デイヴィス
出演:アンディ・ガルシア、エルザ・ジルベルスタイン、イポリット・ジラルド、オミッド・ジャリリ

1900年代のパリ、モンパルナス。ピカソ(オミッド・ジャリリ)、ユトリロ(イポリット・ジラルド)などと親交を深め、議論を戦わせるモディリアーニ(アンディ・ガルシア)は肺の持病をかかえながら、貧困の中で自分の芸術を求めていた。
1917年、美術学校での教え子ジャンヌ(エルザ・ジルベルスタイン)と激しい恋に落ち、ジャンヌの支えで絵を描き続けたモディリアーニだった。
家庭を困窮から救うため、またライバルのピカソに打ち勝つため、コンテストに自分の作品を出品することにした。絵は「ジャンヌ・エビュテルヌ」。


---------------------------------------------------------------------



モディリアーニが描く独特の女性、首が長くて、うつろな目・・・。
その肖像画生き写しに演じたエルザ・ジルベルスタインが素晴らしかったです。
1958年の「モンパルナスの灯」もモディリアーニの人生を悲しく美しく描いていますが、この映画も良かったデス~♪
肺を患い、酒の溺れた画家モディリアーニは認められることなく淋しく死んでいきました。ジャンヌもその後すぐ追って逝ってしまいます。
画商がタダ同然で彼の絵をさらって持っていってしまうのですが、逆にそれが作品が散らずに世に残ったとも言える、と何かで読んだことがあります。
モディリアーニのファン、アンディ・ガルシアのファンの方は是非見て下さいね♪





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アンドリューNDR114  | トップ | アイ・アム・デビッド »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとに・・・ (メル)
2006-02-28 07:00:43
エルザ・ジルベルスタインがモディリアーニの肖像画にそっくりで、ほんとに彼女があの時代もモデルだったのでは・・・と思わせてくれるくらいでしたよね。

綺麗な女優さんでした♪

「モンパルナスの灯火」は未見なので、小米花さんのこの記事読んで、是非見てみたくなりました!^^

TBありがとうございました♪

こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m
メルさんへ! (小米花)
2006-03-01 00:10:08
そう、女優のプロ魂ってすごいです。

あの絵の中にすっぽり入ってしまうんですから・・・。



「モンパルナスの灯」のモディリアーニは悲しげに描かれていて、あの絵にはそちらの方が合っている感じです。

私も以前見たので、また見てみたいですね~。



近日公開の『南極物語』に向けて、邦画の方も見て泣いておきたい私です(笑)。
キレイでした! (viva)
2006-03-02 20:35:28
こんばんは

私も「モンパルナスの灯」見てみたいです!

あの女優さん、ほんとに魅力的でしたね。

目の色とか、全体的な雰囲気とか・・・

普段はあまり女優さん見て感動しないんですけどね。



この映画に感化されて、初めての油絵に挑戦してみました♪

とりあえず「モンパルナスの灯」をツタヤで探します(*^。^*)
vivaさんへ! (小米花)
2006-03-03 20:17:05
油絵挑戦されたの~?!

私は、油絵は一度やってみようと思ったこともあったのですが、ダメでした・・・。

私は色を重ねられるってことが、ぐちゃぐちゃになるってことになってしまうの~。



「モンパルナスの灯」はvivaさんには絶対オススメです~♪

コメントを投稿