こんな映画見ました~

今年も宜しくお願い致します。

オデッセイ ―2D―

2016年02月27日 | こんな映画見ました~(洋画)
 『オデッセイ』
---THE MARTIAN---
2015年(アメリカ)

監督:リドリー・スコット 
出演:マット・デイモン、 ジェシカ・チャステイン、 クリステン・ウィグ、 ジェフ・ダニエルズ 、 マイケル・ペーニャ 、ショーン・ビーン 、ケイト・マーラ 、セバスチャン・スタン、アクセル・へニー、キウェテル・イジョフォー
 
 
 
科学的考証を駆使したリアリティあふれるサバイバル描写と常にユーモアを忘れない主人公のポジティブなキャラクターや、熱く感動的なストーリー展開が日本でも話題を呼んだ傑作ハードSF『火星の人』をリドリー・スコット監督、マット・デイモン主演で映画化。
火星ミッション中に不運が重なり、死んだと思われたままたった一人で火星に取り残されてしまった主人公が、科学の知識と不撓不屈の根性、底抜けのユーモアを武器に、その絶体絶命の状況からの地球帰還を目指して繰り広げる過酷なサバイバルの行方を描く。

人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、いきなり猛烈な砂嵐に見舞われ、ミッション開始早々に中止を余儀なくされる。
さらに、クルーの一人で植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)が、撤収作業中に折れたアンテナの直撃を受けて吹き飛ばされ行方不明に。
事故の状況から生存は絶望視される中、リーダーのメリッサ・ルイス( ジェシカ・チャステイン)は他のクルーの命を優先し、ワトニーの捜索を断念して急ぎ火星から脱出する。
ミッションの行方を見守っていた地球でもNASAのサンダース長官(ジェフ・ダニエルズ )が、ワトニーの悲しい死を全世界に発表する――。
ところが、ワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。
しかし、通信手段は断たれた上、次のミッション“アレス4”が火星にやってくるのは4年後。
一方、生存に不可欠な水も酸素も残りわずかで、食料すらもたった31日分。そんな絶望的な状況にもかかわらず、決して希望を失うことなく、目の前の問題を一つひとつクリアしていくワトニーだったが…。
(allcinemaより)

 

 
---------------------------------------------------------------------


火星に置き去りにされたマットくん、見てきました。
面白かったです。今回は時間の関係で2D鑑賞です。
 
マット・デイモン主演だったから、私はすっかり感情移入してしまいましたが、他の俳優さんだったらどうだったかな~って思います。
設定も展開も、あまり突っ込みを入れずに素直に鑑賞しましたヨ。
 
火星で独りで生きていくあたりは、ロビンソン・クルーソー的なお話で、設定は近未来でしたがやってることはとってもアナログで、そのギャップが可笑しくもあり、楽しくもあり、つい応援してる自分がいたりして・・・。
 
火星で暮らしてる間、ワトニーを応援するのが全世界70億人というのがいいですね~。
こういう展開につきものの家族や個人的な付き合いの涙ながらの応援という図がなかったのも良かったデス。
ジェシカ・チャステインのキャプテンも好演でした。
置き去りにした仲間を思う気持ちと責任と任務のはざ間で苦しむメリッサが良かったです。
 
 
 
       
 
     
 
 
再びの登場でスミマセン。公式サイトの「火星ひとりぼっち」ジェネレーターで我が家の愛犬凜を宇宙に送りました。
 
       
 
  

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミケランジェロ・プロジェクト | トップ | サンバ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デイモンの代役にワンちゃん (もののはじめのiina)
2016-03-04 09:47:44
ポスターにマット・デイモンの代わりに小米花さん宅の犬を置いたのが面白いです。まさしく、尾も白いことでしょう。(^^ゞ
巧く貼り付けられるものですね。^^

アクションのないマット・デイモンもよかったです。

もののはじめのiinaさんへ! (小米花)
2016-03-05 21:17:22
コメント入れて下さってありがとうございます。
ふふ、おもしろい事をおっしゃいますね(笑)。

マットはアクションもシリアスもコメディ?もいいですね~。

コメントを投稿