こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイナル・カット

2006年10月17日 | ハ行

『ファイナル・カット』
---THE FINAL CUT---
2004年(アメリカ)

監督:オマー・ナイーム
出演: ロビン・ウィリアムズ、ミラ・ソルヴィノ、ジム・カヴィーゼル


“ゾーイ”と呼ばれるマイクロ・チップを脳に埋め込み、人生を全てチップに記憶する事が出来るという近未来。ゾーイ・チップは葬式の際、追悼上映のため、編集者によって再構成されたものが上映されるのである。ある日、一流のゾーイ・チップ編集者、アラン・ハックマン(ロビン・ウィリアムズ )のもとに、大企業の弁護士の未亡人から編集の依頼が舞い込む。ところがそのチップには、アランの心奥深くの幼い頃の傷と関係ある驚くべき映像が映っていた。

---------------------------------------------------------------------



非常に興味深い世界の映画でした。
話のテンポもよく、フラッシュバックのシーンも押さえてあって、見辛い感じはありませんでした。
温かい物語が似合うと思っていたロビン・ウィリアムズです。最近はファニーな感じの役が少ないような気がします。私としてはコメディかかったロビン・ウィリアムズの方が好きですね。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ホテル・ルワンダ | トップ | ヒストリー・オブ・バイオレンス »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバ・コメントありがとうございます (ひらりん)
2006-11-02 23:34:26
夏にJALの国際線で見たロビン・ウィリアムズの「R.V」って映画は、アホアホ系ファミリー・コメディでした。
誰も見てないのか、トラバ・コメントは一切入ってこないのですが・・・。
ひらりんさんへ! (小米花)
2006-11-04 18:12:32
「R.V」~?!
さすが、ひらりんさん見ていらっしゃるんだ~。
日本未公開なんですね。
本領発揮って感じの映画なんでしょうか(笑)。

TBありがとうございました。

コメントを投稿

関連するみんなの記事