こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢駆ける馬ドリーマー

2007年02月20日 | ヤ行

『夢駆ける馬ドリーマー』
---DREAMER:Inspired by A True Story---
2005年(アメリカ)

監督:ジョン・ゲイティンス
出演:カート・ラッセル ダコタ・ファニング クリス・クリストファーソン エリザベス・シュー


馬の調教師のベン(カート・ラッセル)は、期待の牝馬ソーニャドールの調教を任せられていた。
あるレースでソーニャの足に違和感を感じていたが、オーナーの強引な主張でレースに出させたが、転倒して足を骨折してしまう。
オーナーの安楽死の命令に従えなかったベンは自分の報酬と引き換えに、引き取り家に連れ帰った。安楽死の命に従えなかったのは、娘のケール(ダコタ・ファニング )がソーニャを大事に思っていたからでもあった。
ソーニャは家族と仲間に看護され、次第に回復していった。


---------------------------------------------------------------------



私は競馬には興味ありませんが、馬が走る姿は美しいと思います。
その美しい馬が怪我などで走ることが出来なくなると、安楽死という選択を迫られるのですね。
これはきっと避けられない運命で仕方のないことなのでしょう。
そんな中でソーニャという馬が、競馬の世界では常識はずれの家族と仲間に支えられ、回復し、見事復活していく展開には、誰もがワクワクすることだと思います。
ダコタちゃんのあの演技とともに見せられては、応援しなくちゃ~!って思います(笑)。
そんな復活ってあり得ない、と思っていたら、映画の中で『「マライアズストーム」という馬が同じ怪我から復活した。』と言っていますように、本当にそういう話があったのですね。
こちらのお話がDVD特典で見られますが、まさに短編ドキュメント映画になっています。完全復活で活躍したそうですが、映画でソーニャが勝った「ブリーダーズC」というレースでは、残念ながら振るわなかったそうです。
ダコタちゃんの名演技と馬の名演技、楽しい映画でした。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« フーリガン | トップ | ディック&ジェーン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かんすけ)
2007-03-04 13:44:49
コメントありがとうございました。
ボクも競馬に興味はありませんが、サラブレッドの走る姿は本当に美しいですね。
ダコタ・ファニングの演技もホント素晴らしいですね。
かんすけさんへ! (小米花)
2007-03-04 21:46:03
ダコタちゃん、パワー全開の演技でしたね!
すごいですね~。

実際にも似た話があるということで、現実的に楽しめましたヨネ。

また宜しくお願いいたします。

コメントを投稿