こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で

2008年12月16日 | ラ行
 
『ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で 』
---IN THE LAND OF WOMEN---
2007年(アメリカ)

監督:ジョナサン・カスダン
出演:アダム・ブロディ 、メグ・ライアン 、クリステン・スチュワート

元祖ラブコメの女王、メグ・ライアンと「The OC」シリーズのアダム・ブロディ共演によるラブロマンス。

人生に絶望した脚本家・カーター(アダム・ブロディ)は、祖母の面倒を看るためミシガン州の郊外へと引っ越す。
そこには愛と人生に悩み生きる、美しい母娘が住んでいた。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



日本未公開、レンタルDVDで鑑賞。

メグ・ライアンのラブコメ~?
お~久し振り~っとレンタルしました。
あのラブコメの女王も、高校生の母親役です。
髪をアップにした母親役ではすっかり小母さんになっちゃって、ちょっとびっくり。
でも、髪を下ろしてあの独特な、足を蹴るような少年のような歩き方は、まさしくあのメグ・ライアンです~♪
可愛さは変わりませんでした。

で、話の展開はカーターが恋人に振られ、仕事も上手くいかず、祖母の面倒を看るということで、母親の実家に移ります。
その祖母の家の隣りに住む家族の母サラ(メグ・ライアン)と娘ルーシー(クリステン・スチュワート )と接触していきます。
仲の悪いサラとルーシーの母娘それぞれの心に触れながら、手数のかかる祖母の面倒をみながら、次第に自分を探し出していくカーターが描かれています。

メグ・ライアンがとても良かったです。
ハリウッドの中で壁にぶち当たってるといわれているメグですが、この作品はとても良かったです♪
小母さんを演じて新境地を開いて欲しいな~~。

ジョナサン・カスダン監督はローレンス・カスダンの息子。
ローレンス・カスダンが総指揮を務めた作品ですが、「フレンチ・キス」のように、可愛く爽やかで、優しい展開が嬉しかったです。

未公開映画ですが、私はオススメですね♪



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« パーフェクトワールド | トップ | トロピック・サンダー/史上... »

コメントを投稿

関連するみんなの記事