こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

バリー・シール/アメリカをはめた男

2017年10月29日 | ハ行
『バリー・シール/アメリカをはめた男』
---AMERICAN MADE---
2017年(アメイカ)

監督: ダグ・リーマン   
出演: トム・クルーズ 、 ドーナル・グリーソン、 サラ・ライト・オルセン 

 
 
トム・クルーズがCIAの極秘任務を請負いながら、麻薬密輸で巨万の富を築いた実在の天才パイロットを演じるクライム・アクション。
類い希な操縦テクニックで政府ばかりか、麻薬王からも雇われた男の破天荒な人生をコミカルなタッチで描き出す。
監督は「ボーン・アイデンティティー」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン。
1970年代後半のアメリカ。
大手民間航空会社のパイロットして働くバリー・シール( トム・クルーズ )は、愛する妻子とともに何不自由ない暮らしを送っていた。
そんなある日、彼の天才的な操縦技術に目を付けたCIAが、彼をある極秘作戦にスカウトする。
こうしてCIAの汚れ仕事を手伝ううちに、巨大麻薬組織“メデジン・カルテル”の伝説の麻薬王パブロ・エスコバルにもその腕を買われ、麻薬の運び屋としても大活躍するバリーだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


これが事実の話って言われてもね~。
でも本当の事だったというのですよね。
 
パイロットとしての腕を買われて、航空写真を撮るところから始まりますが、この辺りはフムフムあり得そう、、、とワクワク。
しかしそれがどんどんエスカレートしてくと、何やら信じがたい、、、のですね。
でも信じましょう、こういう事があったってこと。
 
テンポよく、ポンポンと事実が並べられていったという違和感のない、エンタメとして楽しい映画でした。
トムは変わらずかっこいいし、アクションも説得力ある現実的な流れで、無理なCGなどの多用がなく見ていて気持ち良かったです。
バリーの意外な人間的な優しさが、何かほっとして楽しませてくれました。
 
 
        
                                                         
     
 
 


 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« スノーデン | トップ | LION/ライオン ~25... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金があれば (kossy)
2017-10-29 23:13:08
隠す場所にも困ってしまうくらい金があればな~
泥棒に入られることも考えていたのでしょうか?
それにしても、
あれだけの金があれば引退して隠居生活したいです・・・
kossyさんへ! (小米花)
2017-10-30 22:41:21
コメント残して下さってありがとうございます。

すごい札束でしたね~。
お金の魔力で、あればもっと欲しくなるものなのでしょうかね。。。
そういう立場になったことがないので分かりませ~ん(笑)。

コメントを投稿