和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

裏切りのサーカス

2021年05月30日 | こんな映画見ました~(洋画)
裏切りのサーカス』
---TINKER TAILOR SOLDIER SPY---
2011年(イギリス/ドイツ/フランス)

監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、キャシー・バーク、デヴィッド・デンシック、ジョン・ハート

 

元MI6諜報員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を、『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化したサスペンス。
英国諜報組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜すため、引退生活から呼び戻されたスパイが敵味方の区別もつかない中で真相に迫る姿を描く。
主演のゲイリー・オールドマンをはじめ、『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したコリン・ファース、『インセプション』のトム・ハーディら実力派の競演は必見。

東西冷戦下の1980年代、英国諜報部「サーカス」を引退したスパイ、スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。
それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイを捜し出し、始末するというものだった。膨大な記録や関係者の証言を基に、容疑者を洗い出していくスマイリーがたどり着いた裏切者の正体とは……。(シネマトゥデイ より)

 

       

 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞。(Amazonプライム)
 
いや~、面白かった!!が、難しかった!分かり難かったです。
冒頭からスゴイ速さで展開します。巻き戻して見ても???
なので、人物相関図をネットからプリントアウトして、それを見ながらの鑑賞となりました。
 
それでも途中で???状態になり、ネットのネタバレを覗いては再び映画に戻る次第。。。
しかし、終わってからずっしりと充実感のある映画でした。
冷戦下の東西の戦い、最近はあまり描かれなくなったテーマですね。
男と男の心のぶつかり合いを俳優たちの迫力ある演技で見せてくれました。
 
しかし、この映画に関してのネタバレサイトが多いこと!
それだけ難しくて奥が深い、という事なのでしょう。
 
もう一度見るともっとよく理解できると思いますが、さてそのエネルギーが私にあるかしら・・・。
未見の方は是非!
 
 
 
 

 
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 着物のリメイク | トップ | 完全なるチェックメイト »

コメントを投稿