こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワンダとダイヤと優しい奴ら

2007年03月12日 | ワ行

『ワンダとダイヤと優しい奴ら 』
---A FISH CALLED WANDA---
1988年(アメリカ)

監督: チャールズ・クライトン、ジョン・クリーズ(ノン・クレジット)
出演: ジョン・クリーズ、ジェイミー・リー・カーティス、ケヴィン・クライン、マイケル・パリン


4人組の強盗によってロンドンの宝石店から1300万ポンドのダイヤが盗まれた。
主犯格のジョージは捕まったものの、肝心のダイヤの行方はようとして知れない。強盗団の紅一点ワンダ(ジェイミー・リー・カーティス)はオットー(ケヴィン・クライン)と組んで、ジョージの弁護士(ジョン・クリーズ)に色仕掛けで接近、ダイヤの隠し場所を聞き出そうとする……。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



ジェイミー・リー・カーティスの少し前のコメディが見てみたくてレンタルしました。
当時の彼女、若くて綺麗!マニッシュな感じが素敵だと思っていますが、女らしい役もこなせるのね(笑)。
軽快なテンポで繰り広げられる楽しい映画でした。
ケヴィン・クラインとのコンビがいいですね~。
続編として製作された「危険な動物たち」も見なくちゃ!と思っています。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« フォーチュン・クッキー | トップ | 16ブロック »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも・・ (メル)
2007-03-13 08:09:14
お邪魔させていただきます(^^ゞ
以前はジェイミー・リー・カーティスはさほど好きじゃないな、と自分的に思ってたんですが(^^;;) これ見て好きになりました~♪^^
ケンのキャラクターも笑っちゃったし、アーチーは
どんどんはじけていくし(^^ゞほんと面白い映画でした♪
そうか、続編があるんですね。
是非とも見なくっちゃ・・です♪
教えてくださってありがとうございます

こちらにもTBさせていただきましたm(_ _)m
メルさんへ! (小米花)
2007-03-13 21:35:19
私はジェイミー・リー・カーティスはハロウィンのイメージが強く、コミカルな映画は最近になって見たものが多いのです。
この「ワンダと~」の頃からこんなコメディやっていたの、知りませんでしたよ・・・。

TBありがとうございました。

コメントを投稿