こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何という行き方!

2006年10月30日 | ナ行

『何という行き方!』
---WHAT A WAY TO GO!---
1964年(アメリカ)

監督:J・リー・トンプソン
出演:シャーリー・マクレーン、ディーン・マーティン、ポール・ニューマン、ロバート・ミッチャム、ジーン・ケリー

お金はいらない、心温かく簡素な暮らしが望みというルイザ(シャーリー・マクレーン)は富豪のレナード(ディーン・マーティン)との結婚を断って、小さな商店を細々営むエドガーと結婚。ところが店は繁盛し、挙句の果てエドガーは亡くなってしまう。大金の遺産を手にしたが心は晴れずこち込んでいた時に貧乏画家ラリー(ポール・ニューマン)と恋に落ちた。やがて傑作を産み出したラリーは有名になったが作品製作中に亡くなってしまい、またまた多額の遺産を得た。
ささやかな幸せが欲しいだけなのに、出会う男が結婚のたびに成功し遺産を手にする羽目になるルイザだった。

---------------------------------------------------------------------



シャーリー・マクレーンが豪華キャスと次々結婚していくという役を演じたコメディです。
往年のスターの、それこそ笑っちゃうシーンが繰り出されていました。
昔の俳優の演技を楽しみたい方には楽しいかもしれませんネ。


コメント   この記事についてブログを書く
« ザ・センチネル/陰謀の星条旗 | トップ | ビハインド・ザ・レッド・ドア »

コメントを投稿